さいつくでアップロードした記事を素早くインデックスさせる方法

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さいつくで作ったサイトを素早くインデックス化

さいつくでせっかく記事を書いてサイトを作成しても検索エンジンにインデックスされなければ検索結果に表示されません。まずアクセスはないです。

ぶっちゃけ放置していても、いつかインデックスされる日がくるかと思いますが、それがいつになるのか?明日かもしれませんし、1か月後かもしれません。

というわけで今回は、さいつくでアップロードしたサイトを検索エンジンに素早くインデックスさせる方法について語ります。ちなみに素早くといっても、数時間から数日かかる場合もあります。何もしないよりはマシって程度です。

fetch as googleを利用する

サーチコンソールを開きます。(あらかじめサイト登録しておく必要があります。)
さいつくで作ったサイトにサーチコンソールを導入する方法
fetch as google

画面左のダッシュボードのクロールの項目をクリックすると、クロール関連のお題が表示されます。そこにあるFetch as Googleをクリックします。

fetch URLリクエスト

さいつくでアップロードしたばかりの記事のURLを入力します。URLの確認はさいつくの基本情報を編集する画面や、実際にサイトにアクセスすることでできます。

情報取得

PCを選択し、取得をクリックします。

インデックス登録のリクエスト

取得完了後、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。すると「送信方法の選択」の画面になります。ここでは「このURLのみをクロールする」を選んでおけば問題ないです。最後に送信をクリックし完了です。

さいつくサイトインデックス化のまとめ

さいつくでサイトを作っただけでは不十分。検索エンジンの検索結果に表示されなければアクセスは見込めません。何もしなくてもそのうち検索結果には表示されるようになりますが、さっさとインデックス化されたほうが吉。

fetch as googleの1つの使い方として「おらおら、うちのサイトをクロールせんかい」。こんな感じでGoogle様にサイトの下見を請求できます。「いい記事が書けたぜ」と自信がある場合はサクッとインデックス登録のリクエストをしましょう。

これをやっておかないと検索結果に表示されるまでに相当時間がかかることもザラにあります。この長いインデックスの期間の合間に、ASPの広告主との提携を済ませておき、広告を掲載した状態にしておくこともできますね。

この辺は使い方次第といったところでしょうか。

余談

ちなみにSIRIUSやワードプレスやHTML手打ちのサイトではxmlサイトマップを送信してインデックスしてもらうのが普通かと思います。さいつくではこの方法はできません。