タクシー運転手への転職!給料が不安な人はこれで稼げるようになる

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー転職

わたしの勤める運送会社では、タクシードライバーに転職しようと考えている人が多くいます。

実際に、トラック運転手からタクシー運転手へ転職した人間も多く知っています。

しかし転職して収入UPした人間もいれば、逆に収入DOWNした人間もいます。

この明暗の差は何でしょうか?

結論からいえば、「タクシー業界の情報をどれだけ知っていたか」これで明暗が分かれます。

タクシー業界に転職しようと考える人にとって、「今の仕事よりも収入が増えるかどうか」は気になるところだと思います。

実際に転職して収入が増えた人物から、飲みの席で徹底的に話を聞いてみたのでシェアしたいと思います。

タクシー運転手に転職して稼いでいくために必要なことは?

タクシー運転手の給料は、月給にすると20万~50万以上といわれています。

AさんとBさんでは、倍以上給料が違うということがタクシー業界では往々にしてあるのです。

Aさんは月給20万円なのに、Bさんは月給60万円。ものすごい格差です。

タクシー業界は歩合で給料が決まるといっても過言ではありません。

歩合、言い換えれば売り上げです。いかにお客さんを乗せて料金を頂くか。

これで給料が決まってしまうのです。

タクシーで稼ぐには経験が必要です

タクシー運転手に転職したての頃でもお客さんは拾えます。

普通に流していれば、手を挙げて止めてくるお客さんもいるでしょう。

でもこれ、運任せですごく効率が悪いです。

では稼いでいる人は何をしているのか?

単純です。稼げる行動を取っているだけです。

どうすればお客が拾えるのかを経験で知っているのです。

「この時間ならあの場所に行けば客が拾える」

「あの飲食店は、2時閉店だから、そろそろ店の付近まで行こう」

こういった過去の経験や情報があり、実際に行動に移しているのです。

未経験入社で最短で稼ぐには?

未経験で入社すれば、こういった情報や経験は当然持っていません。

でも、50万円以上稼ぐために10年も20年もかかるわけでもありません。

逆に10年続けても月給20万円というドライバーもいるでしょう。

では最短で稼ぐにはどうするか?

実際に稼いでいる人に情報や経験を教えてもらうのが1番です。

運転の仕方と違って、稼げる情報や経験は口頭で伝わります。

「この時間はあの場所に行け」

といったように、すぐに理解できますよね。

タクシー会社では稼いでいるグループと稼げないグループに分かれます

タクシーで稼いでいくためには、いかに稼いでいる人と付き合うか。

これがすごく重要です。

しかし実際は、稼いでいる人と稼げない人が仲良くなることはあまりありません。

なぜなら立場が対等でないからです。

稼いでいる人間が情報を教えてくれる場合というのは、自分にも相応な情報が入ってくる

場合が多いです。

自分が情報を提供するかわりに、稼げる情報を相手も提供してくれる。

こういったメリットがなければ、誰も好き好んで教えてはくれません。

ですから稼いでいる人は稼いでいるグループと繋がります。

逆に稼げない人は、同じような立場のグループと繋がるしかなく、いつまでも稼げない。

もしくは稼ぐまでにすごく時間がかかるといった負のスパイラルに陥ってしまうのです。

稼いでいる人間と接点を作るには

共通の趣味を作るとか、積極的に話しかける。

まるでお見合いのようですが、この考えは間違いです。

仲良くはなれますが、核心を突いた情報は得られません。

仲良くなるのと、情報の共有は違います。

仲良くなっても、せいぜい趣味の話や世間話をして会話は終わります。

ではどうするか?

自分が稼げるようになるしかないです。

といっても、最初は稼いでいる人と繋がることは難しいです。

ですからタクシー運転手の始め方が重要になってきます。

タクシーで稼ぐには求人サイトの選び方が重要

タクシー運転手になろうと思ったら、求人誌や求人サイトの募集から応募するのが一般的かと思います。

ほとんどの求人誌や求人サイトは、単なるタクシー会社とのパイプ役です。

入社が決まってしまえば、そこで関係は終了します。

また、タクシー以外の求人も多数扱っています。

タクシードライバーに転職しようと考える者にとっては、必要最低限のことしか掲載されていません。

そんな必要最低限の情報のみで入社しても稼げるわけがないのです。

未経験入社をする場合は、タクシー業界のことを詳しく知ることができ、入社後のアフターケアもしてくれる求人サイトが望ましいです。

例えば、タクシー専門の求人サイトであるタクQを見てみましょう。

タクQ

「エントリー」→「希望条件の提示」→「求人案内」→「面接」→「入社」

とここまでは普通の求人サイトと同じ流れです。

入社後のアフターケアがすごいです。

タクシー運転手で稼ぐために最も重要な、「どの時間帯にどの道を流せば稼げるのか」を教えてくれるのです。

ただ入社するだけならどこの求人サイトでも同じですが、入社後の稼げる情報次第でその後の明暗は分かれます。

実際に稼いだ実績を作って、稼いでいるグループに仲間入りし、さらに稼ぐ。

これが未経験でもタクシー転職で成功するための確実な方法です。

もともとタクシー運転手は休日が多いですから、プライベートも充実しそうです。

タクQ公式サイト

タクQの評判や口コミは?入社祝い金がアツい

タクシー業界への就職後の手厚いアフターフォローが有名なタクQですが、ネットでの評判や口コミは以下のようなものがあり、いずれも高評価です。

タクシーに関する求人情報の専門サイト

やはり東京での求人が圧倒的に多いですが、神奈川、埼玉、千葉、茨城、宮城、愛知、京都、大阪、兵庫、滋賀、岡山、広島、福岡での求人も多数扱っているようです。

これらの地域以外に住んでいる場合でも

「寮完備のタクシー会社でおすすめは?」

といった相談もメールで可能です。

そして、面接会場までの交通費や宿泊代もタクQが負担してくれます。

これは後述するタクQの入社祝い金である10万円から差し引かれますが、全国どこからでも実質負担0円で面接から入社までできるのは強烈なメリットです。

タクQで求人を見る

求人の探し方は以下のようにします。

タクQエントリー

ちょっと分かりずらいのですが、エントリーフォームの下にある「運営会社」「プライバシーポリシー」「利用規約」のどれかをクリックします。

タクQ仕事探し

すると上記のようなページへ移動するので「お仕事を探す」をクリックします。

ここから自由に現在あるタクシー求人を探すことができます。

扱っている求人は全部タクシー関連の求人ですので、真剣にタクシー運転手で稼ぎたいと思っている人には重宝しますよ。

入社祝い金が最大で45万円支給される

他の求人誌や求人サイトで見たことがあるかもしれませんが、一部のタクシー会社では、入社すると祝い金として、数十万円が支給される会社もあります。

タクQの求人は、この入社祝い金が支給されるタクシー会社の求人が非常に多いです。

しかもタクQ経由で入社した場合は最大で45万円の入社祝い金が貰えます。

入社が決定すると、タクシー会社から支給される祝い金が10万円~35万円。

タクQから支給される祝い金が10万円。(例外もあり)

交通費や宿泊代を利用した場合は、10万円の差額分しか支給されませんが、それでも普通の求人誌や求人サイトからエントリーするより全然マシです。

実質的な経済負担は0円で転職活動できるのは、うれしいですね。

もちろん家から近いタクシー会社で入社が決まれば、10万円がまるまる手元に入ってきます。

タクQで求人情報をチェック

タクシードライバーに転職する前に知っておきたい基本事項4選

タクシー会社に転職する前にある程度の疑問は解決しておいたほうがいいです。

大体どこのタクシー会社でも共通する事項です。

1日に何時間働くの?勤務形態は?

どこのタクシー会社も日勤、夜勤、隔日勤務の3形態です。

日勤

6:00~15:00のように、9時間拘束、実働8時間、休憩1時間のようなパターンです。

これを月に24乗務します。

勤務時間や乗務回数は入社するタクシー会社によって異なります。

夜勤

17:00~翌2:00のように、9時間拘束、休憩1時間。これを24乗務。

基本的には日勤と同じですが、深夜料金が発生する分、売り上げが高くなる傾向にあります。

勤務時間や乗務回数は入社するタクシー会社で若干異なります。

隔日勤務

1日で日勤と夜勤を合わせて行う勤務スタイルです。これがタクシー業界の主流の勤務形態です。

拘束時間は18時間、うち休憩は3時間という会社が多いです。

月の乗務回数は11~13回と決まっています。

1日乗って次の日は休み。1勤1休です。

またこれとは別に「公休」と呼ばれる休みを6日~8日取ることになるので、月の3分の2は休みということになります。

公休は、「出勤」→「明け番」→「出勤」→「明け番」→「公休」のように2回出勤、2回明け番、1公休のようなローテーションを組む場合や、シフト制で決まる会社があります。

給料はどうやって決まる?給与形態は?

タクシー運転手の給料形態は、「固定給+歩合給、完全歩合給、混合型」の3形態があります。

  • 固定給+歩合給をA型賃金
  • 完全歩合給をB型賃金
  • 混合型をAB型賃金

A型やB型、AB型などタクシー業界では業界用語的な感じで使われているようです。

固定給はそのまま毎月支給される額です。

完全歩合もそのまま売り上げの数十%が、給料として反映されます。

会社によって異なりますが、大体60%前後でしょうか。

混合型、いわゆるAB型は固定給の部分と、歩合給の部分を合算し、50%が毎月の給料として支払われます。

残りの金額を毎月積み立てていき、年2~3回の賞与として支給される仕組みです。

どの給料体系に属するのかは、求人情報を見ても判別しがたく、求人サイトや面接時に質問してみるといいかもしれません。

二種免許の取得期間や金額は?

タクシー運転手になるためには普通二種免許が必要です。

取得条件は、満21歳以上であることと、普通免許などの一種免許を取ってから3年以上が経過していることです。

二種免許の取得には、「一発試験」「教習所」「合宿」の3通りの取得方法があります。

一発試験

運転免許試験場で学科試験、技能試験の順で受ける方法です。

費用は合わせて約35000円。

技能試験合格後に即日交付されます。

ただし、学科試験合格後、予約を取って別の日に技能試験を受けることが多いので、学科試験から始めて即日交付は実質不可能です。

また技能試験(1回約1万円)は非常にシビアなので大抵落ちます。

学科試験合格の効力は半年しかないので、この期間に合格しないと再び学科試験からやり直しです。

教習所や合宿

教習所や合宿の場合は、地域や申し込む会社によって金額が変わってきます。

20万円前後は見ておきたいところです。

取得期間は最短で7日です。あくまで最短です。

地理試験に合格が必要な地域

タクシードライバーになるためには、二種免許の他に地理試験に合格することが必要な場合があります。

勤務するタクシーの営業所が以下の地域にある場合は必ず地理試験に合格する必要があります。

東京都、神奈川県、大阪府。

ただし一部の市は該当しない場合もあります。

といっても普通はタクシー会社に入社後に受けるので、地理試験合格がタクシー会社の入社に必須な条件ではありません。

まとめ

タクシー業界に転職して、今以上に稼いでいくために鍵を握るのはやはり歩合給の部分です。

歩合給を上げるために必須なのが、稼げる情報です。

この情報は入社後すぐに同僚から得るのは不可能と思って間違いないです。

入社後すぐにスタートダッシュを切りたいのであれば、求人サイトのアフターケアが重要になってきます。

わたしの元同僚は入社後にタクQにしつこくメールして8か月で月収68万円を達成したようです。

自分の努力も大事ですが、人からの情報はそれ以上に大事ということですね。

タクQで求人情報をチェック

運転手年収