コインチェック現状倒産なし。返金も決まった。今後どうなる?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェック倒産

コインチェックのネム(XEM)流出事件から数日。

徐々に真相や今後の対応が見えてきました。

コインチェックは倒産するのか?返金はあるのか?気になるところですよね。

現在分かっている事実と、今後の予想について少し書いていきたいと思います。

記者会見で発覚!ネムの流出

  • 1月26日の午前3時頃までに、コインチェックのネムのアドレスから約5億2000万XEMが不正に送金される。
  • 同日11時25分頃、コインチェック側が事態に気付く
  • 同日13時頃、ネムの入出金、売買が停止される
  • 同日17時頃、ビットコイン以外全ての通貨の売買、入出金停止
  • その後記者会見

おそらく、当日ネムの売買や入出金をした人は異常に気付いたかもしれませんが、多くの人は記者会見で初めて事実を知ったことと思います。

原因は外部からの不正アクセスだったことがその後の記者会見で分かっています。

ビットコインはオフラインで保管しているものの、ネムはオンライン上で管理していたようで、そこを突かれたという話でした。

日本円に換算すると過去最大規模の流出

外部からの不正アクセスで仮想通貨が送金されたり、盗難にあったという事件は過去にもありました。

事件当時のレートでいうと、マウントゴックスの流出金額を上回る約600億円という被害額で、過去最高額です。

返金はあるのか?

当初の記者会見では、コインチェックがネム財団にハードフォークの打診をしたが、拒否されたとのこと。

これによってネムホルダーの間には「終わった、もう戻ってこない」との噂が流れました。

しかし、翌日にコインチェックの自己資金で補填すると発表がありました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。
引用*http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

難しい話は抜きにして、コインチェックのウォレットに、88.549×保有分のネムだけ日本円で返金されるようです。

今後の焦点はいつ返金されて、いつ出金可能になるのか。という点ですね。

ちなみにわたしは以下と同意見です。わたしも数百XEM保有していましたが、もう諦めます。

(追記)
1月29日17時頃、コインチェックから「金融庁から業務改善命令が出された」とメールが届きました。

Ⅰ.業務改善命令の内容

1. 本事案の事実関係及び原因の究明
2. 顧客への対応
3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化
4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。
以上

返金いつされるのかは2月13日以降に分かる感じかと思います。
顧客より金融庁に先に報告する予感しかしない。

市場の反応は?

事件発覚直後、ネムだけでなく他の仮想通貨も全面安状態でした。

ただその2日後には、コインチェックの対応もあってか、ネムを筆頭にほとんどの仮想通貨で事件発覚前のレート水準以上に上げています。

な~んか話がうまく行き過ぎて、コインチェックさん計画倒産狙っているのでは?と疑ってしまいます。

出川哲郎超絶ブレイク

コインチェックは出川哲郎さんを起用してガンガンCMを打っていました。

今回の事件は日本だけでなく世界中のコインチェックユーザーが被害を受けており、「コインチェックでCMやっていた人」ということで一気にワールドワイドな存在に!

ただ炎上しているわけではなく、むしろ一躍有名になったという見方が大半です。

コインチェックの今後は?

ここまでが今分かっている事実ですが、コインチェックの今後はどうなるのでしょうか。

コインチェック公式サイトの見解をみると、今後も運営していく方針のようで倒産する気配はありません。

実際補填額は約460億円にのぼりますが、どうもこの金額は余裕で払えるらしいです。

ただ金融庁が仮想通貨交換業者として認めるのか甚だ疑問です。

そして地に落ちたイメージが回復するとも思えません。

「コインチェック?ああネム盗まれた取引所ね」

「コインチェック危険」

といったマイナスイメージは払拭できないかもしれません。

わたしはこのまま消える派に1票を投じたいと思います。
消えるといえば、破産申請をする可能性も否定できませんね。

コインチェック破産申請の可能性は?税金はどうなる?

外部ですが以下の記事も参考になります。

【コインチェック巨額詐欺事件】「ハッカーではなく計画倒産、社員1人10億配布、和田は海外で風俗三昧、会見は演技」コインチェック元社員が怒りのリーク

仮想通貨取引所おすすめ