ドライバー必見|クラウドソーシング専門用語集

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドソーシング専門用語

クラウドソーシングを始めるにあたり、初心者には分からないであろう専門用語がいくつか存在します。

私も聞き慣れない単語が出てくるたびによく調べたものです。

クラウドソーシングではよく聞くけど、運送業ではまず聞かないような専門用語を集めてみました。

これだけ知っていれば稼ぐのに困らない系ワード

とりあえずクラウドソーシングを利用するのに最低限知っておくべきことを集めてみました。

クライアント

仕事を依頼したい企業や個人のことを指します。逆に請け負う人のことは、受注者とかワーカーとかホストとかランサーとかライターとか、登録する会社や請け負う仕事内容で変わってくる印象です。

タスク

普通に和訳すれば仕事なのですが、クラウドソーシングの世界では、クライアントが複数人に作業してもらいたい形式の仕事を指します。

最もたる例がアンケートです。

「カラオケで盛り上がると思う曲、ベストテンを教えてください」

みたいな案件ですね。

他にもデータ入力とかブログやサイトの記事作成などがタスク形式に当てはまります。

タスク形式の特徴として、短時間で誰でも気軽にこなすことができる案件が揃っていますが、それなりの収入を得るには数をこなしてナンボみたいなところがあります。

プロジェクト

プロジェクトを和訳すれば計画とか課題ですが、クラウドソーシングでは、クライアントと受注者が1対1で相談しながら仕事を進めていくことを指します。

短時間というより、中~長期で仕事をする案件が多いため、報酬は高めに設定されています。

またクライアントと受注者がコミュニケーションを取るため、信頼感も生まれクライアント専属の受注者になることもしばしばあり、安定した収入が望めます。

代表的な例がシステム開発やホームページの制作などが挙げられます。

「新規でサイトを立ち上げるので基盤を作ってください」

みたいな案件です。

プロジェクト形式の特徴として高収入は望めますが、知識やスキルが必要になってきます。

コンペ

コンペ(コンペティション)を和訳すれば競技会ですが、クラウドソーシングの世界ではクライアントが複数募集した中から1つを選ぶ形式を指します。

分かりやすい例が企業のロゴ。

「新規会社を起ち上げるので、企業ロゴを作ってください」

みたいな案件です。

クライアントは複数の応募から1つを選びます。受注者側からすれば、選ばれた人しか報酬は得られないというデメリットがある反面、短い時間で高収入を得られるチャンスがあることがメリットになります。

エスクロー

仕事を依頼する者と請け負う者に金銭トラブルがないようにするための仕組みです。仮払いとも言われます。

依頼者があらかじめクラウドソーシングを扱う会社にお金を入金しておき、受注者が仕事を完了すると会社側から報酬が入金されます。

仕事をしたのにお金がもらえないというトラブルを防ぐことができます。

運転手にぴったりのクラウドソーシングとは
ドライバーに最も適した副業は?