稼げる運送会社の選び方

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼げる運送会社

稼げる運送会社の定義って給料いくらくらいでしょうか。

月30万円?「十分」と思う人もいれば、「足りない」と思う人もいるかもしれません。

月40万円?この辺りから「十分」と思う人も増えてくるのではないでしょうか。

月収40万円であれば、一般的な国家公務員の月収と同程度ですから、それなりに満足できる額といえるのではないでしょうか。普通に生活するなら困ることはないはずです。

ということで今回は月収30万円~40万円を「稼げる」と定義した場合の運送会社の選び方について語ります。

ドライバーの給料が決まる仕組みと選び方

ドライバーの給料が決まる仕組みは別の記事で詳しく掘り下げていきたいと思います。ここでは簡単に述べます。「固定給」、「基本給+歩合」、大きく分ければこの2種類。歩合給は運送会社によって計算方法が異なるので「基本給+歩合」の運送会社を選ぶ場合は、下調べが重要です。

逆に固定給で月給30万円~40万円の運送会社は、運ぶ物を選ばないのであれば狙い目です。あまり求人広告では見かけませんので競争率が高いのではないでしょうか。見かけたら即面接のアポ取りがいいかと思います。(実際面接に行けば、会社の雰囲気とか分かりますし)

基本給+歩合の運送会社

この歩合給ってホント曲者で、ちゃんとドライバー毎に売上表みたいなのを付けている会社もあれば、わたしの勤める会社のように適当なところもあります。

この手の運送会社は、基本給+歩合給+各種手当が給料になります。基本給と手当は毎月固定なので、稼げるか稼げないかは歩合次第ってことになります。

運送会社の歩合給の決め方は求人を見ただけでは分かりません。実際に面接に行ったときに1番聞くべき重要ポイントです。歩合次第で月収30万円を切ることもありますし・・・

稼ぐには運送会社の雰囲気も大事

基本給+歩合の運送会社では走れば走っただけ給料に反映されます。稼ぎたいドライバーは歩合の算出方法が明確な運送会社を選ぶのが必須です。

しかしもう1つ重要なファクターがあります。

それが会社の雰囲気です。稼ぎたいドライバーが多く集まっている運送会社は活気がありますし、「自分もやってやろう」という気になります。そうして給料に反映されるし、飲み会なんかでも運送ネタで盛り上がります。すごく居心地の良い会社になるわけです。

逆に「金より自分の時間優先だぜ」という人が多く集まる運送会社は、稼ぐのに向きません。毎日自分より早く帰る同僚。頑張っても同僚と数万~十数万程度しか変わらない給料。

やってて良かったと思えるのは給料日の1日だけで、他の30日近くは理不尽さを感じることのほうが多いです。アリとキリギリスじゃないですけど、アリになっても報われないと思うようになってきます。

ですから、歩合給の算出方法だけでなく会社の雰囲気も稼ぐことに密接に関係しています。

求人広告どうやって探していますか

ドライバーの求人広告ってどうやって探してしますか?

駅で無料配布されているフリーペーパー、ネット求人。どれも運送会社の広告は掲載されていますが、給料とか応募資格とか簡単な業務内容しか掲載されていません。なかなか会社の雰囲気って分からないものです。実際面接に行かないと自分に合った運送会社かどうか判別不能。

また、ドライバー職を探しているのに、関係のない求人広告が多数を占めているというのも多くのフリーペーパーやネット求人の特徴です。

ドライバー専門の求人サイト登場

ドライバー職を探しているのに飲食店の求人広告を見せられても時間の無駄です。稼げるドライバー職を探すならドライバー専門の求人サイトがおすすめです。というかドライバー専門の求人サイトなんて日本に1つしかありません。

ドラエバー
ドラエバー(スマホ)

ドラエバーはこんな人におすすめ