こち亀に学ぶブログを続けることの重要性

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こち亀に学ぶブログ運営

こち亀といえば言わずと知れた超長寿連載漫画で、週刊少年ジャンプで40年間1度も休まずに連載してきたのは有名な話です。

これってとんでもないことですよね。

ジャンプって月曜日が祝日のときには合併号となりますが、基本的に週1回のペースで発売されます。

ジャンプを買えば必ずこち亀が掲載されている、そんな状況が40年も続いたわけです。

ギャグ漫画というカテゴリーではあるものの、こち亀から多くのことを学んだ人も多いはずです。

今回はブログを運営していくうえで非常に重要なことを、こち亀になぞって書いていきたいと思います。

定期的な更新が非常に重要

ブログ開設当初は誰もブログの存在を知りません。

記事を増やしていく(ブログを更新していく)ことによって、検索結果にひっかかるようになり徐々にアクセス数は増えていきます。

つまり記事を多く書くということは、自分のブログへの入り口を増やす作業のようなものです。

入り口を増やすことによって徐々に人の目にふれるようになり、ブログの存在を認知されるようになります。

認知されるということ

こち亀だって連載開始当初は誰にも知られていません。

ジャンプという媒体を通して毎週作品を掲載することにより、徐々に人に認知されるようになったはずです。

その中から「これ面白いから次号も見よう」というリピーターが生まれ、

コミックを買おうというファンが生まれます。

ブログも全く同じで、始めは誰にも認知されていませんが、更新を続けることによって

人の目にふれる機会が増え「このブログ興味あるからまたみよう」

というリピーターが生まれ、

「新着記事をいち早くみたい」

というファンが生まれます。

ファンがいるということ

ブログのファンというのは、いちいち検索してブログに訪れることは少ないです。

ブックマークやRSSを利用してダイレクトにやってきます。

同じジャンルの似たようなブログよりも信頼されていると言えます。

ジャンプの目次を見て、まず1番にこち亀の掲載ページを調べるのと似ています。

ブログ運営者にとって1番大事にしなければならないのがファンです。

ブログを知ってる人でもリピーターでもありません。

そしてファンが1番望んでいるのが新着記事です。

定期的な更新を1番望んでいます。

定期的な更新

ブログなら理想は毎日です。

なかなかできなくても2日に1回、あるいは3日に1回くらいのペースで更新はしていきたいものです。

NGなのは気が向いたら書くみたいな不定期更新です。

仮にこち亀が不定期更新だったらと考えてみてください。

ジャンプで数週間に1度くらいのぺースで掲載していたら、

「おっ!今週は掲載してるラッキー」

と思うファンもいるでしょうが、

年数回くらいのペースでは確実に見放されます。

特にブログの構成は基本テキストがメインですので、数分で読み終わることや、何度も読み返す性質のものではないので更新スパンは短ければ短いほどいいです。

定期的な更新のよくある間違い

ブログのファンが1番望んでいるのは定期的な更新ですが、

何でも書いて更新すればいいわけではありません。

ブログを運営するにあたって誰でもどんな内容を掲載するかテーマを絞ると思います。

記事の内容はテーマに沿った内容である必要があります。

「今日はゴルフをした。焼肉食べた。」

芸能人でもない限りそんな日記など誰も望んでいません。

ファンが知りたいのはテーマに沿った内容の記事であり、運営者の日常ではありません。

まとめ

こち亀から学ぶブログの更新で1番重要なのは続けること、これに尽きます。

よくネット上で3か月で○○万円稼いだ、半年で○○万円稼いだとか目にしますが、

そういった情報を鵜呑みにしてはいけません。

3か月、半年続けて結果が出なかった場合、自分には向いていないと挫折してしまうからです。

結果が出る期間というのはそのブログ運営者のやり方次第で変わってきます。

多くの稼げていないアフィリエイターさんは途中で諦めて更新をやめてしまうのが稼げない原因です。

こち亀のように40年も続ければ誰でも100%結果はでます。

(こち亀が連載中止にならなかったように、ある程度質の高い記事を書き続けることが条件です)

より短い期間で結果を得るために必要なのがキーワード選定によるSEO対策だと思います。

SEOキーワード選定の基本的考え方
ブログやホームページで記事を書いていくときに重要なのがタイトルです。 タイトルをつけるときに、キーワード選定をしっかり行った記...