ブログやホームページで記事を書くときのネタ切れ防止。カギはインプットからのアウトプット

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報のインプット、アウトプット

インプット・・・本やネット、他人との会話などから情報や知識を得ること

アウトプット・・・インプットした情報や知識を記事にしていく。

広義のインプットやアウトプットの解釈はもっと複雑ですが、ブログやホームページで記事を書く場合は単純に、得た情報や知識をもとに記事を作成していきます。

今回はインプットとアウトプットの重要性について説明していきたいと思います。

これを極めれば、記事を書くときのネタに困らなくなるどころか、書きたいことが多すぎて、

逆に時間が足りなくて困ることになるかもしれません。

記事を書くネタがなくて更新がストップしている方はぜひご覧ください。

ネタ切れになる理由

例えば読書が趣味の人が新規で自分の好きな本のレビューを書いたブログを起ち上げたとしましょう。

始めのうちは書きたいこと(アウトプットしたいこと)が山ほどあり、時間がいくらあっても足りないと思うはずです。

でも定期的に記事を投稿していけば、いずれネタはなくなります。

「もう書くことがない」いわゆるネタ切れ状態になります。

誰だって知識や情報に限りがあるのですから。

これがもし広告単価重視でその広告ジャンルに沿った自分の興味のないことについて書こうと思ったら、

数日でネタ切れになる可能性だってあります。

そういったネタ切れが起こるのは、自分の知識や情報をアウトプットするだけで、

インプットがおろそかになっているためです。

トップアフィリエイターとの違い

専業の稼いでいるアフィリエイターさんはほぼ例外なく毎日記事を書いて投稿しています。

しかも全てがクオリティーの高い記事です。

運営するサイトジャンルにマッチした情報を高クオリティーで毎日発信できるのはなぜでしょうか!?

それはアウトプットもするけれど同時にインプットもしているからです。

誰だって、インプットは一切せずにアウトプットだけをしていればネタはいずれ尽きます。

ひと昔前だったら、情報や知識は本や人から得るのが一般的だったのでしょうが、

ネット社会の今日では、誰でも気軽に情報を発信できます。

ネットでちょっと調べればいくらでも情報や知識は得られます。

アフィリエイトで相当稼いでいるトップアフィリエイターさんというのは必ず、

多くはネット、場合によって本や人から情報や知識を吸収しています。

対してネタ切れになる人というのは、インプットが不十分で、

アウトプットに重点を置きがちです。

インプットの重要性

自分の書きたい記事の分野に対する知識や情報が不十分では満足な記事は書けません。

仮に書いたとしても、検索ユーザーが知りたい情報を提供できるのか怪しいところです。

誰でも情報を発信できるこのご時世、自分と似たような情報を提供しているサイトなんて星の数ほどあります。

検索ユーザーからすれば求めている情報がより詳しく書かれているサイトの方が、

それだけ有益だし、また来ようと思うはずです。

検索ユーザーを第一に考えるグーグルからしても、より有益な情報が書かれているサイトを評価します。

つまりより良い記事を書こうと思うなら、自分の頭の中にある知識をアウトプットするだけではなく、

他人のウェブサイト、本、他人との会話などから情報収集する、インプットすることが非常に重要であると言えます。

人の情報の盗用、丸写しはNG

上位表示されているウェブサイトの情報をコピー、売れている本の情報を丸写して、

自分のウェブサイトに掲載する。

これはもうモラルがどうとかいう前に犯罪です。

インプットの方向性を間違ってはいけません。

あくまで情報を閲覧し、自分の中で1度考え情報を消化しなければなりません。

誰だって、生まれた時から情報通だったわけではありません。

上位表示されるサイトの運営者、有名な本の著者、

必ずどこかで情報をインプットしています。

その情報を自分の中で考え消化して発信しているのです。

考えて消化することによって、それは自分の知識になります。

知識+自分の体験、経験談をGoogleは求めている

情報をインプットし自分の中で考えることによって、

自分の知識にはなるのですが、100人が同じサイトを閲覧しそれぞれ情報を発信したとすればやはり似たようなコンテンツになってしまう場合もあります。

でもそれに自分の体験談や経験談を混ぜることによってオリジナル性の高い記事が生まれます。

例えば、育毛剤について何も知らない人が育毛剤のアフィリエイトをしようと思った場合。

まずやるべきことは、ネットや本、人から情報収集することです。

ここまでは当たり前かと思います。

しかしどうしても、これだけでは他と似たようなコンテンツになってしまいます。

なぜなら体験談や経験談がないからです。

育毛剤について知らない人がインプットした情報以上のことを書こうと思っても、

知らないのですから書けるはずがありません。

結果インプットした情報内からしか引き出しがないため、他と似たコンテンツになってしまいます。

ですから重要なのは育毛剤を実際に購入して使ってみる。

その使用感や使用方法、後日談なども一緒に書くことで、他人には真似することのできない

オリジナルなコンテンツへと進化していきます。

当然グーグルからの評価も高くなっていくでしょう。

まあ育毛剤を例に挙げてみましたが、どんな商品やサービスでも同じで、

実際に購入、利用してみることで、自分だけの体験や経験をすることができます。

自分の体験や経験を交えた記事は誰にも真似することはできないし、

検索ユーザーからしても貴重な情報源となります。

まとめ

ネット社会の今では、あらゆる情報が日々発信、更新されています。

自分が情報を発信しようと思っても必ず先駆者がいます。

そういったライバルよりも検索上位表示を目指すのであれば、情報の質で勝たなければなりません。

つまりライバルにない武器が必要です。

自分の体験談や経験談はその武器になりえます。

単にインプットした情報を自分のなかで消化するだけでも、記事を書く際のネタには困りませんが、武器を持つことでその効果はより一層高まります。

記事のネタに困っている方はぜひインプットを重視してみてください。