アクセストレード特徴|ランク制度で報酬アップ

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトのアクセストレード

アクセストレードはサイト登録数40万以上、

扱っている広告数6000以上の

株式会社インタースペースが運営する大手ASPの1つです。

アフィリエイト上級者の間ではアクトレとか呼ばれていたりします。

新規無料会員登録するためにはサイトを所持していることが条件になりますが、

サイトの審査自体は緩いほうだと思います。無料ブログサービスで作ったブログでも、

10記事程度あれば問題なく登録できるはずです。

今回はそんなアクセストレードの特徴や報酬について説明していきたいと思います。

アクセストレードの特徴

①自己アフィリエイトが可能

自己アフィリエイトとは、自分が配置した広告を自分でクリックし、

商品やサービスを購入することで自分に報酬が入る仕組みです。

そして自己アフィリエイトを行うためにアクセストレードの場合はアフィバックモールという専用のページが用意されています。

アフィバックモール最大の特徴が、広告を掲載するための企業との提携が不要ということです。

つまり自分のサイトに広告を配置する必要もありません。

自己アフィリエイトというよりも、ネットショッピングをしたら購入代金の一部がキャッシュバックされるといった方が近いかもしれません。

普段ネットで日用品などを買うという方は、アフィバックモール経由で買うほうがお得になることもありますので1度どんな商品があるのか見てみるのもいいかもしれません。

商品の購入だけでなくサービスの申し込みでも報酬が発生しますので、それなりに稼ぐことも可能です。

②アクセストレードWebサービス

どんなサービスか想像がつきにくいかと思いますが、

アクセストレードWebサービスは商品の画像を広告として使える機能です。

自分のサイトに広告を配置しようと思ったら、提携した企業があらかじめ用意した広告から掲載したい広告を選ぶのが一般的です。

しかしこのサービスを使うと、提携している企業が扱っている商品画像をアフィリエイトリンクとして利用できます。

要するに商品の画像を広告として自分のサイトに配置できます。

通常どこのASPでもアフィリエイトリンクの改変は禁止されていますので、

用意されている広告をそのまま貼り付けることしかできませんが、

アクセストレードWebサービスを使えば他人とは違った広告を貼ることも可能ですね。

③詳しくないジャンルへの参入時に有利

アクセストレードチャンネルというコンテンツがあり、いろいろなジャンルで集客の仕方からサイトの構成の仕方が動画で学べます。

ただのテキストや画像の組み合わせでなく動画というのがミソで、より理解が深まります。

新規でサイトを立ち上げようと思ったときや、すでに作ったサイトと同じジャンルの動画がある場合には1度視聴しておくのがいいです。

成果報酬の支払い

基本的に銀行振込です。

あらかじめ銀行口座を登録しておく必要があります。

月の確定報酬額が1000円を超えたときに翌々月の15日に振り込みされます。

例えば6月30日時点で確定報酬額が5万円あれば、8月15日に5万円が振り込まれます。

アクセストレードの良い点として、このときの振り込み手数料を会社側で負担してくれることが挙げられます。

わざわざ振り込み手数料が安い銀行口座を作る手間もなく、いつも使っている銀行口座を登録すればOKです。

ステージ制度

3か月の報酬額の合計金額によって、自分のランクが決まるゲームのような要素があります。

ビギナー→アマチュア→セミプロ→プロ→マスター→トップマスター→レジェンドと7段階があり、上に行けば行くほどいろいろな特典があります。

昇格の基準も明確です。

  • ビギナー→アマチュア・・・3000円以上
  • アマチュア→セミプロ・・・50000円以上
  • セミプロ→プロ・・・150000万円以上
  • プロ→マスター・・・500000円以上
  • マスター→トップマスター・・・1000000円以上

こういったゲームみたいな制度私は大好きですが、なかなか現実は厳しいです(泣)

※アクセストレード無料登録方法

※アクセストレード広告リンクの選び方や使い方

※アクセストレードのアフィバックモール稼ぎ方