ブログやホームページの1記事あたりの適切な文字数は?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1記事の適切な文字数

ブログやホームページで記事を投稿するときに考えがちな文字数。

文字数が少ないよりも多い方が、多くの情報を提供できるので、文字数はより多い方がいい。こう考える方も少なくはないでしょう。

間違えではないのでしょうが、目的を忘れてはいませんか!?

今回はブログやホームページの1記事あたりの適切な文字数について語っていきたいと思います。

グーグルの目的

グーグルの目的はなんでしょうか。

検索したユーザーの「知りたい」、「悩みがあるから解決したい」、そういった欲求を満たすサイトを提供することですよね。

検索ユーザーが情報を探しやすいようにご丁寧にも有益な情報が書かれている順に掲載してくれます。

「上位に表示されているサイトほどあなたが知りたい情報が掲載されていますよ」

そういわんばかりに。

しかし上位に表示されているサイトほど長文というわけでもありません。

10000文字のページが1000文字のページよりも検索順位が下、そういったこともよくあります。

これは文字数よりもコンテンツの内容を重視している証拠ですよね。

言い換えれば、文字数が少なくても検索ユーザーのニーズに合致さえしていれば、評価されるということです。

アフィリエイターの立場

グーグルが検索ユーザー第一主義である以上、アフィリエイターも検索ユーザー第一主義で記事を書いていく必要があります。

例えば「ダイエットサプリ 低価格」という検索ワードで検索した人がいるとします。

このユーザーは、ダイエットサプリを買うことが前提で、より安いダイエットサプリを探しています。

それに対して自分の書いた記事が、効果的なダイエットの方法や肥満によるデメリット、最後にお勧めのダイエットサプリを紹介するものであったら、記事の大半の内容は検索ユーザーにとって不要なものであると言えます。

最悪目的の情報が見つけられずに、このサイトは二度と見ないぜと思われるかもしれません。

このユーザーが求めているのは、さまざまなダイエットサプリの商品画像と価格が一覧で表示されているそんなサイトです。

ですからアフィリエイターの立場からすれば、とあるキーワードで検索したユーザーが何を知りたいのか、何を求めているのか、常に意識しなければなりません。

適切な文字数

具体的に何文字が必要かを考えるのではなく、目的は検索ユーザーの欲求を満たすことです。

ユーザーの知りたい情報について、十分な情報が提供できているのであれば、そこまでの文字数が適切な文字数です。

要するに1000文字だろうが、10000文字だろうが、ユーザーの知りたい情報が的確に掲載されていればユーザーは満足します。

ユーザーが満足すれば必然的にグーグルからの評価も上がります。

1記事あたりの必要な文字数は、ユーザーが悩みを解決できるなら何文字でもよい。

というのが私の結論です。