Google Adsenseとは?初心者でも分かる仕組みや特徴の解説

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

google adsense 特徴や使い方

Google Adsense(グーグル アドセンス)とは自分の所有するウェブサイトを手軽に収益化できるクリック型の広告配信サービスです。

読んで字のごとくGoogleが提供するサービスです。日常会話でアドセンスと言ったらGoogle Adsenseのことを指すくらいメジャーです。アフィリエイターなら必ず登録しておくべき必須サービスと言えるでしょう。

今回はGoogle Adsenseの仕組みや特徴について説明していきたいと思います。

Google Adsenseの仕組み

商品やサービスを売りたい広告主が、Googleに広告の出稿依頼をして、アフィリエイターが自分のサイトに掲載する。

商品やサービスが売れれば広告主は儲かるし、Googleも儲かり、アフィリエイターも儲かる。全員が儲かってハッピーみたいなこの構図は、ASPと全く同じです。

アドセンスに登録することで、直接広告主とのやり取りをすることなく広告を掲載できるし報酬を受け取れます。

売りたい広告主、仲介するASP、紹介するアフィリエイター

売りたい広告主が広告を作成し、仲介するASP(Google)が、紹介したいアフィリエイターに広告を提供する。アフィリエイターは自分のサイトに広告を掲載する。

アフィリエイターのウェブサイトにアクセスしてきた人が、広告のクリックなどのアクションを起こすことで収益が発生します。

その際の支払いはGoogle側から行われます。広告主とのやり取りは一切ありません。

Google Adsenseの特徴

大きく分けると3つの特徴があります。

  • どんなサイトも簡単に収益化できる。
  • サイトの審査が厳しい
  • 利用規約が厳しい

どんなサイトも簡単に収益化できる

どんなサイトと言っても、もちろん審査に通ったサイトのみです。

他のASPのように、広告クリック後の購入やサービスの申し込みといった、2つのステップが不要だからです。

Google Adsenseで扱われている広告は、「クリックで収益になるもの」「表示されるだけで収益になるもの」の2種類しかありません。

さらにサイトのコンテンツに沿った広告がコードを貼り付けるだけで自動で表示されるので、自分で広告を取得し配置する手間もありません。

サイトコンテンツに沿った広告=クリックされる可能性も高いというのも強みです。

盆栽のサイトとか、ラーメンの食べ歩きブログのような、コンテンツにマッチした広告を自分で見つけるのが困難なサイトでも収益化できます。

要するに、審査に通って広告コードを自分のサイトに貼り付けさえすればいいので、「いかにアクセス数を増やすか」それだけに専念できます。

サイトの審査が厳しい

Googleと言えば超大手企業です。広告を出稿したいと考える企業や個人はたくさんいます。

どんなサイトにも広告の掲載許可を出した場合、サイトの中身次第では広告主のイメージを害する可能性があります。

他のASPを利用して広告を掲載する場合は、

  1. ASPに登録するための審査
  2. 掲載したい広告の広告主の審査

この2つの審査があることがほとんどです。

ですからASPに登録する際の審査は結構甘めで、広告掲載許可は広告主さんお願いします的なスタイルです。

対してGoogle Adsenseは登録の審査しかありません。

広告主による審査がないため、Googleが全権を握っています。

低品質なサイトとか広告主のイメージが悪くなるようなサイトに広告を出すということは、Googleにとっても信頼を失うことにつながります。

サイトの審査が厳しいといってもあくまで他のASPと比較した場合です。

普通にサイトを運営していればまず審査には合格できるそんなレベルです。

むしろ他のASPの審査が甘すぎるのか・・・

利用規約が厳しい

自分で広告をクリックしてはいけないとか、友人に頼んでクリックしてもらってもいけないとか、他のASPでもよくある利用規約はGoogle Adsenseでも健在です。

それに加えて1ページに広告は○個までとか、いろいろ厳しい規約があります。

Googleは検索ユーザーに有益な情報を提供するサイトを望んでいます。

あまり広告ばかりだとコンテンツが薄くなり、ユーザーの利便性も低下しますのでこれも納得ですね。

利用規約に違反すると最悪の場合Google Adsenseの利用ができなくなりますので注意が必要です。(俗にいうアカウントの停止ってやつです)1度アカウントを停止されたら復帰はほぼ不可能といってもよいです。