【スマホ対応】ビットフライヤーの登録から取引までの流れ完全ガイド

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットフライヤー

国内最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer。

ビットコイン以外にも、

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • モナーコイン

といった2018年も成長の見込める有名どころの仮想通貨を取り扱っているのが特徴です。

しかし実際に登録しようとすると戸惑う部分もあるかと思います。

今回はビットフライヤーの登録から取引までの流れを解説したいと思います。

口座開設から取引までの流れ

全体的な流れのイメージとしまして、

  1. アカウントの作成
  2. 個人情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 自宅に送られてくる書留郵便の受け取り
  5. アカウント口座への入金

という5つのステップで、仮想通貨の取引を始めることができるようになります。

今回は1~4までを以下で詳しく解説していきます。
アカウント口座への入金方法はこちらをご覧ください

1.アカウントの作成

ビットフライヤー

PC版ではビットフライヤー公式サイトを表示するとすぐにアカウント作成の画面が表示されます。

または画面右上の無料アカウント作成でもできます。

スマホの場合は、公式サイトをやや下へスクロールすると発見できるかと思います。

アカウント作成

「メールアドレス」「FaceBookアカウント」「Yahoo!ID」「Googleアカウント」のどれでもビットフライヤーアカウントを作成できます。

わたしはメールアドレスで作成したので、以下メールアドレスでのアカウント開設方法になります。

ビットフライヤー

上記のようにキーワードと初回パスワードが記載された確認メールが入力したメールアドレス宛に送られてきます。

スマホのアドレスを入力した場合も同じメールが届きます。

記載されているリンクをクリックし、キーワードの入力画面へと進みます。

キーワード入力

リンクをクリックするとキーワードの入力画面になります。

メールに記載されているキーワードを入力し、アカウント作成をクリックします。

bitFlyerを始める

上記の確認事項4つにチェックを入れ、bitFlyerをはじめるをクリックすることでアカウントの開設は完了します。

以降はメールアドレスとパスワードでビットフライヤーの管理画面にログインすることができます。

ここまで約2分でアカウントの開設が可能です。

ウォレットクラスとトレードクラスの違い

ビットフライヤーのアカウントにはウォレットクラストレードクラスの2つがあります。

メールアドレスでアカウントを作成した段階ではウォレットクラスになっています。

2つの違いは以下です。

ウォレットクラスとトレードクラス

ウォレットクラスでは、仮想通貨の購入や売却ができません。送金や受け取りはできます。

主な使用用途としては、日本円の入金を受け付けていない海外取引所への入金や、リアル店舗での決済手段が考えられますが、1週間で10万円分までと制限がかかります。

いずれにせよ、他の取引所への登録が必須になりますので、bitFlyerが初めての取引所登録であればウォレットクラスでは何もできません。

トレードクラスにグレードアップすることで、購入や売却、10万円までの制限が撤廃されビットフライヤーの全機能を使えるようになります。

トレードクラスへのグレードアップはもちろん無料でできます。

以下をご覧ください。

2.個人情報の入力

「bitFlyerをはじめる」をクリックすると以下の画面になります。

本人確認

「本人情報の登録に進む」で個人情報を入力していくことになります。
入力せずに管理画面へ進むこともできます。
その場合は次回のログイン時に再び同じ画面が表示されます。

登録情報の確認

順番に入力していき、「登録情報を確認する」をクリックで確認画面へ。
登録情報に誤りがなければ「ご本人情報を登録する」をクリックで完了です。

3.本人確認書類の提出

本人確認書類には、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどが利用できます。

他にどんな本人確認書類が利用できるかは、公式サイトをご覧ください。

本人確認書類アップロード

提出する本人確認書類を決めたら、スマホやデジカメ等で撮影し、USBケーブルでPCとつなぎファイルを保存。

「画像ファイルを選択する」から保存したファイルを選ぶとアップロードしたファイルが表示されますので、問題がなければ「ご本人確認資料を提出する」をクリックで完了。

もしUSBケーブルがない場合は、撮影した写真をgmailなどに添付しPCへ送信。メールに添付された画像をPCへと保存すればOKです。

スマホで登録を進めている場合は、撮影したファイルを選択するだけでOKです。

取引目的等の確認

職業や取引の目的を入力する画面です。

誤りがなければ「入力をする」で完了です。

ここまでをやればあとは、ビットフライヤーから送られてくる書留郵便を受け取るだけです。

4.書留郵便の受け取り

書留郵便といっても普通にハガキが1枚届くだけです。

特にハガキに書いてあることを入力するわけでもなく、受け取るだけです。

おおよそ本人確認書類の提出から3~4営業日で自宅に届くかと思います。

改正資金決済法の絡みで、表面上はハガキを受け取ってからが取引スタートですが、「取引目的等の確認」まで入力し、ビットフライヤーに承認されればハガキ受け取り前でもトレードクラスになります。(入金まではできますが、売買はできません)

ハガキ受け取り後

ハガキ受け取り後、取引時確認が「完了」、転送不要書類郵便のお受取が「受取済」になれば売買ができるようになります。

ハガキが届く前に最低限やっておきたいこと

2段階認証

ログインすると、最初に2段階認証を勧める画面が表示されます。

2段階認証

セキュリティを強化する意味で2段階認証は必須ですが、トレードクラスに登録するための必須要件ではありません。

そのため後回しにされがちですが、3、4営業日の余裕がある時期にやっておいたほうがいいです。

銀行口座の登録

仮想通貨を取引するための資金をアカウント口座に日本円で入金する場合や、アカウント口座から銀行へ日本円で出金する。

こういった場合は銀行口座の登録が必要です。

ビットフライヤートップページのアカウント情報の「銀行口座情報確認」から設定することができます。