ペラサイト量産でネックなお金の問題を解決する1つの手段

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペラサイトのコストの問題改善

「ニッチなキーワードを選んでサイト作成。」ペラサイト量産で稼ぐ1種の合言葉みたいなところがあります。じゃあ、キーワードプランナーとかグッドキーワードでチョイスしたとして、果たしてそのキーワードで売れるか?

これはもうアップロードしてしばし様子見しなければ、プロでも分かりません。自分でいくら狙い目と思ったところで現実は違ったなんてことは日常茶飯事。理想と現実は違うのです。理想がそのまま現実になる人がいたらもはや神です。アフィリエイトでちまちま稼ぐより、さっさと起業してアップル超えを狙いましょう。

普通はペラサイトなんて収益になりませんよ。だから皆、量産して数打てば当たる作戦にでるわけです。

しかし量産で1番問題なのが、コストの問題。レンタルサーバー代とドメイン代。片手で表現できるサイト数なら無視ですが、両手でも表現できないサイト数にもなってくるとコストも馬鹿になりません。

実はあまり語られないペラサイトの裏側

ペラサイトの裏側

「私ペラサイト量産で月100万以上稼いでいます」

「1ペラで50万円稼ぎました」

こういう方は普通にいます。1ページものの記事を書くだけで稼げる努力入らずのノウハウがあるんじゃね?と思ってしまいますが実はまったく逆です。数百、数千のサイトを作成してようやくたどり着ける境地なんです。

簡単なんてとんでもない。激ムズです。努力なくしては稼げません。努力ってのは単にたくさんのサイトを作ることと同義です。

で、あまり成功者も語らないのがコストの話。たくさんのペラサイトを作成するデメリットです。レンタルサーバー代は、エックスサーバーとかヘテムルを契約しておけば1000サイト構築しても数千円程度で済みます。容量面、転送量面ともに問題はないでしょう。

しかしドメイン代は半端ないです。1000サイトもあれば更新代金は100万円は超えます。仮に売れないサイトのドメインを更新しなくても取得代金はすでに支払っているので、量産するほどに初期投資は多額になっていきます。(30円のドメインでも3万円ですよ。)

何かペラサイトの量産って無料でできるイメージがあるのですが、実は多額の初期投資が必要です。売れたとしても自分の報酬になるには、広告主に承認されてから数か月後です。

つまり支出が先で収入は後。銀行からお金を借りてラーメン屋を開業するのと一緒。うまくいかなければ赤字だけが残るという地獄絵図。もちろん借金してまでペラサイトを量産する人はいないでしょうから、損して終わりみたいな構図になります。

ペラサイトで稼ぐことにノウハウなし

ノウハウなし

ユーザーの悩みを解決するキーワードとその答えの提供。強いライバルサイトを避けるためにニッチなキーワードを選ぶ。こんなのはノウハウでもなんでもなく、生き残るための最低手段。

大手企業には太刀打ちできないから、大手のやっていない需要のあるジャンルで勝負する中小企業。いわゆる隙間産業ってやつです。ペラサイトというのはまさに隙間産業。大手がそのジャンルを開拓し始めたら即詰み。

いかにライバルのいない需要のある分野を開拓できるかが重要であって、そこにノウハウなんて存在しません。

じゃあペラサイトで稼いでいるアフィリエイターは単に運が良かった?偶然ライバルのいない分野を開拓できた?そうではありません。

ノウハウはないのですが、言葉では言い表せない直感といいますか閃き、感覚。こういったものが量産することで自然と養われていきます。キーワードを選定して、同キーワードで検索。表示されたライバルサイトを閲覧した瞬間、「あ、これイケるわ」とふと感じるんです。

実際アップロードしないと結果は分かりませんが、結構売れるんですよ。100%の精度ではないですが、繰り返すことで始めた頃より確実に制度は上がっています。

これ量産してみないと分からないペラサイトあるあるです。なんとも言えないこの「あるある問題」を誰にでも分かるように言語化している人、サイトをわたしは知りません。

ペラサイト量産は無料でできる

ペラサイトを量産して稼ぐ感覚を掴む。教科書通りの基本戦術ですが、作るたびにお金を支払う。支払ったお金を回収できるかどうか不明。これではちょっとリスクが高いです。

こんなビジネスモデルでは破綻の影がチラホラ見え隠れしていますよね。

しかし探せばあるもので、無料でペラサイトを量産できるツールも世の中にはあります。その1例がもしものさいつくです。35サイトまでという制限がありますが、1円もかかりません。

自分独自の売れる感覚を掴むまでの成長ツールとして使うも良し、売り上げになるようならコスト0で永遠放置の不労所得。どちらにせよ利用価値は高いです。