運送業に適した副業|稼ぐ仕組み作り

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%84%e3%82%8b%e3%81%a0%e3%81%91

アフィリエイトはビジネスです!お客さんがいて初めて成立するものです。

これは事実ですが、あまり仕事仕事と考えていると長続きしません。

続けていれば必ず稼げる世界ですが、多くの人は稼げていません。

あまり気負わずトラック野郎はゲームのレベル上げ程度に考えておきましょう。

運送業に明日はない

会社からの脱却
1億総活躍社会を目指す昨今。

なんか待っていればそのうち景気も良くなって、賃金も上がるだろうと錯覚してしまいがちですが、実際どうなのでしょうか・・・

私は運送会社に勤務していますが、給料なんて毎月ほとんど変わりありません。

仮に定年まで勤めても、昇給がありませんので生涯賃金はほぼ変わることはないでしょう。

毎月の手取りが30万円としましょう。そこから家賃や光熱費、食費といった生活に必要な経費を差し引いたら、せいぜい自由なお金は15万円といったところでしょうか。

年間で180万円の自由資金。現在30歳で60歳が定年だとすれば生涯で5400万円が自由に使える金額ということになります。

自分1人で生きていくなら、なんとかなりそうですが、子供が2人以上いたらもうアウトです。

1人の子供の出生から大学卒業までにかかる費用は最低でも3000万円以上です。

(出典*子供応援便り)

つまり子供が2人以上いて、大学卒業まで面倒を見るなら6000万円以上が必要になります。

もうこれ人生詰んでますよね。

多くの運転手は夫婦共働きか、節約するかの2択から選択することになるかと思います。

運送会社からの評価

一般的に会社員がより稼ごうと思ったら、会社から必要とされることです。

  • この人に任せておけば大丈夫!
  • この仕事はこの人にしかできないから会社をやめられては困る。

こういったことですね。

他の誰にも真似できない自分だけの特殊な技能があれば、その仕事1本で食べていくことも十分可能です。

しかし運送会社では、こういった自分にしかできない特殊な技能を発揮することは難しいのではないでしょうか。

運転手は安全に荷物を届けるのが仕事です。

誰も通らないような特殊な道を知っていようが、常に制限速度を守って安全運転していようが、無事に荷物が届けられれば誰が運転しても結果は一緒です。

ほとんどの運送会社では、免許取りたての18歳のドライバーも、勤続10年以上のドライバーも給料は変わらないはずです。

試用期間こそあるものの、1か月程度で1人前のドライバー扱いで、ベテランドライバーと同程度の給料は貰っているはずです。

つまり、入社1か月だろうが入社10年だろうが、会社からの評価は変わらないのです。

自分で稼ぐ力が必要

自分で稼ぐ力

運送業でどれだけ経験を積んでも、人より何倍も荷物を運ぶことは不可能です。

何十年運送業に従事しても東京から大阪まで1分で到着できるトラック運転手なんていません。どれだけ道を知っていようが、どれだけとばそうが物理的に不可能です。

運送業は荷物を運んでなんぼ。

しかし交通量や事故などの外的要因がある以上、他のドライバーと自分を差別化することは不可能です。

結果運送会社からすれば、道さえ知っていれば誰でも一緒。

Aさんには月30万円、Bさんには月60万円みたいな能力による給料の違いはありえません。

トラック運転手がより高収入を得るのであれば、運送会社だけに頼った生き方では限界があります。

私も荷物の集荷先や配送先でいろいろな運送会社のドライバーと話す機会がありますが、ほとんどの人が拘束時間が長いため、仕事が終わったら家に帰って寝る。こういったパターンの人です。

たまに副業で別の運送会社で走っているという人もいますが、体を酷使しすぎだと言わざるを得ません。

稼ぐ仕組みの確立

現在では1億総ネット社会といっていいほど、誰でもネットから情報を発信したり、閲覧したりできる時代になってきました。

体を酷使せずとも、寝ている間に副業で稼ぐというスタイルが誰でも確立できます。

もちろんそれ相応の努力は必要ですが、1度稼ぐ仕組みを作ってしまえば、半永久的に不労所得が得られるイメージでOKです。自分が寝ている間も、遊んでいる間もこの仕組みが稼いでくれます。
パソコン1台あれば稼げる。その方法と手順

年を取るほど体は衰えていきます。

若いときに軽々と持てた荷物が重く感じることもあるでしょう。

運送業界では長く続けていれば身につく特殊なスキルはありません。

会社からの評価は勤続年数が長かろうが短かかろうが一緒です。

むしろ体力があるぶん若い方が重宝されるかもしれません。

実りある老後をむかえるために運転手は早い段階から稼ぐ仕組みを作っていくのがいいのではないでしょうか。

当サイトではアフィリエイトを利用した稼ぐ仕組み作りについて紹介しています。
アフィリエイトとは?

当サイトについて

当サイトはトラックドライバーを閲覧者と想定して書いています。

記事は基本的なことから、応用、ドライバーあるあるまで、アフィリエイトを知らないトラックドライバーや1度挫折してしまった人を対象にしています。

    • 拘束時間が長くて、家に帰ったらお酒を飲んで寝る。

    • 収入アップのために副業したい。

    • 毎日同じことの繰り返しに刺激が欲しい。

こういう悩みがある方に、休憩時間や仮眠時間の少しの合間に閲覧していただければ幸いです。

トラック野郎とは言ってますが、女性ドライバーもぜひ!

運転手をしながら月収100万円突破する方法
いやいやトラックだけで稼ぐぜという方のための理想の会社の選び方