ペラサイトをワードプレスで量産するための必須レンタルサーバー

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペラサイトをワードプレスで量産する

気軽にカスタマイズ性の高いブログを構築できるのがワードプレスですが、1つブログを起ち上げるのに1つデータベースを使うのが一般的です。

1ページもののペラサイトを量産しようと思えば都度データベースを消費しますので、利用できるMySQLの数が無制限のレンタルサーバーを契約することが必須です。

今回はペラサイトをワードプレスで量産していくための必須レンタルサーバー(MySQL無制限)について語りたいと思います。

リトルサーバー

株式会社リトルネットワークが運営するレンタルサーバー会社。

まさにペラサイト量産にうってつけのレンタルサーバーといえるでしょう。(リトルサーバーには4つのプランがありますが、ヘビープランのみMySQL無制限です。)

以下リトルサーバーのヘビープランについて説明します。



ディスク容量

ヘビープランのディスク容量は500GB。

ペラサイトいやペラブログと呼ぶべきか!?では十分すぎるほどの容量です。

量産しすぎて容量が足りないなんてことには絶対なりません。

データベース容量は1つにつき1GBと制限があるようですが、まったく問題になりませんね。むしろ1ページ1GBを超えるようならパワーサイトを構築すべきですし。

転送量

そもそもペラなので転送量もディスク容量も気にする必要はないのですが、500サイト、1000サイトと量産していけば、1サイトごとのアクセスは少なくても気になる人もいるはず。

転送量に明示的な制限はないとのことですが、極端に多い場合は制限がかかる可能性もありえます。

とはいえ、1ペラサイト1MBで10人に閲覧され10MB。そんなサイトが1000個あっても1GBの転送量ですので転送量の心配も皆無でしょう。

ワードプレスの簡単インストール機能

正直ペラサイトは量産が命ですので、いちいちデータベースに手動でワードプレスをインストールなんてことは時間の無駄です。

当然リトルサーバーの全プランでワードプレスの簡単インストール機能が搭載されています。

記事を書くことに専念できます。

専有サーバー

1つのサーバーを自分1人で借り切るスタイルです。

共用サーバーと違い、サーバーの処理スピードが遅くなったり、サイトが表示されなくなるという心配もありません。専用ではあるもののサーバーの管理、保守はリトルサーバー側が行ってくれます。

気になる料金

リトルサーバーには4つのプランがありますが、MySQL無制限なのは最上位プランのヘビープランです。

1か月の利用料金は4980円ですが、長期契約をすることで実質の負担金額は減っていきます。1年契約だと月額利用料は実質3980円になります。

たばこ1カートン分の値段で、高性能なサーバーをレンタルできるのですから、非常に安いものです。

アフィリエイトする商品やサービスの報酬単価にもよりますが、月の成約1、2件程度ですぐに元がとれますね。

まとめ

ペラサイトはHTML形式で量産するのが世の常ではありますが、どのサイトも似たり寄ったりな出来栄えになってしまいます。

ワードプレスで構築し、テーマをいろいろ変えれば見栄えも変わりますし苦痛な量産作業も楽しいものへと変わるでしょう。

WordPressでペラサイトを量産する
リトルサーバー

リトルサーバー登録方法

ペラサイトで稼ぐためのまとめ