レビュー系のサイトやブログで稼ぐ

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー系のサイトやブログで稼ぐ

レビューとは簡単に言えば評価するということです。

商品なら商品を使ってみて感じたこと、サービスならサービスを実際に使ってみた感想など。

1つの商品やサービスのレビューで1サイト使うこともあれば、複数の商品やサービスのレビューで1サイト使うこともあります。

この辺はサイト作成前に決めるどの広告で勝負するかによって変わってきます。

1つの商品やサービスでのレビュー

まず前提としてレビューがメインであって、ちょっと調べればすぐに分かるような事実を書くことも必要ですけど、あくまでおまけ的なコンテンツという認識が必要です。

例えば健康食品A(以下A)を紹介しようと思った場合。

「Aの成分は○○で価格は3000円です。」

一見知らない人が見たらナルホドと思う内容でも、こういった情報は広告主のサイトに全て書かれています。

ひねりのない事実の羅列では、Googleからの評価も低く上位表示はされないでしょう。

仮に上位表示されたところで売れません。

閲覧者が欲しい情報は、Aの効用や価格ではなく、それを使うことで自分がどう変われるかとかどういう恩恵があるのかというベネフィットの部分です。

これをレビューという形で最大限に訴求することで、自分だけのオリジナルコンテンツとなりGoogleからも評価され、閲覧者にも響くようになります。

アフィリエイト上級者ともなれば、実際にAを使っていなくても、うまく記事が書けるようですが、初心者のうちは実際に使ってみて、使用1日目、2日目、と毎日日記風に思ったことを書き綴っていくのが正しいレビューサイトの在り方だと思います。

複数の広告を掲載するならテーマは統一する

基本的な考えは1商品またはサービスで1サイトの考えと同じですが、テーマは統一しなければなりません。

例えば、

「わしはゲームの広告と健康食品A(以下変わらずA)の広告、両方掲載したいんじゃー」

と思った場合。

この場合のターゲットは、そのゲームに興味があり且つAにも興味があるという、とても酔狂な方ということになります。

ターゲットをピンポイントで絞ることは重要ですが、ピンポイントすぎます。

訪れる閲覧者は、そのゲームには興味があるけど、Aには興味がない。

あるいはその逆で、Aに興味があるけどゲームにはない。

こういった方が大半で、どんなに両方詳しくレビューしても

「なんやこのサイト、わしはゲーム(A)について知りたいんや。

関係ない情報書くな」

と思って早々に立ち去ってしまうでしょう。

ですから自分のサイトで扱う情報は1つのテーマに沿って書かなければなりません。

ゲームなら複数のゲーム情報のみ、健康食品なら複数の健康食品情報のみ。

どうしても両方レビューしたいなら別のドメインでやりましょう。

稼ぐためには切り口を変えて特化型を目指す

またまた健康食品A(以下A)を例にします。

記事のタイトルにAという商品名を入れる場合

「Aを使ってみた感想」

「Aを安く手に入れる方法」

こういった場合は閲覧者の大半がAという存在を知っているわけです。

すでにAを知っている人にとっては、それを使うことによって自分にどのようなメリットがあるのかが1番気になるところなので、詳しいレビュー記事を書いていけばいいのですが、Aの存在を知らない人は永遠にAのレビュー記事にたどり着くことはありません。(厳密にはあるのですが)

そこでタイトルの切り口を変えていきます。

Aというキーワードは出さずに、健康に関する別のキーワードで記事を書いていくのです。

この場合のターゲットはAは知らないけど健康に興味のある人です。

もっと絞ってもいいです。

適当ですが、「長生き」とか「癌にならないための生き方」とか。

一見、広告のない無駄記事に思うかもしれませんが、健康に興味のあるAを知らない人を集めることでAを知ってもらうきっかけになり得ます。

そうすることでAの成約につながる可能性が高まりますし、より健康を意識した盤石のサイトへと変貌を遂げるかもしれません。

掲載する広告は1つで良し

アフィリエイト初心者の方がよくやるのは、各ページ毎にアフィリエイトリンクを貼ることです。

こういったサイトはどうも売り込み臭が強くて嫌いな人が多いです。

逆にアフィリエイトで稼いでいる方のサイトは、アフィリエイトリンクを貼った商品紹介ページを1つ用意し、他のすべてのページはそのページに誘導するための布石みたいな構成が多いです。

どちらが効果的かはサイトの中身にもよるのかもしれませんが、アフィリエイト上級者の構成を真似るのも1つの手です。