サーバー選びは、アフィリエイターならレンタルサーバー1択。

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタルサーバー

自分のウェブサイトを作って、インターネット上で誰でも閲覧できるようにするには、サーバーが必須です。

サーバーと言われても普通に生活していたら、まず聞かないし見たこともない方がほとんどでしょう。

見たことがない方は、パソコンのハードディスクみたいな形をイメージしてください。(他にもいろいろな形のものがありますし、実態のないものも存在します)

そしてサーバーを利用したい場合、大きく分けて3つの利用方法があります。

1.自前のサーバーを用意する。
2.他人のサーバーを有料で借りる。
3.他人のサーバーを無料で借りる。

これはアフィリエイターに限らず、ウェブサイトを運営している人間なら例外なく上記の1~3の方法でサーバーを利用しています。ウェブサイトを運営するなら、必ずどれかを選択しなければなりません。

それぞれ以下で詳しくみていきましょう。

1.自前のサーバーを用意する

文字通り、自分でサーバーを購入して利用します。

家電量販店とかネット通販でも普通に買えます。

しかし設定の問題や、外部からの通信を許すためセキュリティーの問題など、初心者にはかなりハードルが高いです。

万が一、何かあっても全て自己責任です。

また24時間365日稼働するのが前提ですので、副業アフィリエイターでは問題が発生してもすぐには対処できません。

IT関連や通販事業が主力の大手企業では、このパターンが多いですが、

個人で副業でアフィリエイトをする場合には不向きかと思います。

2.他人のサーバーを有料で借りる。

文字通り、他人が所有するサーバーをお金を払って借りて利用します。

他人と言っても個人ではなく法人です。

クラウドサーバーと呼ばれるものやレンタルサーバーと呼ばれるものがあります。

どちらもサーバーを借りるわけですが、使用料がかかります。(月払いだったり年払いだったり)


レンタルサーバーは、1つのサーバーを1人で占有、あるいは複数人で共有するタイプのもので、サーバーがダウンすると当然サイトは表示されなくなります。

しかしその道のプロが管理していますので、セキュリティ面では24時間365日安心、ストレスフリーです。

ほとんどのアフィリエイターが利用していますので、分からないことを検索エンジンで検索すれば、すぐに解決するのも強みです。

また自分が契約しているサーバーにアクセスすれば、サイトのデータをバックアップすることも容易でレンタルサーバー会社がサービスを終了してもサイトのデータは手元に残すことができます。

料金は1つのサーバーを占有するもので1万円~、共有するもので数百円~となっています。

前者はアパート1棟、後者はアパートの1室を借りているようなものなので、この違いは納得ですよね。


クラウドサーバーは、複数のサーバーが1つのサーバーのように動作する仕組みですので、

サーバーがダウンしても別のサーバーがそれを補ってサイトが表示されなくなることはまずありません。

当然個人でサーバーを用意するよりも、セキュリティ面では安全です。

料金は、データ通信量による従量課金制だったり、定額制だったりと提供会社によって違いますが、レンタルサーバーより割高になります。

そもそも、アフィリエイトが目的のサイト作りに対して無駄に高性能で、宝の持ち腐れです。

ゲームの配信みたいな、とてつもない容量を食う場合に利用するのが一般的で、アフィリエイト目的で使うのはナンセンスです。

3.他人のサーバーを無料で借りる。

何かものすごく聞こえが悪いような気がしますが、アメブロやFC2などの無料ブログサービス、WixやWebnodeなどの無料ホームページサービスに登録し、ウェブサイトを作っていく方法です。

メリットはお金が一切かからないことですが、ドメイン名が自由に設定できません。

サブドメインという形で自由に設定できるところも多々ありますが、ドメイン内に必ずサービス会社のドメインが入ります。

また万が一サービス提供会社がサービス終了した場合には、頑張って書いた記事が全て水の泡になります。

バックアップを取ろうにも、そもそも自分のサイトデータにアクセスすることができません。(私が方法を知らないだけかもしれませんが)

唯一できる対策といえば、全ページのソースをコピーして保存しておくくらいでしょうか。

しかし、無料ゆえに利用者も多く、分からないことがあれば検索すれば1発で解決できるという利点もあります。

アフィリエイト初心者の方で、記念すべきウェブサイトの第一作目を作る場合には、無料ブログや無料ホームページで1つウェブサイトを作ってみるのがいいかもしれません。

まとめ

ウェブサイトを運営するには必ずサーバーが必要。

サーバーには、自分で用意するもの、有料で借りるもの、無料で借りるものがある。

管理人個人の意見としてはレンタルサーバーがおすすめ。(ある程度の自由があり、不都合に対しても運営会社が対処してくれるため)

サーバーは住宅に例えると分かりやすいです。

自前のサーバー・・・マンションや1戸建てを購入するようなもの。自分自身で全てが自由自在。

反面、全責任を自分自身が負うことになる。

クラウドサーバー、レンタルサーバー・・・アパートを借りているようなもの。ある程度の制約があるが、基本的には自由。お金はかかる。

何か問題があっても大家さんがなんとかしてくれる。

無料ブログ、ホームページ・・・居候の身。お金はかからないが、自由に制約あり。家主の理不尽な命令にも絶対従わなくてはならない。

何か問題があっても大家さんがなんとかしてくれるのは同じ。