比較形式のサイトでアフィリエイトする

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

比較形式のサイトでアフィリエイトする

アフィリエイトサイトやブログを運営するにあたって、サイトの見せ方というのはいろいろあります。

その中で割ととっつきやすいのが比較形式のサイト構成です。

比較形式のサイトとは、同一系統の商品やサービスを比較して紹介していくサイトのことです。

1商品1サイトのレビュー系よりもページにボリュームが出やすいため検索で引っかかる可能性が高まります。

ブログ形式で紹介しているアフィリエイターさんはあまり見かけません。

というのも日々更新してコンテンツを蓄積させていくような性質のものではなく、サクッと完結させて放置というのが定番スタイルだからです。

ということで、このページでは比較形式のサイトで稼ぐ方法について説明していきます。

比較系サイトのよくある構成

まずは紹介する商品かサービスを複数選定します。

当然ながら比較できるような同一ジャンルのものである必要があります。

ゲームソフトと健康食品では比較のしようがないですもんね。

では健康食品の分野で勝負すると仮定しましょう。

商品Aと商品Bの比較サイトのよくある構成例は以下のようになります。

  • 商品Aのレビュー記事
  • 商品Bのレビュー記事
  • 商品Aと商品Bの比較記事

比較サイトの構成例

トップページに商品Aと商品Bを比較した記事を配置し、それらのアフィリエイトリンクも配置。

商品Aと商品Bについてのレビュー記事をそれぞれ用意し、商品のアフィリエイトリンクも用意する。

トップページからそれぞれのページへ内部リンクを送る。

こんな感じで展開していくのが比較サイトのよくある構成例です。

比較する商品が3つ、4つ・・・でも構いませんし、商品に限らずサービス系の比較でも構いません。

レビュー記事についての詳細はこちらをご覧ください。

レビュー系のサイトやブログで稼ぐ
レビューとは簡単に言えば評価するということです。 商品なら商品を使ってみて感じたこと、サービスならサービスを実際に使ってみた感...

比較系サイトで稼ぐ方法

商品Aを買うか、商品Bを買うかで迷っている人を集客できれば、比較の記事の出来次第で売れるかどうかが左右されます。

迷っている人の背中を押すような効果的な比較方法をとるのは、なかなか難しい課題ではありますが、多くのアフィリエイターが比較の要素として取り入れているのは以下の4点。

  • 人気があるのはどっちか?
  • 値段は?
  • どんな効果が得られたか?
  • メリットやデメリットは?

これらの要素を取り入れつつも、別の切り口からも比較していくのが効果的かと思います。

  • 20代に人気なのはどっちか?
  • アマゾンで買ったらどっちが安いか?
  • 神奈川県では商品Aのほうが人気です

いろいろな切り口から比較して他サイトとの差別化をはかっていくと売れやすい比較サイトになります。

ただやはりある程度の商品知識が必要になってきますので、先に1商品1サイトのレビューサイトを量産し、いろいろな商品に対する知識を深めてから、まとめとして比較サイトを起ち上げた方が中身の濃いサイトが作成できます。

最後に注意点として商品Aと商品Bどちらかに優劣をつけなければなりません。

商品AもBもおススメでは、迷っている人の背中を押すための比較サイトなのに何も解決していませんね。

ですから必ず優劣はつける必要があります。

そんなことしたら片方しか売れないのでは?

と思うかもしれませんが、そのサイトはそれでいいのです。

比較サイトも割と量産しやすいので、1つの比較サイトでは商品Aを押し、また別の比較サイトでは商品Bを押す。

あとは両比較サイトが似たようなコンテンツにならないように、一方でAの優れている点を強調し、Bはほどほどに紹介。

もう一方でAはほどほどに、Bの優れている点を強調して紹介するというスタイルを取っていきます。