ブログやサイトにプロフィールって必要?あった方がいい場合、なくてもいい場合のまとめ

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィールの必要なサイト、いらないサイト

最近個人で運営するブログやサイトでプロフィールを掲載しているのをよく見かけます。「このブログを書いている人はこんな人ですよ」とか「サイト管理人のスペック紹介」といった具合に。

プロフィールを掲載している人がそうでない人よりも圧倒的に多いように感じます。(特に個人ブログはかなりの頻度で掲載している印象を受けます。)

別に「ウェブサイトを運営する者はプロフィールを掲載しなければならない」という法律があるわけでもありません。にもかかわらず多くの人はプロフィールを掲載しています。なぜか?

自分のブログやサイトにプロフィールを掲載しようかどうか迷っている人は参考にしてみてください。

プロフィールを掲載するメリット

多くの人がプロフィールを掲載するのはメリットがあるからです。ではどんなメリットがあるのか。

これはもう自分という存在を認知してもらえるというただ1点に尽きると思います。企業のブログやサイトを見ればよく分かるかと思います。

企業のブログやサイト

企業の運営するサイトやブログはほぼ例外なく会社情報が記載されています。

狙いは、自社について知らない人に、商品やサービスを知ってもらうこと。あるいは既存の顧客により知ってもらうこと。

客に知ってもらう、認知されるほど会社にとっては有利なわけです。

例えば、財布が欲しいと思った場合。

A社の財布とB社の財布。金額や材質、性能が同程度なら多くの人は会社名で選ぶでしょう。自分にとって無名の聞いたことがない会社の財布より、聞いたことのある会社の財布を選ぶはずです。

中には、「無名の1000円の財布よりもヴィトンやグッチのような高くても有名どころの財布を買うぜ」って人もいるはずです。

多くの人に認知されることはそれだけ会社の利益につながると言っても過言ではないです。(有名すぎるがゆえに、不祥事を起こしたときに大々的にニュースに取り上げられ大赤字というリスクもありますがそれはまた別の話)

個人のブログやサイト

個人のブログやサイトでも全く同じことが言えます。有名になるほど記事の内容にもカリスマ性がでて閲覧者に与える影響力も高まります。

すでに有名なブロガーが新規で起ち上げたブログと、無名のブロガーが書いたブログ。仮に記事の内容が同じでも影響力があるのは、有名ブロガーが書いた記事です。

個人で運営するブログやサイトにプロフィールを掲載している人が多いのは、認知度を上げる目的があるから。有名人のメリットを享受するためといってもいいです。

別の側面もあり?

無料のブログサービスでは、ほぼ例外なくプロフィールを書いて運営する仕様です。無料ブログサービスから情報発信を始めた人にとっては、プロフィールを書くのが当たり前なのかもしれません。

プロフィールを書いた方がいい場合、なくてもいい場合

ぶっちゃけプロフィールを書こうが書くまいが、個人の自由です。ただ私個人は、ブログやサイトの内容で書くか書かないかを選ぶのが好ましいと思います。

もっと言うと100%の再現性があるかないかで決めます。再現性がないならプロフィールは書く。再現性があるならプロフィールは書かない。

プロフィールを書くべきブログやサイト

記事に100%の再現性がない場合はプロフィールは書いたほうがいいと思います。

例えば釣りのブログを運営している場合を考えてみます。

今日はアマゾン川でピラニアを釣ってきました。と書いたとしましょう。(ちょっと非現実的なのは無視してください)

場所や仕掛け、釣るための方法、釣った様子が詳細に書かれていたとしても、別の人が同様に釣りに行って釣れる保証はどこにもありません。

この釣りのブログは100%の再現性がないと言えます。

ではなぜ100%の再現性がないブログやサイトにプロフィールを掲載したほうがいいのか?

答えは簡単で記事情報の信頼度を上げるためです。

管理人のプロフィールを記載しておくことで、どういった人物が書いた記事なのかが分かります。人間とは不思議なもので自分と似たような境遇の者が書いた記事には途端に共感します。

「もっと別の記事を見てみよう」と思って回遊率が上がるかもしれません。

逆にプロフィールを掲載することのデメリットは思い浮かびません。狙ったターゲットに、より信頼度の高い記事を提供するという意味ではプロフィールは必須かと思います。

プロフィールのいらないブログやサイト

記事の内容に100%の再現性がある場合はプロフィールは必要ないかと思います。

例えばゲームの攻略サイトを思い浮かべてください。

町で情報を集めて、ダンジョンに潜ってボスを撃破してクリアみたいなRPGを例にしましょう。

これは書かれている内容通りに進めれば誰でも同じ結果が得られますよね。誰でも同じ結果になるという100%の再現性があります。

ではどうしてこういったサイトやブログにプロフィールが必要ないのか?

これも答えは簡単、記事に対する信頼度が必要ないからです。

言い方は悪いですが、100%の再現性があるということは、「こうすればこうなる」「酒を飲めば酔っぱらう」みたいな当たり前のことを書いているに過ぎません。誰が書いても同じなわけです。

その道のプロが書いた記事も、その道の初心者が書いた記事も得られる情報は同じです。結果が得られれば閲覧者は満足して離脱していくわけですから、いちいちプロフィールなんぞ見ません。

まとめ

100%の再現性の有無で、ブログやサイトにプロフィールを掲載するかどうかを判断するのがいいかと思います。(私はそうしています)

とはいえほとんどのブログやサイトは100%の再現性はないです。だからこそ、ライターの主観や考えが色濃く反映され、オリジナルコンテンツを搭載したウェブサイトになるのでしょう。