ペラサイトの日本語ドメイン使用は計画的に|稼ぐための攻略法|

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペラサイトの日本語ドメイン

ペラサイトを作成するなら日本語ドメインで。こんな暗黙の了解がアフィリエイターにはあります。実際に日本語ドメインと英数字のドメインでは効果は違うのか?

多くのレジストラでは、「集客に強い日本語ドメイン」と売り出しているのでSEO上有利なのかもしれません。Googleで何か検索したときに上位表示されるサイトも、日本語ドメインのペラサイトだったりします。

集客に強いのか真偽は定かではありませんが、よく聞く日本語ドメインの攻略法についてまとめてみました。

タイトルと完全一致なドメインが良い

よく言われるのがタイトルとドメインは完全一致、あるいはキーワードがドメイン内に全て含まれているのが望ましいということです。某情報教材にもそう書かれています。

例えば、「アフィリエイトで稼ぐ」というペラサイトのタイトルであれば、「アフィリエイトで稼ぐ.com」や「アフィリエイト稼ぐ.com」のようなドメインです。

.comの部分は.xyzとか何でもいいのですが、とにかく日本語部分は例のように完全一致やキーワード全一致が基本のようです。こうすることで、同じコンテンツでも英数字のドメインより検索結果に有利に働くと言われています。

量産なら経費は安く抑える

1年目の料金は.comだと大体1000円はしますが、.xyzや.siteだと30円~で済みます。その差は30倍~40倍にもなります。

ペラサイトで稼ぐなら、.comで1サイト作るより.xyzや.siteで数十サイト作った方が、同じ経費でもはるかに効率がいいのは言うまでもありません。

「トップレベルドメインは安ければいい」そんな考えが主流です。

使用は計画的に

前述したように日本語ドメインは、サイトタイトルと一致して意味があるものです。逆に言えばタイトルと関係のない日本語ドメインは取得する意味がないわけです。

俺は「趣味でペラサイトを運営しているぜ」というならいいですが、アフィリエイト目的の運営なら、突然の広告主の撤退には気を付けなければなりません。スマホアプリ系なら配信終了とかよくあることです。

アクセスがあっても「収益化できんばい」といった状態に陥ります。タイトルに商標名を含めている場合(ペラサイトの場合はほとんど含めているでしょう)はモロにあおりを受けます。

かといって1度取得したドメイン名の変更は不可なので、タイトルを変えて新たなコンテンツに書き換えていくにも、タイトルとドメイン名がマッチしていないため無意味なものになってしまうかと思います。日本語ドメインを中古ドメインとして活用していくのは無理があります。

なのでペラサイトを日本語ドメインで運用していくのであれば、人気のある商品、知名度のある商品、実際に売れている商品などをチョイスしていく必要があります。