アフィリエイトブログで1年で190記事入れて分かったサイト運営術

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト運営術

早いもので当ブログのドメインを取得してから約1年が経過しました。

名目上アフィリエイトブログですが、ほぼ趣味でやっている誰得ブログです。この1年で190記事ぶち込みました。

誰に向けて書いているのかは常に意識してしますが、そのターゲットが悩んでいることや疑問に思っていることを具体的にキーワードとして抽出する作業は一切やっていません。記事の内容は結構真面目に書いているのですけど、タイトルは適当。そんなブログです。

普通に考えたら「時間の無駄じゃね?」って思いますよね。確かに収入だけ考えたら、1年で収益7000円くらいですから、ドメイン代とサーバー代含めたら赤字です。大体1記事30分かけて書いてますので、使った時間は95時間。時給にしたら73円強。コンビニでバイトしたほうがマシなレベルです。

でもメリットもあるので、今回はその辺を中心に書いていきたいと思います。

趣味のブログを運営するメリット

ガチでやっているブログだったら、記事数を入れるほどにアクセス数って増えていくじゃないですか。不思議なことにキーワード選定を一切やっていないブログでも同じことが言えます。

最初はアクセス0。100記事入れたら大体1日に50セッション。190記事で1日平均100セッション。これが当ブログの現状。全部検索流入です。

わたしでもできたのですから誰でもできます。記事を増やすということはブログへの入り口を増やすということ。アクセスが増えないはずがありません。(真面目に運営していればもっと少ない記事数でもっと多くのアクセスが見込めます)需要のなさそうなジャンルで趣味で運営しても人は集まるということが今回よく分かりました。

ただ何の目的もなく人を集めてどうやって収益化するの?って思いますよね。

人を集めるって実はすごいことなんですよ。いくらでも収益化の道はあります。

人が集まるってことは、需要のあるサイトとしてグーグルからも認識され、検索結果に上位で登場することもあります。自分ではまったく意識していないキーワードでもヒットし、ユーザーがやってくる。まったく意図していないユーザーがくる可能性もあるわけですから、そのブログでは狙い通り売れるはずもありませんが。

しかし売る気満々のガチサイトへ誘導することはできます。いろいろな目的をもってブログへ訪問してきたユーザーをふるいにかけることができます。興味のある人はクリック、興味のない人は直帰。みたいな感じで。

つまり何が言いたいのかというと、趣味のサイトはリンク送り要員として使えるわけです。

クソみたいな記事を並べても、人は集まっているのですからグーグルからの評価もそこそこ。そんなブログから送るリンクの効果は、適当に作った無料ブログから送るリンクの比ではありません。

まとめ

今回ストップウォッチを使って、記事の最速アップを目指して書きました。この記事は16分22秒で書いた記事なので中身も結構いいかげんです。いずれこっそり手直しするのでまた見てください。では!

ちなみに過去最速アップ記事は約15分で書いたこちら
フリマアプリ初心者でもメルカリでお得な買い物ができました

「えッ!全然まとめじゃなくね?」と思ったそこのあなた!これが趣味のブログの利点。何が言いたかったのかは、閲覧者様自身でまとめてください作戦です。ではでは!