ビットコインのブロックチェーンとは?仕組みは?安全なの?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン

ビットコインが普及した背景にブロックチェーンの存在があります。

ビットコインに関しては「これから伸びる」と言う人もいれば「もう終わった」と言う人もいます。

しかし、ブロックチェーンに関してはどちらの人も「これからの時代はブロックチェーンだ」と間違いなく言うでしょう。

ではブロックチェーンとは一体何なのか。

どういった仕組みなのか、安全性についても触れていきたいと思います。

ブロックチェーンを分かりやすく言うと・・・

ビットコインのブロックチェーンを一言でいってしまえばルーズリーフです。

取引の内容を10分毎に紙にまとめ、それを1つのルーズリーフに挟んでいく。

1つのルーズリーフに全ての取引内容が記録されている。

イメージとしてはそんな感じです。

ルーズリーフ

実際には、手で触れることのできない電子データとして記録されます。

紙に当たる部分をブロック、ルーズリーフに当たる部分はチェーンと表現されます。

ブロックチェーン

取引データの入ったブロックが1本のチェーンで繋がれたイメージ。

これがブロックチェーンとは何かの答えになります。

1本のチェーンで繋がれているから時系列でデータを管理できます。

ブロックチェーンはビットコイン誕生と同時に生まれた技術で、後にさまざまな仮想通貨で改良されたブロックチェーン技術が用いられていきます。

すごく画期的な技術だったから、他の仮想通貨でも真似されてきたわけですが、一体どこが凄いのか?

ブロックチェーンの仕組みをご覧ください。

ブロックチェーンの仕組み

AさんがBさんへ送金するときのことを考えてみます。

一般的なのが銀行振込ですよね。

この場合、必ず取引は銀行を介することになります。

言ってしまえば、AさんとBさんのやりとりを銀行が仲介しているわけです。

当然コストがかかります。

世界中の至る所でこういった送金は日々行われていますので、間に仲介する人が入ると莫大なコストになってしまいます。

ところがビットコインのブロックチェーンの場合は、間に仲介する人が入りません。

AさんとBさんはネットワーク上で繋がり直接やり取りします。

圧倒的なコスト削減が可能になるわけです。

安全性や信頼性は?

例えば銀行振込の場合、AさんとBさんの取引記録は銀行側でしっかり管理されています。

「受け取ってないんだけど」

「約束の金額より少ないんだけど」

こういったことは通用しません。

仲介する人がいる分、安心して取引ができるという側面があります。

ではビットコインのブロックチェーンの場合はどうか?

前述したとおり、仲介する人がいないので安全な取引ができないのではないかと思いますよね。

しかしビットコインの取引はオープンになっていて誰でも内容を把握することができるようになっています。

P2Pと呼ばれるネットワークを採用しているのですね。

P2Pネットワークでの分散処理

P2P

P2Pネットワークのイメージはこんな感じです。(ピンクの〇がパソコンやスマホだと思ってください)

図のようにビットコイン売買参加者のそれぞれのデバイスがネットワーク上で接続され情報が共有され、取引データが保存されます。

ルールを決めるような仲介人(管理者)は存在しません。

仮にAさんとBさんが取引した場合、管理者こそいませんが、その内容は誰でも確認することができ、繋がっているすべてのデバイスで保存されているため不正はできません。

ブロックチェーンが分散型台帳と呼ばれる所以でもあります。

ただ、誰でも確認出来たらプライバシーも何もあったものではないですよね。

名前も住所も全部第三者に筒抜けで、誰も利用しません。

でも大丈夫です。

公開されるのは、「取引時刻」と「いくら送ったか」と「誰から誰に送ったか」の3点です。

「誰から誰に送ったか」の部分はビットコインアドレスという単なる英数字が公開されるだけですので個人がわれることはありません。

チェーンで繋がれている意味とマイニング

ここまでをまとめると、ビットコインのブロックチェーンは誰でも閲覧できる取引履歴の集まりで、みんなで共有しているからこそ改ざんができません。

AさんがBさんに1BTC送金したとします。

この事実は、みんなに共有され、各デバイスで保存されます。

誰もこの事実を曲げることはできません。

しかし、仮にビットコインを持っていないAさんが、Bさんに1BTC送金したという架空の取引を行ったらどうなるか。

これまでの話の流れでは、第三者がその情報を共有し、各デバイスで保存することしかできず、実際にその取引があったことになってしまいます。

ここでブロックチェーンの本領が発揮されます。

ブロックは取引履歴の集まりです。

これが1本のチェーンで繋がっているということは、ビットコイン誕生から現在までの全ての取引が繋がっていることになります。

つまり過去の履歴と照らし合わせれば、その取引が正しいのか嘘なのかが分かってしまうのです。

ただ管理者がいませんので、この照らし合わせる作業は取引履歴を共有している誰かがやらなければなりません。

では誰がやるのか?

これはマイニングでも書いていますが、マイナーと呼ばれる人たちが行います。
マイニングとは?仕組みや報酬の決まり方

要するに単に取引履歴の共有や保存だけでなく、整合性を確認する人たちが別にいるわけです。

そして過去の所有履歴が、チェーンをたどることで一目瞭然となります。

ブロックチェーンができる一連の流れ

新しい取引があった場合、即ブロックとなりチェーンに繋がるわけではありません。

マイナーによって正しい取引であると承認された場合のみ、新規のブロックがこれまでのブロックチェーンの最後尾に追加されます。

新規ブロックの追加は約10分に1度行われますが、取引のあった順番ではなく手数料の高い順に承認されていきます。

まとめ

ビットコインにおけるブロックチェーンについてまとめてみました。

ブロック(取引履歴)が1本の鎖(チェーン)で繋がって、過去の全ての取引の透明性を担保している。

そこに管理者は存在せず、情報はみんなで共有し、保存する。

新規の取引は承認制となっており、認められた取引のみがブロックチェーンに追加される。