運送会社勤務から軽貨物ドライバーへ転職して収入アップは望めるのか

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽貨物ドライバーの収入

私の働く運送会社に

独立して軽貨物ドライバーになろうかな

と考えている人間がいます。

その理由は今の会社の待遇面とか給料面に不満があるからだと思いますが、軽貨物ドライバーになればその不満は解消されるのか・・・

求人雑誌に月収50万円以上可能と書かれており興味を持ったそうです。

確かに額面だけ見れば一般的な運送会社よりも給料面では上回っています。

やることは運送業で今と変わらず、軽自動車だから小回りもきくし簡単に稼げるだろうと思いがちですが、そんなに甘いものではありません。

軽貨物ドライバーとは

軽自動車で荷物を配送するドライバーです。

運送会社の場合は、荷主から会社へ配送依頼が出され、お金のやり取りも荷主と会社間で行われます。

荷主とドライバーの金銭のやりとりはありません。

軽貨物ドライバーの場合は、荷主から直接ドライバーへ配送依頼がなされる場合と、間に仲介する運送会社が入る場合の2通りが考えられます。

求人雑誌に掲載されている軽貨物ドライバー募集の広告はほぼ後者です。

軽貨物ドライバーになるためには

自分の乗用車でお金をもらって配送してはいけません。

必ず陸運局に届け出を出し営業ナンバーを取得します。

逆に言えば営業ナンバーさえ取得できれば晴れて独立開業したようなものです。

(聞いた話によれば事務手続きに必要な書類を用意するのがめんどうなだけで特に資格は必要ないようです。)

いきなり企業相手は無謀

営業ナンバーを取得して配送しようと思っても荷主がいなければ始まりません。

コネでもあれば別ですが、昨日今日始めたばかりの人がいきなり企業に営業に行っても門前払いされるのが関の山です。

ですから多くの軽貨物ドライバーは、荷主から配送依頼を受けた運送会社から業務委託という形で仕事をもらっています。

当然、荷主が運送会社に支払った賃金を全額ドライバーがもらえるわけではありません。

いくらかピンハネされるでしょう。

荷主と直接契約できればピンハネ分も回収できますが、運送会社から業務委託という長い下積みを経てコネを作り、荷主と直接契約するのが普通です。
ピックゴーで経験やコネを作るという選択肢もあります

軽貨物ドライバーが月収50万円以上稼ぐには

軽貨物ドライバーが運転するのは軽自動車です。

どう考えたって、4トン車や大型車に比べ1度に運べる物量は少なくなります。

ですが実際、軽貨物ドライバーで月収50万円以上稼いでいる方はそこそこはいます。(運送会社勤務で50万円以上稼いでいる方はほぼいないでしょう)

なぜ物量が少ないのにそんなに稼げるのか?

答えは簡単で時間をかけているからです。

早朝から深夜までずっと走って配送し、積み込み→配送→積み込み→配送をひたすら繰り返します。

労働基準法?

独立開業して自分が社長のようなものですから、そんなの関係ありません。

自分の限界まで毎日配送する、軽貨物ドライバーで月収50万円以上稼ぐとは寝る時間以外すべて配送時間、そういったレベルです。

軽貨物ドライバーのデメリット

軽貨物ドライバーのデメリットは、一言でいうと1日が24時間しかないということです。

つまりどれだけやる気があろうと、時間の制約がある以上収入に限界があります。

地理に詳しかろうが、信号無視しようが配達できる数には制限があり、収入にも限界があるということです。確かに運送会社勤務に比べれば努力分がストレートに収入に反映されます。努力次第では軽貨物ドライバーのほうが収入が上回ることもあるでしょう。

でも月収100万、200万・・・は到底不可能です。それは軽貨物ドライバーという仕事が時間を売ってお金を稼ぐ性質だからです。

月3桁以上の高収入を得たいと思っている人にとっては、時間を売ること自体がデメリットになると言い換えてもいいでしょう。

結論

軽貨物ドライバーとして独立すれば運送会社の雇われより努力次第で収入は上回ることは可能。

ただしより時間的拘束は増える。

限りある時間を有効に収入へ変えていくには

人間誰だって寿命があります。

なかなか意識している人は少ないでしょうが、限りある時間を有効に収入へ変えていくには自分が働くのではなく、稼ぐ仕組みに働いてもらうのが絶対条件です。

初めに稼ぐ仕組みを構築していくのに時間はかかりますが、収入には限界がありません。

同じ24時間で、ひたすら配送に明け暮れる者と、コツコツ仕組みを作る者、最後に笑うのは仕組みを作った者だと強く確信しています。