運送会社で働くドライバーに最も適した副業を考察

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックドライバー理想の副業

運送会社で働くドライバーに最も適した副業を考察してみました。

ちなみに「最も適した副業」のここでの定義は、やればやるほど収入が増えていく副業を指します。時間給のアルバイトのように1年で時給が10円とか100円上がるようなちゃちな増え方でなく、もっと爆発的に増えるものとします。

でお金を稼ぐ副業と聞いて私がまず思いつくのは以下の7つくらいです。

ドライバーにとっての副業と将来性

  • 他の会社でアルバイトとして働く掛け持ち 将来性×
  • アフィリエイト             将来性◎
  • ドロップシッピング           将来性○
  • オークション転売            将来性×
  • 投資関連                将来性△
  • ギャンブル               将来性×
  • クラウドソーシング           将来性◎

また思いついたら更新していきたいと思いますが、この中でどれがドライバーにとって最も適した副業でしょうか。

他の会社でアルバイト等をしての掛け持ち

Wワーク

言うまでもなく身体的にかなりしんどいことになります。本業の会社からバイト先の会社までの移動時間もありますし、睡眠時間も確保する必要があるので自由に働ける時間なんて限られています。

続けるほどに昇給していくかといえばそうでもありません。むしろ続けるほどに体を壊すリスクが高まるので、2社以上かけもつのは理想の副業ではありません。

私の知らないだけで、中には時給1万円のような仕事もあるのかもしれませんが求人誌ではまず掲載されていませんし特殊なコネがなければ就業することは不可能でしょう。(というか裏が絶対ありそう)

やりがいを求めるなら全然ありですが、高収入を得るための副業とはとても言えません。

アフィリエイト

アフィリエイトの7性質

自宅でコツコツと空き時間に作業できるのが強みです。(外出先でスマホのみでアフィリエイトもできます)人に使われるわけではないため、義務感から仕方なく働くような強制の類ではありません。

性格によってはついつい怠けてまったく収益にならないこともしばしばあります。ただしひたすら続けることによって得られる収入は計り知れません。

自分の体を酷使しなくても半自動で収入を得続けることも可能ですし、その収入額も継続することで上がっていくのでドライバーの副業としては適しています。

月収1000円⇒月収1万円⇒月収10万円⇒月収100万円・・・といった感じでトータルの収入はもちろん増えますが、月単位や年単位でみた収入も続けるほどに増えていきます。

ドロップシッピング

ドロップシッピング

アフィリエイトと同様に続けることによってどんどん収入は増えていきます。作ったサイトに集客し収益化していくという点では全く一緒です。

未経験者がアフィリエイトとドロップシッピングのどちらを始めようか迷っている場合はアフィリエイトをお勧めします。

というのもドロップシッピングで初心者が稼ごうと思ったらそれなりの資金が必要だからです。

多くの場合はもしもドロップシッピングなどに登録しテンプレートを使っての構築になるかと思います。

手軽にネットショップを構築できるのはいいのですが、扱う商品は数十~数百種類というのが普通です。それら1点1点に詳細な商品紹介ページを用意するとなるとかなり骨の折れる作業になります。

実際に商品を購入し完全オリジナルな記事を量産していく場合の出費もばかになりません。かと言って口コミやレビューサイトから適当に情報を拾ってリライトするのでは、単にありきたりな記事を量産しているに過ぎません。

上級者ともなればリライトしつつもオリジナリティの高い記事を書くことは容易でしょうが、始めたばかりのトラック野郎にはなかなかできないことです。

つまりドロップシッピングで初心者が稼ごうと思ったら、PPC広告を仕掛けるなり、商品を購入してとことん詳しくなる、などとにかく初期投資が必要になります。簡単にネットショップを構築できるものの、ある程度お金をかけなければ集客はまずできないと言ってもいいかと思います。

またネットショップという性質上、ドロップシッピングで扱うのは商品のみ。サービスや情報は売れません。(ゲームの無料登録とかサイトへの登録案件は不可ってことです)

それに通販大手のアマゾンや楽天。その商品数や知名度は圧倒的で何の戦略もなしにネットショップを開業しても、到底勝てるわけはありません。

この点でアフィリエイトとドロップシッピングを比較するとアフィリエイトに軍配が上がるかと思います。

オークション転売

オークション転売

基本的な考えは安く仕入れて高く売る。Aというオークションで仕入れた商品をBというオークションで色を付けて売る。これがオークション転売の基本です。

もちろん「せどり」のようにブックオフなどリアル店舗で仕入れてオークションで売るような行為もオークション転売と言ってもいいです。

ただ買値より高く設定しなければ赤字になりますし、不人気商品をチョイスしてしまった場合は買い手がつかない、在庫だけが残るというリスクもあります。売れた場合の梱包や発送も自分で行わなければならないので非常に面倒です。

続けることによる収入アップも、かけた時間の割には満足な結果にならないことが多々あります。買値より安く売ることは誰でもできますが、高く売ることは非常に難しいです。

オークション転売を稼ぐのを目的に続けるのは非常に効率が悪いし将来性はありません。(アカウントの売買履歴はしばらく残るし、新規だと印象も悪いです)

もしやるなら実績を作りノウハウを公開して収益化していくのを目標にすべき。オークションでノウハウを販売している方、たまにいますよね。

投資関連

投資

投資にはリスクはつきものです。株の現物買いなら含み損を抱えても決済するまで損が確定するわけではありませんが、あまり気持ちのいいものではありません。(含み益に変わるまで持ち続けるのは自由資金が拘束されている状態で、投資とは名ばかりの金庫預金みたいなものです)

これが信用取引やFX、CFDなどでレバレッジをかけての取引なら含み損を抱え続けることで市場から退場するリスクが付きまといます。

要するに短期間でお金を稼げるメリットはあるものの、逆に自由に動かせるお金が減ったり、総資産が減るといったデメリットが多分にあります。

副業と呼ぶにはあまりにも不安定な不確かな収入源になります。株とかFXでコンスタントに稼いでいる人間なんて一握り。誰でも絶対稼げるノウハウなんて存在しません。

ギャンブル

ギャンブル

パチンコやスロット、競馬や競輪、ボートレースなど多種多様なギャンブルがありますが、すべてに共通するのが控除率の存在。

胴元の取り分とでもいいましょうか、ベットした時点ですでに手数料を払っていると考えて問題ないです。

やればやるほど手数料を支払っていくことになり、大勝しても手数料分を相殺してプラス収支に転じることが困難になっていきます。プロギャンブラーのような1部の例外はあるかもしれませんが、運送業との掛け持ちで安定収入が得られるほど甘い世界ではありません。

トラックドライバーが唯一ギャンブルで大きく稼ぐ方法は、少ないゲーム数で大勝ちして2度とやらないといった勝ち逃げ戦法しかありません。

以上の性質からギャンブルは到底ドライバーの副業にはなり得ません。

クラウドソーシング

クラウドソーシング

自宅にいるときの空き時間を収入に変えられるのが最大の魅力です。2つの運送会社を掛け持ちして働いているようなドライバーにはクラウドソーシングを推奨します。

会社に雇用される立場の者にとって通勤時間ほど無駄な時間はありません。

通勤中の電車の中で本を読んだり、車の中でラジオを聴いたりと充実した通勤時間を過ごしているという方もいるでしょうが、単なる自己満足で確実に収益化できている方は一握りのはずです。

運送会社では働いた(拘束された)時間に見合った賃金が支給されるでしょうが、クラウドソーシングでも同様にこなした案件の数が賃金として支給されます。

案件の種類もブログやサイトの記事作成代行やバナーの作成など簡単なものから、システム開発やアプリ開発の案件といった高難度のものまでさまざまです。(当然専門的な分野ほど高収入になります。)
クラウドソーシングって何?
いくら走ろうが収入アップもスキルアップも望めないドライバーより、続けるほどに知識が増え収入アップに直結するクラウドソーシングのほうが将来性は圧倒的に有望なためドライバーに最も適した副業に勝手に認定します。

まとめ

運送会社勤務のドライバーに最も適した副業はアフィリエイトとクラウドソーシングで次いでドロップシッピングという結論になりました。

アフィリエイトやドロップシッピングは長期目線での収益化。クラウドソーシングは短期目線での収益化ですが続けるほどにスキルアップできます。(スキルアップ要素が皆無な運送業より遥かに効率はいいです。)

クラウドソーシングでスキルを磨くのと並行してサイトやブログコンテンツを拡充させていくのが正しいトラックドライバーの副業で稼ぐ姿勢だと思います。
トラック運転手で月収100万円以上稼ぐ
運送業に合った副業と稼ぐ仕組み作り
パソコン1台で稼ぐ具体的な方法と手順

運転手年収