さいつくの攻略始めました

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト作成のさいつく

当ブログでは何度かさいつくネタで記事を書いてきました。さいつくってただのサイト作成ツールと思われがちですがかなり奥が深い。真面目に攻略しようと思ったら100記事は必要です。
当ブログに100記事ぶち込んでも良かったのですが、さすがに特化しすぎ。所詮趣味のブログですから、もう少しゆる~く広く浅くをコンセプトにやっていきたいという思いで別サイトで運営することにしました。(アドセンスも使えるし)

>>さいつくのレビューはこちら

さいつく攻略はさいつくで作ったサイトでないと

ワードプレスやSIRIUSで作っても良かったのですが、どうにも説得力に欠ける。

「さいつくいいっすわ~」と言っておきながら、ワードプレスで作っていたら「おまえワードプレス使ってるやん」とツッコまれそうですし。

何より無料で作れるのがいい感じです。

さいつくの使い方やカスタマイズ方法を攻略「さいつくの使い方やカスタマイズ方法を攻略」していきます。

まだまだただのハリボテですが、基本的な使い方から、ちょっとした装飾方法、外部ツールとの連携をメインに書いていきたい思います。

⇒さいつくの使い方、カスタマイズ方法を攻略

カスタマイズできないと言われるけど

さいつくはCSSを自由に変更できないからカスタマイズ性がない。よく言われますよね。

確かに用意されているCSSを書き換えたり、一部を削除したりすることはできません。CSSにアプローチできないからです。ソースを眺めることしかできません。

じゃあCSSを「自分で書いて、ヘッドから読み込ませりゃいいじゃん」ってのが今思っていることです。この辺はまだ試していないので、今後ちまちま記事を追加していきたいと思います。

SEOに弱いって言われるけど

さいつくは独自ドメインじゃないからダメ。ドメインを理由にSEOに弱いと言われている側面があります。

もしものサーバーにアップロードした場合は、もしものドメインのサブディレクトリ扱い。

忍者のサーバーにアップロードした場合は、忍者ドメインのサブドメイン扱い。

独自ドメインでも検索上位に表示されないサイトはたくさんありますし、サブディレクトリやサブドメインでも上位に表示されるページはたくさんあります。もしもの公式サイトで、さいつくで作ったサイトの新着情報やら更新情報が見れますが、本気でサイト作っている人って少ない気がします。

SEOに弱いから検索上位に表示されない。うっそくせ~って思いました。

結局、コンテンツと被リンク次第なんじゃないの?ってのがわたしの見解。

ちなみに忍者サーバーを選んだ場合は、独自ドメインへの移行ができる?と思います。まだ試してないので今後記事を追加していきたいと思います。

さいつくは情報発信の土台としては最適

なんといっても無料ですからね。多少の不満は目をつぶらないと。といってもわたしの場合特に不満はないです。

なかなかインデックスされない?そんなときはフィッチですよフィッチ。

「何言ってんの?こいつ?」って思ったあなた。とりあえずご覧ください。
さいつくでアップロードした記事を素早くインデックスさせる方法

さいつくが情報発信に向いている理由