ドメイン名とは|意味から独自ドメイン名の取得、作成まで

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドメインとは

ウェブサイトにおけるドメイン名とは、そのウェブページが格納してあるコンピューター(サーバー)内の場所を表します。

例えば、グーグルのURLを例に見てみましょう。

http:// www.google.co.jp/○○○

このgoogle.co.jpの部分がドメイン名と呼ばれるものです。○○○の部分でファイル名を指定します。

イメージとしては、サーバーという土地に無数にマンションがあると思ってください。ドメイン名でマンションの住所を指定し、ファイル名で号室を指定した結果、見たいウェブページが見れる感じです。

サーバーとドメイン名がセットで初めてウェブサイトとして機能するわけです。

サーバーについて詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

サーバー選びは、アフィリエイターならレンタルサーバー1択。
自分のウェブサイトを作って、インターネット上で誰でも閲覧できるようにするには、サーバーが必須です。 サーバーと...

http://www.の部分は世界共通のルールなので変更は不可。

独自ドメイン名とは

独自ドメイン名は、例えばabcd1.comのように自分で好きな英数字を組み合わせて作ることができます。

abcd1の部分をセカンドレベルドメインと呼び、自由に英数字を組み合わせることができます。この部分は、他人と被ることはありません。既に登録してある名前は登録不可で完全に早い者勝ちです。

.comの部分をトップレベルドメインと呼び、決められたものの中から選択します。

.jpや.comや.net .info .org .biz .co.jp などなどさまざまです。

ドメインの取得方法

ドメインの取得業者が多数あります。(取得に数百円~がかかります)レジストラなんて呼ばれかたもあります。

取得したい業者のホームページから会員登録を行い、好きなドメイン名で申請。他人と被っていなければ、料金をクレジットカード等で払って取得という流れが一般的です。

レンタルサーバーを扱っている業者ならドメインも扱っていますので、めんどくさいという方は、サーバーとドメインを1社で契約するのもありです。

無料ブログや無料ホームページでは、その運営会社へ会員登録後に、ドメインを入力するような画面になりますが、これはサブドメインという形です。(あくまでメインのドメインは運営会社名義で、その一部を借りているような感じです。)

例えばFC2ブログを例にとると、

http://○○○.blog.fc2.com/ のように○○○の部分を自分で決めるサブドメインというスタイルです。

あくまでFC2さんのドメインの空きスペースを借りてブログを運用しているようなものです。ドメイン代はFC2さんが負担してくれてこちらはお金がかからないイメージですね。

この辺のメリット、デメリットは別記事に書きます。

無料ブログでアフィリエイトをするメリットとデメリット
無料ブログとは文字通り、ブログの作成からネットで公開するまでに一切お金がかからないブログ作成サービスのことです。 ブログサービ...

まとめ

  • ドメイン名は、自分のサイトの場所を示す住所のようなもの。
  • 住所は自分で自由に決めることができる。
  • 住所を決める際にはお金(登録料のようなもの)がかかる。