中古ドメインは買うな!口コミに躍らされると損をしますよ

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ドメイン口コミ

サイトやブログを長いこと運営していると次第に稼げるようになってきますよね。で、「そろそろ別のサイトやブログを起ち上げるか」っていう時期が誰でもあります。

そこで思うのが「せっかくだから中古ドメインで起ち上げてみようか」ということ。

世の中の口コミでは、「中古ドメインは上位表示しやすい。当たりを引けば、高い料金を支払っただけの見返りは得られる。ただハズレもあるからその辺は自己責任で」みたいな中古ドメインはうまくすれば稼げますよ的な考えが圧倒的。

じゃあこれから中古ドメインデビューしようと思っている人が1発で当たりを引けるか?って話で、そんなもの運以外のなにものでもありません。

ということで今回は、「中古ドメインは買うな!口コミに踊らされると損をする」というテーマで語りたいと思います。

そもそも中古ドメインの当たりって何?

世間一般には中古ドメインはアタリハズレがあると言われます。じゃあどういったドメインがアタリなのか?

これを説明する前に中古ドメインとは何かを知る必要があります。

中古ドメインとは

誰かが運営していたサイトやブログのドメインのこと。

あくまでドメインだけを引き継いで、新規でサイトやブログを構築していくことになります。前運営者のサイトやブログを引き継ぐものではありません。

中古ドメインを利用するメリットとして、それまでの運営実績が検索エンジンに評価される点が挙げられます。

記事をアップロードしたらインデックスされやすいとか、上位表示されやすい印象があります。

逆に中古ドメインのデメリットといえば取得料金が高い点。5000円くらいのドメインもあれば、10万円以上するドメインもあります。

で、料金が高いから良いドメインか?って話ですが、これはもう業者を信じるしかありません。そのドメインでどんなサイトを運営していたのか知るすべがありませんから。

普通の商品なら新品のほうが高く中古のほうが安いじゃないですか。だから新品の価格が分かれば中古の相場もなんとなく分かります。

ところがドメインの場合は、新品より中古のほうが高いのです。相場もなにもあったものではありません。完全に言い値ですよ。価格相応の価値があるのか調べる手段がないのが痛いところ。

では中古ドメインのアタリハズレはどう判断するのか?

一言でいうと感覚です。

記事をアップロードしてみて

「あれ?いつもよりインデックスされる期間が短いぞ」とか

「酒飲みながら書いた記事なのに上位に表示されているぞ」みたいな。

こういった場合はアタリドメインといえます。新規ドメインでいろいろサイトを構築している人にしかこの感覚は分かりません。

ハズレドメインの場合はすごく分かりやすいです。

「いつまでもインデックスされない」このパターンがハズレドメインの典型です。

前運営者がグーグルに検索ペナルティを受けて、その状態を引き継いでしまったということですね。わたしも6000円のドメインを買ってこのパターンを経験したことがあります。

面倒なのでやっていませんが、この場合はグーグルにサイト運営者が変わった旨を報告する必要があります。

中古ドメインでアタリを引いても効果は永続しない

中古ドメインのメリットは前サイトの評価を引き継げるということは前述しました。しかし一生その効果が続くわけではありません。

例えば、カーセンサーのサイトを例にします。車を買いたい人は1度は目を通しますよね。そのドメインを自分がGETしたとします。グーグルからすると「車について書かれたサイト」という認識があります。

当然それまでの運営実績がありますから記事を書けばすぐにクロールされインデックスされるでしょう。仮に「今日はラーメン食べました。」みたいなクダラナイ日記を書いても「おや?何か車とは関係ないけどユーザーにとって有益なのかもしれない」と判断され、新規ドメインで運営するより効果的。

でもユーザーにとって個人の日記なんてまったく興味がありません。有益かそうでないかはグーグル側にも分かってしまいます。長く運営するほどに過去の実績は薄れ、次第に既存コンテンツ相応の評価になります。

アタリドメインはスタートダッシュこそきれるものの、その後は結局コンテンツ次第。だったら新規ドメインで一所懸命運営しても同じことです。

まとめ

中古ドメインは古いほど、お値段も高い。(もちろん真面目に運営していたものに限ります)当然グーグルからの評価も高いです。

しかし値段が高いからこれに当てはまるドメインかは不明。実際にサイトを閲覧できて、「このサイトのドメインを売ります」みたいな売り出し方なら買う価値はありますが、サイトが存在しない状態でドメインだけ提示されてもなかなか買う気にはなりません。

すぐにアフィエイトリンクに直行するようなペラサイト以外の使い道は思い浮かびません。