いらない本を売るおすすめの方法

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いらない本を売るおすすめの方法

みなさん本を読んだあとどうしますか。本棚に収納する?売る?捨てる?選択肢はいろいろあると思います。

私の持論ですが、本は情報を得るのが目的のもの。読み終わった本は役目を終えたマッチ棒と一緒。本棚に飾っていても、たまに読むかまったく読まないかのどちらかです。であるならあってもなくても変わりありません。

今回はいらなくなった本(読み終わった本)を売るおすすめの方法を紹介します。

本を売る手段

本を売る手段は大きく分ければ2通り。対面で売るネットで売るかのどちらかです。で、結論を先に述べると、わたしのおすすめはネットで売るです。ネットで売るといってもその手段もさまざま。そのなかでアマゾンで売るのがわたしのおすすめです。

ではなぜ対面で売らないのかをまず説明します。

わたしが対面で売らない理由

対面で考えられるのが、本屋で売るとか買取り業者に自宅に来てもらう方法。

本屋で売る場合は、本屋に持っていくのが前提。めんどうな上に必要以上に安く買い叩かれる可能性が高いです。ブックオフとかもうほぼ言い値ですもんね。

買取り業者に売る場合は、大量売却が前提。むこうも商売ですから、「1冊だけ売りたい」と思っても取り合ってくれません。たとえまとめ売りでも、自宅までの出張経費がかかっているため思ったような金額にはなりません。知らない人に自宅に入られるという嫌悪感もあります。もっとこう気軽に売りたいという気持ちがあるわけです。

あとはフリーマーケットでしょうか。わざわざ本をフリマの会場まで運ぶのは手間です。だいたいフリマに行く人はガチで買い物しに来ているわけではありません。ちょっとした暇つぶし程度の感覚です。いらない本を並べたって、高く売るどころか安くても売れない可能性が高いです。

わたしが本をネットで売る理由

対してネットで売るのは1冊からでも気軽に売れるし、煩わしい対面でのやり取りもありません。

営利目的の本屋や買取業者に売るわけでなく、趣味で読む個人に売るという側面が強いです。そのため売却金額も若干高くなる傾向にあります。

気軽さ+若干の買取額アップが期待できるのでネットを選択します。

ネットで本を売る手段

ではネットで本を売る手段として何が考えられるか?

オークションやフリマのサイトやアプリが無難なところです。煩わしい対人関係はありません。出品から落札までネット上で完結します。売却相手の顔も見ることなく取引完了です。

ヤフオクとかメルカリなんかがそうです。でもまだちょっと面倒なんですよね。何が面倒かって言えば落札後の手続きです。

落札後の手続きが面倒

実際に売れた本を梱包し、発送する必要がありますよね。わたしは本なんか封筒に入れて送ればOK。みたいな考えですが中には「プチプチに包むのが常識」という方もいます。

発送だって相手の住所を書いて、宅配業者まで足を運ぶ必要があります。1冊売るならまだしも、2冊3冊・・・別の人に落札されたら手間は2倍、3倍・・・に増えていきます。

これらの手間を省いてくれるのがアマゾンです。

わたしはFBAを利用する

FBA=フルフィルメント by Amazonの略です。詳しい内容はアマゾン公式サイトで分かりますが簡単に説明すると以下になります。

  • あらかじめアマゾンの倉庫に売りたい本を送っておく。
  • 落札されたら梱包や発送はアマゾン側が行ってくれる。
  • 売買代金の仲介もアマゾン側で行ってくれる。

つまり売りたい本を適当に封筒に包んでアマゾンの倉庫に送れば、あとの面倒な工程を全てアマゾン側で行ってくれるのです。プチプチに包んで発送する手間もないし、送る住所(アマゾンの倉庫)も一緒です。

アマゾン利用者の数はハンパないですから、多くの人の目に触れ予想以上に売れるというメリットもあります。倉庫に送って放置でいつの間にか売れていたということも珍しくありません。売却代金でまた別の本を買い、読んだら売却というローコストで情報を得ることができる点からFBAがおすすめです。

まとめ

FBAを利用することで、対面売却より高価に手間も少なく本を売ることができます。
電子書籍と紙の本、安くてお得なのは?
逆に本を買うならメルカリがおすすめ