リトルサーバーでワードプレスを簡単インストールする手順

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リトルサーバーでワードプレスの簡単インストール機能を使うときの手順について紹介します。

大きく分けるとデータベースの作成、インストール先の設定の2手順です。5分もあれば終わるでしょう。下準備としてコントロールパネルにログインしておきます。

リトルサーバー コントロールパネル

ユーザーIDとパスワードを入力してコントロールパネルへログイン。

データベースの作成

1.ワードプレスをインストールするためにまずデータベースを作成します。

リトルサーバーデータベース作成

コントロールパネルログイン後、「各種設定」のデータベースをクリックし、データベース作成をクリックします。

2.データベースユーザーの設定

リトルサーバー データベースユーザー設定

次に決めるのがデータベースユーザー名とパスワードです。自分の好きな半角英数字を入力し、送信をクリックします。

3.データベース名を決める

リトルサーバー データベース名

最後にデータベース名を好きな半角英数字で入力し、データベースの作成をクリックすると完了です。

簡単インストール設定

1.データベースの作成が完了したら同じくコントロールパネルの「各種設定」上から4番目の簡単インストールをクリックします。

リトルサーバー ワードプレスインストールディレクトリ選択

WordPressのインストールをクリックし、インストールするディレクトリを作成します。例ではwpとしています。

同名のディレクトリを作成した場合、古い方が削除されますので注意が必要です。

量産が前提なら分かりやすい名前がいいです。

2.データベースの指定

リトルサーバー データベーステーブル接頭辞

ワードプレスをインストールしたいデータベースを選択します。(先程作成したものでOK)

テーブル接頭辞は1つのデータベースに複数のワードプレスをインストールするなら自分の分かりやすいものにしておき、1データベース1ワードプレスで運用するなら特に変更する必要もないかと思います。

3.入力内容の確認

リトルサーバー ワードプレスインストール内容確認

入力した内容に誤りがないか確認し問題なければインストールをクリックし、次の最終設定画面へ移行します。

リトルサーバー ワードプレスインストール最終設定

表示されたURLをクリックし、最終設定を行います。

4.必要情報の入力

ワードプレス 必要事項入力

サイトのタイトルやワードプレスユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。

※パスワードは長くて複雑なほどセキュリティ上よいです。

※検索エンジンによるサイトのインデックスを許可するのチェックを外すとインデックスされませんので、特に理由がなければチェックしたままでOKです。

※全ての項目はいつでも変更可能です。

最後にWordPressをインストールをクリックして完了です。
リトルサーバー申し込み方法と注意点
リトルサーバードメイン追加方法と注意点