CBcloudのPickGoでドライバーに新たな収入源が生まれる!?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックゴーで新たな収入源

近頃、荷主とドライバーを仲介するシェアリングサービスが有名になってきました。

中でもわたしが面白いと思ったのが、CBcloud(シービークラウド)のPickgo(ピックゴー)という配送サービス。

といっても実際に登録したり利用したわけではありません。鼻ほじりながら何となくシービークラウドのホームページを見ていただけです。

ということで今回はシービークラウドさんの手がける配送サービス「ピックゴー」について誰得情報を晒したいと思います。

現在の運送業界

個人が「物を運びたい」と思ったら、宅急便とか佐川急便を利用するのが普通ですよね。

街を歩いている人に

「この荷物1000円で目的地まで運んでくれませんか?」

なんて交渉する人はいないでしょう。

これまでは個人が個人に依頼することはありませんでした。

また逆に、物を運ぶ仕事がしたいと思った場合、ヤマトや佐川に就職するのが普通です。(他の運送会社だってあるだろうが! というツッコミはなしの方向で)

街を歩いている人に

「1000円で何でも運びますぜ旦那。」

なんて営業している人は見たことがありません。

個人が物流で稼ごうと思ったら、やはり企業に属するのが普通です。

ピックゴーは個人と個人を繋ぐ

「実家にお歳暮を贈る」とか「ネットオークションで落札された品を落札者に送る」

こういった場合、必ず運送会社(企業)が1枚噛むのが普通です。

送り主→運送会社→受け取り主 こんな流れですよね。

で、この運送会社を選ぶときに、大手の宅配業者を選ぶ人が大多数のはずです。つまり選択肢がないに等しい状態。

近所の小さい運送会社に「これ運んでください」と頼む人はそうはいないでしょう。

ところがピックゴーを利用することで新たな選択肢が生まれます。

個人が個人に配送依頼をすることが可能になります。

副業に向いている

何か副業がしたいと思った場合にはピックゴーは最適かもしれません。

というのも登録さえしておけば、自分で仕事を選べるからです。派遣会社に登録しておいて仕事を探すノリと一緒です。嫌ならスルーすればいいだけです。

仕事は個人相手ですから基本単発。(法人の依頼もあるみたいです)この辺は長く安定して従事したい人にはデメリットですが、ちょっと空き時間に副業したい人にとってはメリットでしょう。ピックゴー専用のアプリもあるようですし、仕事の受注もスムーズにいきそうです。

ピックゴー登録に必要な条件は営業ナンバーを取得していること。あとは車両の持ち込みができることでしょうか。独立している軽貨物ドライバーや運送会社自体がエントリーしても面白いかもしれません。
運送会社から軽貨物ドライバーへ転職!収入は上がるのか?

ピックゴーの今後はどうなる

そんなもんわたしが知る由もありませんが、まだまだ認知不足といった印象。

可能な限り知人、友人に「ピックゴー知っているか?」と尋ねましたが、誰一人知っている人はいませんでした。

大手では真似できないコストで、いかに迅速に届けることができるかがカギになるのではないでしょうか。

「お歳暮の配送依頼?」ピックゴー以外にありえないでしょ。なんて時代がくるかもしれません。

思えばLINEだって、初めのころは「無料で通話できるアプリ」程度の認識でした。しかし無料で通話できるということを武器に認知度を爆発的に上げ、今ではうちのオカンでも利用しているレベル。東証1部にまで上場しました。

提供するサービスは違えど、ピックゴーも今後のサービス次第では、第二のLINEになりえるかもしれません。(あっ,第二のLINEはメルカリか)

運転手年収

コメント

  1. 神田 より:

    PICK GO 個人の人の発注は断るべき! 恐ろしいぼったくり
    手数料2割以上 システム上とかいうけど システム組んでいるのもピックゴー

    大阪東京間 65000円でエントリー で実際 振り込まれるのは 48000弱
    高速代9000 ガソリン代 12000円 で 帰りの荷物がなければ
    42000が経費の1部 車償却保険など入れると 大赤字
    人件費なんて問題外 なにが 個人の運送会社を助けるためにだ 最低の ぼったくり集団

  2. たかはし より:

    リアルな意見ありがとうございます。
    個人と個人を繋ぐのはまだまだ課題がありそうですね。現状、物流で稼ごうと思ったら運送会社で働くのが一番安心でしょうか。