電子書籍とペーパーブック|コスト面でお得なのはどっち?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍とペーパーブックお得なのは?

本を読むなら紙に限る。わりと年配の方に多い考え。いやいや読むなら電子書籍でしょ。わりと若年層に多い考えかな。と個人的に思っています。

実際わたしは以前は断然紙派でした。なんか読みづらいイメージがあったので。しかし慣れてくると紙でも電子書籍でもそれほど大差はないというのが正直な感想です。現在はどっちも派って感じです。

まあこの辺は個人の好みなのであまり多くは語りません。今回は電子書籍とペーパーブックをコスト面から比較してみようと思います。つまりどちらが安くお得に読めるのかという比較です。

電子書籍に決まっているじゃんと思ったあなた。そうとは限りません。

電子書籍は言ってしまえばデータですから、製本やら流通のコストがかかりません。一方、紙の本は印刷会社やら取次会社やら運送会社を経て本屋に並ぶわけです。当然、複数の会社を経由しているぶん紙の本の方が割高になります。

しかしこれは新刊やあまり流通していない(中古市場に出回っていない)本に限った話で、自分の読みたい本を電子書籍として購入するのが必ずしもお得とは言えません。

ブックオフで100円で売られている本が電子書籍のストアでは500円で売られていることだってあります。品質を問わないのであれば紙の本の方が安上りで読める場合もあるのです。

新刊だって紙の方がお得な場合も多々あり

新刊の場合、購入時点では電子書籍の方がお得です。本屋で1500円で売られている本が電子書籍なら1000円以下で読めることもあります。

ただ電子書籍は売却できませんが、紙の本は売却できます。1500円で買った本が1000円で売れたら、結果的に500円で本を読んだのと同じことです。多くの方は、新刊で買っても1度読んだら次の本を探すのが普通です。1冊の本を毎日毎日読み続けることはないでしょう。

つまり本の購入金額ではなく、情報を得るためにいくら支払ったかという点で見れば、新刊であっても紙の方が安上りなことが多々あるのです。

まとめ

一般的には電子書籍の方が安く購入できると思われていますが、情報を得るのが目的であれば、紙の本の方がお得に情報を得ることができる場合が多々あります。特に発売して間もない本や人気の本は、定価の8割くらいで売れます。1000円の本が200円で読めてしまうのも紙の本ならではです。

運転手年収