リンクとは何か

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンクとは何か

普段何気なくネットサーフィンしているという人でもリンクとは何か意外に知らない人もいるのではないでしょうか。

ネットサーフィンしている時点で必ずリンクをクリックしているのですが、うちのおかんクラスになるとリンクという言葉を知らずしてインターネットをしているわけであります。

トラックドライバーがアフィリエイトをするなら知っておいて損をすることはないので、このページではリンクとは何かについて説明したいと思います。専門的なことは省いていますので知っている人は閲覧の価値無し。

ページ移動の際には必ずリンクをクリックしている

全てのウェブページにはURLというそのページが保管されている場所(住所のようなもの)が必ず設定されています。

例えばこのページで言えば「afi-tra.com/link」という住所が設定されています。

別のページを見たい場合は、その入り口となる部分をクリックするはずです。クリック後に新たなページが開きますね。この元のページとクリック後に表示されたページをつなぐ役割をするのがリンクです。

ウェブページの集まりであるウェブサイトは必ずリンクでページ同士をつなぎ、1つの情報の集合体として機能します。

リンクとは

ウェブページだウェブサイトだと話が長くなってしまいましたが、要するにクリックすると別のページに移動できる手段だと思えば間違いないです。

Googleの検索エンジンで「アフィリエイト」と検索したとします。

検索アフィリエイトずらずらと検索結果が表示されます。この検索結果で表示された内容が1ページだと考えます。スクロールして見える範囲が1つのページです。

次の検索結果を表示させるために「次へ」をクリックすると、それはリンクを経由して新たなページへ移動したということです。

また検索結果で表示されたうちの1つのタイトル(青文字の部分)をクリックすることでも、リンクを経由して別のページへ移動したことになります。

文字のリンク

お金稼ぐ

こんな感じで、世間一般では別ページへの入り口だと分かるようにリンクを青文字+下線で表記します。青文字+下線の部分をクリックするということは、リンクを経由して別ページへ移動するということです。

別に法律で決まっているわけではありませんので、赤文字をリンクとして扱ってもいいし黄色でもかまいません。閲覧者が気が付かないかもしれませんが・・・

画像のリンク

別ページ移動の手段としてリンクを画像に埋め込んでいる場合もあります。つまり画像をクリックすることで別ページへ移動します。

ただの無地の背景だったり、人物の写真だったりをリンク(移動の手段)として扱うこともできます。

まとめ

最も分かりやすく簡潔にまとめると、リンクとはページ移動手段です。

ゲーム風に言えば、「クリックで発動する移動呪文」ってとこでしょうか。

なぜこんなことを書いたかというと、アフィリエイト攻略の鍵の1つが被リンクだからです。リンクではなく被リンクですよ。

被リンク攻略のための基礎知識としてリンクの説明をしてみました。

リンク関連

被リンク攻略