ドライバーが会社をやめて独立したら人生終わります。

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバー独立

アフィリエイトでドライバー職以上に毎月稼いでいる。

「あれっ、ドライバーやめてアフィリエイト1本で食っていけるんじゃね?」

そう思うのは早計です。

そりゃあ月に1000万円も2000万円もコンスタントに稼いでいれば否定はしませんが、月100万円では独立するのは論外です。

プロフィールに実名や本人写真を載せてある程度知名度があればやりようはありますが、私のようにこっそりと水面下でアフィリエイトするタイプの人間には金額的にちと物足りない感があります。

というわけで今回は、「ドライバーが副業でアフィリエイトしていて本業の収入と同程度~100万円くらい稼いだときに会社をやめてしまうと後悔しますよ」という話をします。

大体稼ぎ始めると態度が横柄になります

アフィリエイト稼ぎはじめ

副業で始めたはずのアフィリエイト。最初のうちは給料にちょっとした+αがあればいいかな程度の感覚で皆始めるかと思います。

初報酬がでたときなんか飛び跳ねて喜んだものです。マリオみたいに拳を突き上げジャンプし天井を殴ってしまったこともあるでしょう。

人間とは慣れる生き物で、毎月報酬が出るのが当たり前になってくるとだんだん喜びも薄れてきます。(当然天井を殴ることもなくなります)

次第にもっと稼ぎたいと欲がでてきて、睡眠時間を削ったり徹夜をして作業に勤しむようになります。

当然そんなことをしていれば、本業であるはずのドライバー職にも影響がでてきます。

眠い、だるい、配車が気に入らん等々、普段と変わらない業務内容であるにもかかわらず仕事に対する不満がでてくるものです。

「半日以上拘束されているのに低賃金、アフィリエイトならもっと効率よく稼げるのに」

「毎日同じことの繰り返しで生産性がないんじゃボケ」

とかついつい心の中で愚痴ってしまいます。

そしてその考えは確実に態度に現れ、周囲の人間にも伝わっていきます。口には出さないけど信頼と言いますか、こいつに任せておけば大丈夫みたいな空気が消え失せます。

「別に会社の収入に頼らずとも食っていけるし」

とか突っ張っていると余計に周囲との関係が悪化していき人間関係は最悪のものとなっていくでしょう。

で実際私は「配車が気に入らないから帰る」とか「○号線で事故渋滞やっているから帰る」とかふざけたことばかりやってきたわけです。よくクビにならなかったなあと自分でも思います。(それだけ人の集まらない待遇の悪い運送会社であることの裏返しかもしれませんね)

そんなふざけた人間が会社をやめ再就職しようと思っても、どこも使ってくれません。つまりアフィリエイトで給料以上に毎月コンスタントに稼いだ経験のあるドライバーは再就職は不可能と言っても過言ではありません。

私の経験上、特別な資格やスキルがない以上ドライバーの再就職先はドライバーしかないように思います。そう考えた場合、運送会社の給料や待遇面なんてどこも似たり寄ったりですから仮に面接しても不平不満が態度に現れ、面接官もそれを感じ取るでしょう。まず受かりません。

アフィリエイトの今後

アフィリエイトのリスク

月100万円稼げばアフィリエイトオンリーで生活できると思いますよね。私も思ってました。税金の話は抜きにして手取りだけでも確実に運送業以上の自由資金はあります。

ですが先に述べたように人間は慣れる生き物です。

「毎月○○円の収入があるからたまには贅沢しよう。」

1度でも贅沢してしまえば、味を占め、次回もまあいいか。と徐々に贅沢思考になってきます。そうやって生活水準は上がっていき、上がった生活水準を下げることはなかなかに難しいものです(新規ペラサイトを一発上位に表示するくらいかな)

車を買い替えたりタワーマンションに引っ越したり、うまいもの食ったりと誘惑は尽きません。

安定的な永続する収入であればそれでも問題ありませんが、アフィリエイト収入であれば常にリスクは想定しておかねばなりません。基本的にアフィリエイターは複数のサイトやブログを運営しているかと思います。

この性質上先月100万稼いだが、今月は0円の収入。そんなことにはまずなりません。今月は90万円、その前は110万円みたいに数万~数十万のばらつきはありますが、年間を通してほぼ一定になるのが現状です。(あくまで現状)

しかし、Googleのこれまでの目覚ましい進歩を考えてみてください。適当にサイトを作ってメインのサイトにがんがんリンクを送れば上位表示され、放置で不労所得なんて時代は終わりました。当時では考えられなかった進歩です。

今でこそ、検索エンジンは共起語や文意、画像や動画などを正確に把握できませんが、いつかそれらも解消され完全にコンテンツの内容を把握できる時代がくるかもしれません。そして世界中のすべての情報を整理し完璧に把握することができれば、オリジナリティがあって誰が閲覧してもすぐに理解できるようなユーザーの利便性のみを追求したサイト順に検索順位がガラッと変わるかもしれません。

仮にそうなっても、自分の所持サイト、ブログに順位変動がないと言い切れるほどコンテンツの内容に自信がありますか?

ジャンルによってはその道何十年とか、それだけを研究して権威なんてあがめられる人も多数います。SEOの知識がなくて、ただ十分にクロールされていないだけの優良コンテンツなんて星の数ほどあると思って差し支えないはず(言い過ぎたか?)

ちょこっと本を読んだり、関連サイトでにわか知識を取り込んで記事にしただけではただのゴミ記事に成り下がる可能性があり得るのです。

ホワイトSEOで上位表示されていれば一生安泰。そんなのは一時だけの安泰と常に危機管理を持たねばいつか路頭に迷うこともあるかもしれないのです。

現金で持っているのが最強

バブル崩壊とか世間で騒がれたことがありますよね。私自身が当時子供だったので直接影響を受けたとか体験したわけではないですが、要するにバブル崩壊で泣きを見た人というのは借金してまで土地や株に手を出し、地価や株価が下がって返済が困難になり返す当てがなくなったと解釈しています。

教訓として現在のアフィリエイトに生かすとすれば、アフィリエイト収入は「変な色気を出さず地道に現金として貯蓄していく」。これができればドライバーから独立してアフィリエイト1本で食っていくことも可能かと思います。

仮にGoogleが完全体になりアフィリエイト収入が極端に減っても、現金を持っていれば気持ち的にも余裕がありいくらでもやり直しはききます。

けれどドライバーあるある問題から鑑みればこれは不可能。さまざまな誘惑があります。いやドライバーでなくとも人間なら「ちょっと贅沢してもいいだろう」的な考えが生まれついつい浪費してしまうものです。

結果100万円近くの収入があっても「来月また振り込まれるから使ってしまえ」となかなか現金で貯蓄するのは難しいです。大きな順位変動がありアフィリエイト収入が見込めなくなったら働かぜるを得ない状態になります。しかし1度旨みを知ってしまった人間に再就職は無理。人生詰みです。

実りある安定した老後をむかえるためにも、数千万単位の現金は常にストックしておきたいものですね。

運送会社こそ最大の保険

言い方は悪いですが、毎日行っていれば毎月一定金額が給料として支給されます。20万円とか30万円とか金額は異なるでしょうが、毎月決まった日に決まった額が支払われるのは最大の安心です。

年金や年金保険のように数十年先を見据えた不明瞭な資産形成ではなく、毎月コンスタントに入ってくる収入で資産形成にはもってこいです。

まとめ

ドライバーが会社をやめて独立したら人生終わるとか大袈裟かもしれませんが、アフィリエイト収入込みの将来の資産形成を漠然とでも考えていないと万が一のときに身動きできない状態になります。

結論を言えば、独立を考えなくても副業的な意味でドライバーを続けてもいいじゃないかということです。

運転手年収