ブログやホームページにアクセス解析を導入する理想の時期

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス解析の理想の導入時期

自分のブログやホームページのアクセスを解析するのに便利なのがGoogle Analyticsですが、いつ導入すればよいのか?

人によって理想の導入時期は異なるでしょうが、今回は私なりの理想の導入時期を理由をつけて説明します。

「Google Analytics」については別記事で説明します。

アクセス解析の必要性

まず初めにアクセス解析の必要性について説明したいと思います。

アクセス解析を導入することによって、どんな人がどういった経緯で自分のサイトにアクセスしてきたかを知ることができます。

主に検索エンジン経由でのアクセスを狙う場合には、このデータは非常に重要で自分のサイトの質を改善するためには必須ともいえます。

よく検索流入のある記事を知り、さらに分かりやすく補足したり画像や動画を追加してユーザビリティーの向上に努めることができます。

逆にほとんどアクセスのない記事を知り、改善あるいは削除することによってサイト全体の質を高めることもできます。

自分のサイトの長所を伸ばし、短所を改善していくためには客観的に見直すことのできるアクセス解析は必要です。

ただ自分のサイトが流行を追ったトレンド系なのか、1つのことにこだわった特化系なのか。

これによってアクセス解析の導入時期は変わってくると個人的に思っています。

トレンド系の場合

自分のサイトがそのときに流行している旬なキーワードを題材に記事を書いている場合、

いわゆるトレンドブログ、ホームページは即導入したほうがいいです。

ドメイン取得後すぐにでも導入すべきです。

なぜなら、すぐにアクセスがある可能性があるためです。

旬なキーワードや関連するキーワードは一時的ではありますが、ものすごく検索ユーザーの知りたいというニーズが高いです。

例えドメインを取得したばかりの弱小ブログやホームページであっても検索上位に表示されればすぐにアクセスがあるという事実は否定できません。

すぐにでもアクセス解析を導入しておくことで反応のあった記事をいち早く知ることができ、

検索ユーザーのニーズを捉えることができます。

そうすることでちょっとキーワードを変えて似たようなキーワードで攻めていくことが可能になり、またそこからアクセスが生まれることも十分にありえます。

検索上位に表示されるためにキーワードをずらすという考え方が必須ではありますが・・・

ずらしキーワードでアクセスアップを狙うための考え方
ブログを始めて間もないころは、ブログのドメインも弱くなかなかアクセスが集まらないものです。 しかし主にトレンドブログでは、ずら...

なんにせよ1記事投稿段階ですぐにアクセスがある可能性が否定できない以上即導入すべきです。

特化系の場合

自分のサイトが1つのことに特化している場合、アクセス解析は後回しでいいです。

特化型の目的は単にアクセスを集めるだけでなく、その質も重要です。

つまりいかに狙ったターゲットを集めるかが最も重要で、検索ボリュームの少ないキーワードでも記事にしていかなければなりません。

普通は1記事、2記事書いた程度ではなかなかアクセスが集まらないのです。

アクセスが集まらなければ、アクセス解析を導入する意味もありませんね。

それよりも重視すべきはいつサイトにアクセスがあってもいいように、とことん記事を充実させて1つのことを突き詰めていくことです。

では理想の導入時期は?

これはもう登録しているASPで成果があったときでいいと思います。

稀に1PVで即成果となる場合もあるようですが、基本的に成果があるということはそれなりにアクセスがあるという証拠ですので、それから導入しても遅いということはありません。

逆に早い段階から導入して、今日もアクセス0、あるいは1桁なんてことが続くとモチベーションが下がります。

いいことなんか1つもありません。

まとめ

まとめると、自分のサイトがトレンド型か特化型かでアクセス解析の理想の導入時期は異なります。

  • トレンド型・・・即日導入
  • 特化型・・・収益をだしてから

アフィリエイト関係なしに趣味でやっているサイトは自分の好きなタイミングでということになります。