無料ブログでアフィリエイトをするメリットとデメリット

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ブログのメリット、デメリット

無料ブログとは文字通り、ブログの作成からネットで公開するまでに一切お金がかからないブログ作成サービスのことです。

ブログサービスの提供会社に登録することで利用できるようになります。

(無料ホームページ作成サービスも本質は一緒です。)

有名なところではアメーバブログやFC2ブログやライブドアブログなどがあります。

他にもたくさんありますが、今回は無料ブログのメリット、デメリットについて書いていきたいと思います。

そもそもなぜ無料で利用できるのか

アメブロやFC2ブログ、ライブドアブログは無料でブログサービスを提供して、どうやって収入を得ていると思いますか?

例えばあなたがアメブロに無料会員登録をし、実際にブログを書いてネットに公開したとします。

するとあなたの書いたブログ内に広告が自動で挿入されます。

閲覧者が広告をクリックするとブログ運営会社に広告収入が発生します。もちろんあなただけでなく全ての無料会員登録者のブログに広告が自動挿入されます。

しかし中には広告が邪魔と思う方もいるでしょう。

広告を消すためには有料会員になるか、CSSをいじって消すという方法がありますがこういった有料会員は月額で決まったお金を払うことになります(数百円~千円程度)

この広告収入や有料会員からの収入で運営していることがほとんどです。

ブログ運営会社の立場

ブログ運営会社も遊びではありません。営利目的でブログサービスを提供しているわけですから、広告収入や有料会員からの収入が減っては死活問題です。

先に述べたように、無料会員がCSSをいじって広告を消してブログ運営をしていたらどう思いますか?

そんな裏技使いのブロガーは邪魔な存在でしかないわけです。当然記事を削除したり、アカウントを停止したりといった処分が下されます。

これが無料ブログのデメリットの1つです。

つまり無料会員では広告を消すすべがないということです。

無料で手軽に始められるのが売りなのに有料会員になっては本末転倒です。最初から独自ドメインをとってレンタルサーバーにアップロードすれば良かったなんてことにもなりかねません。

利用規約の存在

先程も書いた通りブログ運営会社はボランティアではありません。

営利目的で運営しているわけですから、会員に好き勝手やられては困るわけです。

当然利用規約を設け、違反しているブロガーは排除していきたいと考えています。

この利用規約でアフィリエイターにとって特に致命的なのが、アメブロの商用利用禁止という規約です。

商用利用禁止、つまりアフィリエイト禁止ととらえてもいいです。

普通にアメブロでアフィリエイトしている方もいますが、いつ記事を消されても文句は言えません。

この辺の線引きはあいまいで消される方もいれば、消されない方もいます。

ただ常にリスクを背負っているのは確かです。

これもデメリットの1つでせっかく書いた記事が消えてしまうというリスクがあるのが無料ブログです。

検索結果の表示

Googleで何かを検索したときの検索結果として1ページに10件のサイトが表示されますよね。

しかし1度の検索結果で表示されるのは1ドメインにつき2つだったか4つだったかまでです。

つまり10件中10件すべてが同じドメイン名で表示されることはありません。

無料ブログサービスに登録している人は、全員が同じドメインになりますので、あるキーワードで上位表示を狙っても、すでに上位表示されているブログがあればそれまでです。

そのブログよりも詳しく記事を書けば、自分が上位表示されるのでは?

と思っていた時期が私にもありました。

実際のところ可能なのかは分かりませんが、逆の立場で考えてみてください。

もし可能なら自分の上位表示されている記事が、ある日突然検索上位から消える可能性が常にあるということです。

検索エンジンからのアクセスを見込む者にとっては、この縛りは致命的です。

独自ドメインなら、そのドメインでブログを運営しているのは自分だけですのでこの心配はありません。

ドメインが強い

今までデメリットしか書いてませんが当然メリットもあります。

独自ドメインを取得して新規でウェブサイトを作る場合に比べてドメインが強いことです。

ドメインについては以下の記事でも説明しています。

ドメイン名とは|意味から独自ドメイン名の取得、作成まで
ウェブサイトにおけるドメイン名とは、そのウェブページが格納してあるコンピューター(サーバー)内の場所を表します。 例え...

無料ブログサービス提供会社は何年も前からずっと同じドメインでサービスを提供し続けています。当然検索エンジンにも認知されていますし、ユーザーからも認知されています。そのドメインのサブドメインとして運用していくわけです。

対して独自ドメインで新規にウェブサイトを立ち上げた場合、運営実績がないので誰にも認知されていません。

このことから無料ブログと独自ドメインではクローラーが巡回してくる頻度が違います。クローラーの巡回頻度が違うと適切な評価を受けやすくなり、検索流入が見込みやすくなります。

つまりメリットとして無料ブログには早い段階で気持ちアクセスを集めやすい性質があります。

アクセスの性質

無料ブログでは独自ドメインの新規サイトより立ち上げ段階ではアクセスを集めやすいのは確かです。長いこと運営していると、独自ドメインでもクローラーが巡回してくる頻度が増えるのでどちらも変わらなくなりますが・・・

また検索エンジンからの流入だけではなく、ブログサービス内からの流入もあり得ます。新着記事一覧であったりコメントしたらコメントを返すために訪問してきたり等。

検索エンジンからの訪問と違って、ブログサービス内からの訪問は「ただ暇だったから」とか「コメントをくれたから」みたいな理由が圧倒的に多いと思います。

アフィリエイトを目的としたブログ運営の場合、後者のようなアクセスはほとんど意味がありません。

PV数だけを見て喜ぶのは早計でアクセスの性質の違いには注意したいところです。

もちろん記事の内容が素晴らしければ成約に結びつく可能性もあります。

この辺は文章力や内容次第といったところでしょうか。

まとめ

無料ブログのメリット

  • 始めたばかりでもアクセスを集めやすい
  • 無料で始められるので、ブログとはどういったものかを知ることができる。

無料ブログのデメリット

  • 広告が挿入される
  • せっかく書いた記事が消える可能性も否定できない。
  • キーワードによっては永遠に検索上位に表示されないこともありえる


トラック野郎がパソコン1台で稼ぐ方法と順序