免許制度改正|準中型免許で運送業界はこう変わる

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

準中型免許

平成29年の3月12日から準中型免許制度が施行されます。「また増えるのかよ」と思いましたが、今回の運転免許制度の改正も例のごとく大型免許所持者には関係ないようです。

準中型免許なんてすでに運送会社に従事する者にとって、一見関係のない話ですが、実は副業で稼ぐ1種のキーワードになり得ます。

これまでの運転免許制度下での運送業界

多くの運送会社で重宝される人間は4t車以上を運転できる人間かと思います。「2t車しか運転できません」という人はあまり重宝されませんし、場合によっては採用されないかもしれません。

4t車を運転するには中型免許が必要です。普通免許を取得してから2年経過しないと取得できないものでした。

これが結構、若い人のトラック離れに拍車をかけていたような気がします。私の働く運送会社では年中ドライバーを募集していますが、入社するのは全員が「中型免許が新設される以前に普通免許を取得した人間」か「大型免許所持者」です。

10代や20代の若い人間が入社することはありませんでした。

中型免許新設以前なら、普通免許でとりあえず4t車を運転し、3年後に大型免許にステップアップという若い人も結構いました。(私もその1人)

しかし現在、普通免許では4t車は運転できません。若い人間が運送会社で働こうと思ったら中型免許以上がなければ満足に働けません。働きながらステップアップしていくのが難しい環境になってしまったのです。

まあ大手の運送会社なら「中型免許取得しました」という若者もいるのでしょうが、中小企業ではまだまだな感じがします。

準中型免許追加での運送業界

準中型免許は18歳以上であれば取得でき、4t車も運転できます。つまりこれまでネックだった普通免許を取得してから2年待たずともすぐに4t車が運転できるわけです。

ひと昔前のように、4t車で修業を積み大型へステップアップという働き方もできます。

きっと若者のトラック離れも解消されるはず。

若者に副業で稼ぐキーワードが隠されていた

長くなりましたが、ここから本題です。

普段、会社と自宅の往復で1日が終わる私のような人間には10代、20代前半の人間と接する機会があまりありません。

しかし彼らはスマホ、タブレット全盛期の人間ですから、情報発信できて当たり前。中には「港区のタワマン最上階に住んでますが何か?」みたいな猛者もおります。

フェイスブック、ツイッター、YouTube、インスタグラム・・・皆少なからず1アカウントは持っています。日頃から彼らと接し情報共有しておくと、どこで収益につながるか分かりません。

実際私も、行きつけの美容院でよく若い子にカットモデル料金で切ってもらいますが、その子が私のクソみたいなサイトをSNSで拡散してくれてアクセスだけは以上に増えた経験があります。

ですから準中型免許新設も他人事ではありません。10代、20代の方々が入社し思わぬビジネスチャンスが生まれるかもしれません。
ドライバーが月収100万以上稼ぐためには
稼ぐための具体的方法