ビットコイン消失!マウントゴックス事件の二の舞になることはないの?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウントゴックス

「ビットコインは危険」と考える人が多いのは、マウントゴックス事件が大きく影響しているかと思います。

連日メディアでも取り上げられ、当時ビットコインを運用していなかった人は「仮想通貨に手を出すと痛い目に合う」という結論に至ったのではないでしょうか。

しかし実際はビットコインに問題があったわけではなく、その取引所であるマウントゴックスに問題があったのです。

どのような問題があったのか。そしてマウントゴックス事件のように突然ビットコインが消えることはないのか。

個人的な意見を述べてみたいと思います。

マウントゴックス事件とは

「2014年の話なんで忘れちまったぜ。」という方のためにマウントゴックス事件を振り返ってみましょう。

2014年の2月に当時世界最大の仮想通貨取引所だったマウントゴックスで管理していたビットコインが消失しました。

最終的に消失した枚数は、顧客からの預かり分の約75万BTCと自社保有分の約10万BTC。

合わせて約85万BTC(当時のレート換算で4億ドル相当)といわれています。

当初はサイバー攻撃が原因とされていましたが、その後の警視庁の調べで、当時MTGOXの経営トップだったマルク・カルプレス社長が逮捕、起訴されます。

「なんだ社長の横領か」という方向で世間では認識され、メディアでは取り上げられなくなり、MTGOX自体も経営破綻となりました。

結局、マルク・カルプレス氏は容疑を否認していて真相は分からず、ビットコインが消失したという事実だけが残りました。

管理体制に問題があった

さてそんなマウントゴックス事件ですが、横領なのかハッキングなのか明らかにはなっていません。

ただ間違いないのは、ビットコインのブロックチェーン技術に問題があったわけではないということです。
ブロックチェーンについてはこちらをご覧ください。)

消失したのはマウントゴックスで扱っていたビットコインであり、違う取引所で管理されていたビットコインには影響はありませんでした。

問題があったのはマウントゴックスの以下の2つの管理体制にありました。

  1. オンライン上でのビットコインの保管。
  2. 会社の資産と顧客資産を分けていなかった。

オンライン上で管理しているのがまずかった

マウントゴックスでは、顧客のビットコインの大半をオンライン上で管理していたようです。

これは極端な例ですが、銀行の入り口に金庫が設置されており、「腕に自信のある方は開錠にチャレンジしてください」といっているような状態です。

現にビットコイン消失事件以前にもハッキングされたことがありました。

ここはやはりオフラインで大半を管理しておくべきだったのです。

実は社長の使いこみが原因説

ビットコイン消失事件の真相で最も有力視されているのが以下の説です。

マウントゴックス自体は2011年頃からビットコインを扱っていました。

当時のレートで言えば、1BTCは数ドルという安いものでした。

そのころから、マルク・カルプレス氏が顧客のビットコインを抜いて換金し散財してきた。

もともとのレートも安いし、すぐに返せば問題ないだろう的な考えだったのかもしれません。

ところが2014年に入って、1BTCが1000ドル超に上がってしまい、補填は不可能になります。

「よし盗まれたことにしよう」

というのが有力な説です。

ここで問題になるのが、社長が顧客資産に簡単にアプローチできてしまうという点です。マウントゴックスでは会社の資産と顧客の資産を分けていませんでした。

現在の取引所は安心か?

現在、国内には多くの取引所が存在しますが、マウントゴックス事件の二の舞になることはないのでしょうか。

オフライン管理が主流

現在の国内取引所では、オンライン上で保管されているビットコインはほんの一部です。

ほとんどはオフライン上で保管されており、万が一取引所がハッキングされても経営破綻するほどのダメージにはならないでしょう。

どこぞの取引所がハッキングされたというニュースも見ません。

また、オフラインからオンライン上に仮想通貨を戻すときも、セキュリティの高い専用のコンピュータで行うようです。

資金決済法の改正で分別管理が義務付けられた

資金決済法の改正により、仮想通貨を扱う業者は、自身の資産と顧客の資産を分別管理することが義務付けられています。

また監査法人などの第三者によるチェックも義務付けられているので、不正な会計処理はできない仕組みになりました。

まとめ

単純にマウントゴックス事件とは、ビットコインのブロックチェーンに問題があったわけでなく、内部の管理体制に問題があったわけですね。

当時と違って、法整備もされ、取引所利用者保護の体制も整ってきました。

安心して取引できる環境になってきたかと思います。

よくいわれる「ビットコインが盗まれた」系の問題は、ビットコインや取引所の問題ではなく、個人の管理体制に問題があるとされています。