オンラインカジノって稼げるの?パチスロとの違い

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインカジノとスロットの違い

オンラインカジノで遊べるギャンブルは、ポーカーやバカラ、ブラックジャック、スロット・・・と多岐に渡ります。今回はそのうちのスロットについての話です。

日本国内のパチスロ店のスロットと何が違うのかを深く掘り下げていこうと思います。

ちなみにわたしはスロット超初心者です。付き合いでしか行ったことがなく目押しすらできません。ついでに言うと、オンラインカジノのスロットも好奇心でプレーして10万円近く損しているビギナーです。(DORA麻雀はクッソ強いで~と負け惜しみを言ってみる)

オンラインカジノとパチスロ店のスロットの違い

はい簡単です。絵が違います。

日本国内のスロットは日本でヒットしたアニメや漫画やゲーム、ドラマなどをモチーフにした機種が多いですが、オンラインカジノでは一切ありません。北斗の拳やらエヴァンゲリオンは打てないのです。

代わりに知らないキャラが回転します。もちろん知っている人は知っているのかもしれませんが、わたしから見ると「何かキャラの絵が回転してるわ~」程度の認識です。とりあえず揃えればいいんでしょ的な。

原作とか元ネタを知っていれば稼ぐ以外の楽しみ方もあるのでしょうが、ことオンラインカジノに限っては、わたしの場合揃える以外の楽しみはありませんでした。

稼げる金額の違い

さて冗談はこのくらいにして、1番の違いは稼げる金額です。(正確に言うと稼げる可能性のある金額です)

日本国内のスロットだと万枚獲得で大勝と言えますよね?わたしの友人に「昨日20万円儲けた」と自慢してきた人がいます。1日で20万円稼ぐというのはとてもすごいことだと思います。

けれどもオンラインカジノの大勝の定義は違います。1日で億です。100倍近い開きがあります。実際わたしの周りにそんな人はいませんが、ネット上で調べると普通にいます。

なんというか夢がありますよね。今が良ければOKという金額と、将来を見越してOKという金額。その差は歴然です。日本のスロットだとトータル収支がマイナスなら取り返してプラスに持っていくのは困難。でもオンラインカジノなら1日で圧倒的プラスに早変わりする可能性はあります。

といってもあくまで「可能性がある」だけで実際に1日で億を稼ぐのは宝くじを当てるようなもの。夢のまた夢で現実的ではありません。

わたしならオンラインカジノでこう稼ぐ

わたしならオンラインカジノでこう稼ぐ

日本国内のスロットでは客として打つより、打たせる側(お店側)の方が絶対儲かります。近所の小さなパチスロ店が潰れるのは集客できていないからです。儲かる仕組みはどのパチスロ店でも整っているのに、集客できないがために電気代や人件費のコストで赤字になります。

大手のパチスロ店では大規模な無料の駐車場完備というところもあります。駐車料金を取れば儲かるのにそれをしない。ゲームで回収できる仕組みがあるから成せる業です。回収できる仕組みがあるということは、客が損をするということですよね。(もちろん100%損をすることが分かっていれば誰も打ちませんから、1部の人間には還元する仕組み)

オンラインカジノも同様です。カジノ提供側が儲かる仕組みが整っています。大部分の人間は回収されて終わります。(わたしもそうです)

客としてプレーするより胴元となった方が確実に稼げます。胴元となるには、海外にサーバーを置いてカジノのシステムを構築して営業許可を取って・・・とわたしには絶対無理です。

ではオンラインカジノで絶対に稼げる方法はないのか?

答えはNOで、損するリスクなしで稼ぐ方法はあります。

日本のスロットと違い、オンラインカジノの場合は紹介報酬が得られます。「このカジノいいよ」と人に勧めて紹介することにより、「紹介ありがとう」的な謝礼を得ることができます。これが世間一般でいうゲーミングアフィリエイトってやつです。わたしが取る稼ぐ手段はこれです。

リスクを負って客としてプレーするわけでもなく、知識や手間や初期投資が必要な胴元になるわけでもない。ただ「こんなカジノありますよ」と情報発信するだけです。お金もかからず手間も時間もかからない。発信した情報は1週間経とうが、1年経とうが永遠に有効。無期限無料広告をうてるわけです。成果が上がるかは努力次第ですが、ノーリスクで稼げる可能性があるのだからいいじゃないですか。