副業で稼ぐには読書が必須だった

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業で稼ぎたいドライバーは本を読め

「趣味は何ですか?」

「読書です」

なんともお見合いのような堅苦しい席でのやり取りみたいです。ドライバー仲間に趣味が読書なんて人はいません。むしろ読書=根暗なやつ。みたいなマイナスイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

しかし読書をすることで確実に副業で稼げるようになってきます。(と思っています)もちろん本の内容にもよりますが、読めば読むほどにネットビジネスという戦場で有利に戦っていくことが可能です。

今回は、副業で稼ぎたいドライバーは本を読めというテーマで書いていきます。

副業で稼ぐことと読書の関係性

副業と読書の関係性

日本の義務教育では、英語や数学は教えてくれますが、お金のことについては一切教えてくれません。お金の流通の仕組み、使い方、稼ぎ方を習った人はいないはずです。

なんとなく生活していくうちに誰しもが、使い方や稼ぎ方を自己流で学んできたはずです。しかし今の収入に満足いっていないのなら、1度お金の勉強をしてみるといいかもしれません。お金持ちがなぜお金持ちなのか。それは正しい稼ぎ方を知っているからであり、正しい使い方をしているからで間違いないです。

実際にお金持ちに知り合いがいて根掘り葉掘り聞ければそれが1番ですが、なかなかそうもいきません。そこで重要な情報源になるのが本(書籍)です。本の著者が実際にお金持ちかどうかは分かりませんが、その道の権威であったり、実際に結果を出している人間が著者であることが多いです。

読書をすることで、どんどん知識が増えていきます。同じ副業をしていても、本を読んだ人間とそうでない人間、どちらが成功するかは言うまでもありません。

別にインターネットで調べてもいいんじゃね?と思った方。もちろん上質な情報もたくさんありますが、検索上位に表示されている情報が全て正しいとも限りません。上位だから信頼できるわけではないのです。

関連ネットの情報の真偽。判断するのは自分自身

読むならビジネス本がおすすめ

ビジネス本

ここまでドライバーは本を読めというテーマで書いてきましたが、本なら何でもいいわけではありません。漫画や雑誌、推理小説や文学集なんかはおすすめしません。確かに得られるものはあるかと思いますが、副業で稼ぐというテーマからは外れています。

読むならビジネスに関する本がいいです。経済、金融、経営、マーケティング、投資などお金に関する書籍はたくさん刊行されています。本屋で気になったタイトルを立ち読みし買うもよし。最近ではアマゾンや楽天の通販で、すでに読んだ人のレビューを参考にして買うもよしです。

副業で稼ぐとはどういうことか

副業と言っている時点で本業があるはずです。トラック運転手なりタクシー運転手なり。

本業の収入に満足できないから副業に興味があるわけですよね。本業で満足できる収入が得られていれば誰だってプライベートを充実させるはずです。副業に興味関心を向けるはずがありません。

本業というのは会社に帰属して、会社の言う通りにしていれば収入になります。しかし副業は自分で考えて行動を起こさなければ収入にならない場合がほとんど。行動を起こすには知識は必須。友人知人の無料の受け売りより、有料の書籍の受け売りのほうが信頼性は高いです。

安かろう悪かろうというわけではありませんが、お金を払って仕入れた情報のほうが信頼性は高いし、自分の糧になると信じています。