あなたは伝説のブログサービス「みんブロ」を知っていますか。実は稼ぐヒントが隠されています

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなのブログ

今から遡ること12年。2005年に大流行?したみんなのブログ(通称みんブロ)というブログサービスをご存知でしょうか。

2005年といえば「ブログ」が流行語大賞にノミネートされた年でもあります。世間一般にブログという言葉が浸透し、ブログを始めた方も多いのではないでしょうか。それに応えるかのようにさまざまな企業がブログサービスを展開してきました。

今回はそんな当時流行したブログサービスの1つである「みんなのブログ」を知り、現代のブログ運営に役立てていこうというお話です。

みんなのブログとは

FC2ブログの1年後輩にあたる存在で、数多く存在したブログサービスの中ではそこそこ有名な存在だったと記憶しています。

どこの会社が運営していたか会社名は忘れました。現在Googleで検索してもそれらしいブログサービスは表示されません。おそらくサービス終了したかと思います。

当時はスマホなんてなく、みんブロユーザーは全員ガラケーかパソコンで記事を書いたり閲覧したりしていました。カメラ付き携帯は存在したので、記事と言えばテキストと画像のみのシンプルなものでした。テンプレートも1種類のみで誰でも似たり寄ったりのブログの出来上がり。(背景色は変更できた)

収益化方法

ブログを収益化する方法は以下の2通りしかありませんでした。

  • アクセス数に応じて換金できる
記憶が定かではないですが、10アクセスで1円だったか、100アクセスで1円で1000円から換金可能だったかと思います。支払いはブログ運営会社が行います。同じ人間が1日に何度アクセスしても1アクセスで、日をまたぐとリセットされる仕様でした。
  • お小遣いサイトの交換登録
お小遣いサイト、いわゆるポイントサイトの紹介ではなく交換登録です。当時はHTMLの知識がないとまともにサイトなんか作れませんし、みんブロ自体がURLの貼り付けを禁止していました。ですから皆フリーメールでアドレスを取得し、「このサイトに登録してくれたら、あなたの紹介したいサイトも登録します」みたいなやり取りをしていたわけです。

どちらを選択してもまともな稼ぎにはなりませんでした。なぜか?

ブログ人口が圧倒的に少なかったためです。検索流入なんてものは当然なく、みんブロに登録しているユーザー以外に閲覧者がいない状況。1日の訪問者ランキングトップでも200アクセス程度が限界でした。

主な人を呼び込む手段

当時はツイッターやフェイスブック、YouTubeなどのSNSもありません。そして検索エンジンからのアクセスもありません。ではどうやって閲覧してもらうのか?

これには3パターンしかありませんでした。

  • 各種ランキングからの流入

アクセス数ランキング、コメント数ランキング、お気に入りランキングという3つのランキングがみんブロトップページにあり、誰でも目に付く状況でした。アクセスランキングは前日のアクセス数の多かった順、コメントランキングは前日のコメントの多かった順、お気に入りランキングはお気に入り数の多い順。

  • 新着記事からの流入

こちらもトップページから記事を投稿した順に表示される仕様でした。もうそれこそ1行程度の短文を日に100回とか投稿する猛者もいました。

  • コメント返し

記事にコメントをくれた人にはコメントを返すという暗黙の了解がありました。この辺は現存する無料ブログサービスでも行われています。

コメントをする=自分のブログ記事にコメントが返される。ということで必然的に1アクセスになります。

まさに趣味のブログの典型だった

正直みんブロを稼ぐためにやっている人は皆無でした。前述したとおりマネタイズ方法がしょぼいためです。ほとんどの人は趣味でやっているようなものでした。(とにかく人に見てもらいたいとか、暇つぶしに誰かと絡みたいとか)

記事の内容なんか「ラーメン食べた」という1行の文だったり、猫の画像を貼って「うちのにゃんこ」と投稿したり、まさに誰得?と言わざるを得ない無法地帯でした。それでも新着記事からのアクセスがあるから皆平気で投稿していたわけです。

みんブロから学ぶべきこと

正直現在の無料ブログサービスで同じようなことをやってもアクセス自体はあるはずです。(ブログサービス内のみから)しかしアクセスがあるだけです。コメントすら貰えないでしょう。ブログを書くにしても目的意識を持つってのがみんブロから学べます。

ブログを始める理由は何でしょうか?

人と絡みたいから?それならばブログよりもインスタグラムが現在では最適です。「うちのにゃんこ」と投稿すれば何かしらアクションがあるでしょう。

稼ぎたいから?それならば誰かに役立つお役立ち情報を書くことです。当ブログのようにゴミ記事しかない悲惨な状況でも、無知なうちの嫁にはなにかしら役に立つ情報が含まれています。

重要なのは、その情報を必要としている人にちゃんと届けられるかってことです。現在ブログで稼ぐなら、情報を必要としている人を明確にし(ターゲット選定)、その人が悩んでいるまたは知りたい情報を提供する(キーワード選定)の2つをしっかり意識することが必須かと思います。