ブログやSNSでの情報発信の始め方

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から始める情報発信

日々の生活でわたしたちはさまざまなことを学びます。先日アジを三枚におろしました。

普段料理をする人にとっては何でもないことかもしれませんが、わたしにとってはいろいろ勉強になりました。

仮にこの情報をネットで発信したとすれば必ずどこかに必要としている人がいます。

多くの人に当たり前のことであっても、日本人全員が知っている情報なんてそうそうありません。

こういった日々の学びや経験を発信し続けることが正しい情報発信の在り方であります。

「ネットビジネスで年収1億円」とかよく耳にしますが、これ情報発信を続けた結果です。

ただ多くの人は情報発信をしないまま(あるいは方法を知らないまま)日常生活を送っています。これは非常にもったいないことです。

人間は忘れる動物です。せっかくよい経験や学びをしてもいずれ忘れてしまいます。しかしネットで発信しておけばその情報は自分でいつでも閲覧できるし、名も知らない誰かの役に立つことだってあります。

ということで今回は情報発信する方法について語ります。

情報発信する方法

情報発信の方法

大きくわければ2通りしかありません。初期投資なしの無料で始めるか、初期投資して有料で始めるか。これだけです。

無料の場合は文字通り1円もかかりません。ただ無料ゆえのデメリットもありますが、初心者にはおすすめです。

一方、有料の場合はこれといったデメリットもなく、慣れてきたら有料に移行するのが普通です。(有料と言っても月額換算1000円程度)

無料で情報発信する

アメブロとかFC2ブログ、ライブドアブログといった無料のブログ作成サービスが考えられます。

サービスを提供する会社に個人情報を入力してユーザー登録して使うのが一般的。

ただこの手のサービスはアフィリエイト禁止、商用利用禁止という規約があります。

違反している場合はせっかく書いたブログが削除される可能性があります。(実際わたし上記3ブログすべてで削除された経験あり)
無料ブログのメリット、デメリット

ここで注意してもらいたいのが、いかに情報発信しようが収益化の手段を知らなければ1円にもならないということ。

で、実際収益化しようと思ったら必ず商用利用に該当してしまいます。商用利用OKのところを利用するのが正しい選択かと思います。

おすすめはもしもアフィリエイトのさいつくA8ネットのファンブログです。

サイト作成のさいつく

もしもアフィリエイトが提供するサイト作成ツール。最高で35サイトまで無料で作れるさいつく。

大手ASPが運営するだけあって商用利用OK。削除のリスクがありません。

さいつくの利用には、運営元であるもしもアフィリエイトに無料登録する必要があります。

もしも公式サイト
さいつくの利点

ファンブログ
A8ネットが提供するブログ作成ツール。最高で5ブログまで無料で作成可能。

もちろん商用利用OK、アフィリエイトOK。こちらも削除リスクがありません。

利用には、ファンブログを運営するA8.netに無料登録する必要があります。

A8.netが運営するファンブログ

どちらも無料かつ削除リスクがありません。日々の出来事を綴るにはうってつけ。

有料で情報発信する

そもそも情報発信して誰でも閲覧できる仕組みというのは、サーバーとドメインがなければ始まりません。

パソコンやスマホで、任意のドメインを指定しサーバーへアクセスして初めてページが表示されます。

無料のブログサービスはサーバーとドメインをサービス会社に提供してもらって利用している状態です。

これを自分でお金を払ってサーバーとドメインを用意するのが有料で情報発信するということ。

サーバーとドメイン。いきなりの専門用語ですがいずれ必ず利用するときが訪れます。ここでは「ふ~ん」程度にみておくといいかもしれません。

初めてのレンタルサーバー選び方
ドメインとは

各種SNSでの情報発信

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど他にも無料で情報発信できる媒体はあります。しかしこれらはおまけ程度に考えておきましょう。メインで使うものではありません。

例えばツイッターを例にします。ツイッターを利用するにはまず登録。で情報を発信すれば確かにツイッター登録者ならば誰でも閲覧可能。しかし、ツイッターに登録していない者は閲覧できません。

そして最も重要なのが、今日投稿した内容が1年後に誰かに閲覧される可能性は限りなく0に近いということ。

1年後どころか1週間後に閲覧される可能性も0に近いです。ツイッターというのは今をつぶやくもので、過去の情報は軽視されがち。これはフェイスブックもインスタグラムも同じこと。

対してサイトやブログで発信した情報というのは検索エンジンを経由して、1年後だろうが5年後だろうが閲覧される可能性が十分にあります。

せっかく書いた記事ですから、貴重な情報として、いつまでも誰にでも閲覧できる仕様にしておきたいものです。SNSはこの点ちょっと向きません。

まとめ

まずは無料で削除リスクのない作成ツールを利用するのがいいです。毎日情報発信していくだけで、必ず何か発見や学びがあります。サーバーやドメインを契約するのは「ちと物足りない」と感じたその時です。

SNSは作成したサイトやブログにアクセスを流すための連動ツール程度に考えておけばよろしいかと思います。