ペラサイトの特徴と作成時に意識すべきこと

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペラサイトの特徴と意識すべき作成方法

ペラサイトは一般的に1ページあるいは少数のページで情報が完結しているサイトのことを指します。

決して中身がペラペラというわけではなく、ページ数がペラペラという意味で使われています。ペラサイトとはよく聞きますが、ペラブログとはなかなか聞きません。

アフィリエイト初心者には打ってつけの手法というか方法でお馴染みです。まず最初にペラサイトを作ってアフィリエイトデビューしたという方も多いかと思います。

今回はそんなペラサイトの特徴と作成時に意識すべきことについて語りたいと思います。

よくあるペラサイトの構成例からみる特徴

1ページもののペラサイトで説明します。

ペラサイトの構成例まずは画面1番上にがっつり目を引くサイトタイトル内臓のヘッダーを置きます。

次いでアフィリエイトしたい商品やサービスに関連するような画像、テキストを配置します。合わせて購入ボタン(広告主サイトへのリンク)も配置するのが通例。

コンテンツ不足を補うために、見出しで内容を強調し、画像やテキストを盛り込んでいきます。

口コミやレビュー、評価や特徴、体験談なんでもありです。見出し+画像+テキストのコンボをネタが尽きるまで書きます。場合によっては見出しごとに購入ボタンを配置しているサイトもあります。

書くべきコンテンツを全て盛り込んだ後、ダメ押しの購入ボタンでフィニッシュ。

こんな感じで1ページを構成していくのがペラサイトの代表的な構成例だと思います。

※購入ボタンはボタン画像でなくともテキストリンクだったり、バナーリンクだったり人それぞれです。

※商品に限らずサービス関連プログラムでもOK。

ペラサイトの特徴

構成例から分かる通り、1商品(サービス)に関する記事で情報提供+購入や登録(広告主サイトへの誘導)までを1ページで行います。

「今まさにこの情報が欲しかった」

そういう人が閲覧すれば、情報GETから購入などのアクションまでが1ページにまとまっているので複数ページのサイトより煩わしいページ移動がない分、優秀なページになります。

問題なのはどうやってこのようなユーザーを集めるかということです。

ただやみくもに記事を書いてもなかなか思うようにユーザーは集まりません。サイト作成時に意識すべきことがあります。

ペラサイト作成時に意識すべきこと

ペラサイト作成時に意識すべきことは2点あります。

検索エンジン経由でアクセスを獲得していく場合、上位であるほど人を集めるのに有利であることは言うまでもありません。

しかし1ページしかないサイトで上位に表示させる場合、検索ボリュームの多いキーワードではまず不可能です。逆に誰も検索しないような需要のないキーワードでは例え検索1位に表示されても意味がありません。

なのでペラサイト作成時にまず意識すべきなのが狭い限られた世界で需要のあるニッチなキーワードでタイトルを構成することです。

あまりライバルのいないような、それでいて需要はあるキーワードを見つけます。

これが1点。もう1点はタイトルと記事の内容が合っていることです。

「ダイソンの掃除機を最も安く買う方法」

というサイトタイトルで、ダイソンの掃除機の性能や他の掃除機との比較は書いてはいけません。もちろん広告主のサイトへのリンクを掲載しておきながら、アマゾンで買うのが1番安いです。とか言ってもいけません。

タイトルを決めたら、そのタイトルに関することだけに特化して書き、広告主のサイトへ誘導するのが正しいペラサイトの在り方です。

思わずクリックしたくなるようなサイトタイトル

サイトタイトルと内容がマッチしたものであっても、検索結果に表示されたときに人の興味を引くものでなければ、他のサイトをクリックされてしまいます。

「ダイソンを使った感想」

というサイトタイトルよりも

「ダイソンを使って生きてて良かったと思った瞬間BEST3」

のほうが、若干興味をそそられますよね。

ペラサイトは1ページ勝負ですから、まず検索エンジンという関門を突破し、次にユーザーにクリックされるという2つの試練を突破してようやく収益が見込めるようになります。

ペラサイトのタイトルを

「ダイソン掃除機を最も安く手に入れる方法とは?」

のように疑問形にしておくもの1つの手です。

疑問に思った人がクリックして答えを見つけ出そうとするかもしれません。

もちろん記事の中身でその疑問を解決していることが前提です。1つの疑問をタイトルで提示し、記事内でそれを解消していくスタイルが定番スタイルといってよいでしょう。

ペラサイトの攻略コンテンツ


ペラサイトで稼ぐためのまとめ