キーワードの言い回しを変えるだけでもアクセスは増えます

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード意識でアクセス増加

サイトやブログに人を多く呼び込みたい。そんなときにはちょっと狙ったキーワードの言い回しを変えてみるといいかもしれません。

特に普段、商品名やサービス名を連呼している人は、キーワードの言い回しを意識するだけでアクセス数は改善されるでしょう。

多くの人をサイトやブログに呼び込む手段

キーワードの言い回しを意識するとは、世間一般で言われる「共起語」と似たような考え方です。

例えばこれを見てください。

キーワードの言い回しの例

車のヘッドライトのバルブです。単純にこれを人に紹介する記事を書いたとしましょう。

これはHIDです。

こんな短い文章をアップロードする人はいませんが、分かりやすくするための例だと思ってください。HIDで検索したユーザーに訪問してもらえるかもしれません。しかしキセノンと検索した人は拾えません。そりゃあそうですよね。記事内に書かれていないのですから。

これはHID、別名キセノンです。

キセノンというキーワードを追加しました。これならHIDとキセノン、どちらで検索したユーザーも拾えます。意味は同じでもより多くのユーザーに見てもらえるチャンスがあります。

もっと言えば、「車のライト 青い光」とか「バーナー 爆光」といったキーワードで検索する人も中にはいます。

このように同じ商品を紹介する記事でも、少し言い回しを変えるだけで多方面からの検索ユーザーに見てもらえる可能性がでてきます。一言も書かれていない単語で検索されても絶対に検索結果には表示されません。

もちろんコンテンツの内容次第で検索エンジンの評価も変わります。でも商品名を何度も連呼するよりキーワードを散りばめておく方がアクセスは増えます。

ただし文章が不自然になるくらい、いろいろなキーワードを並べるのはNG。ユーザーにとっても意味不明だし、検索エンジンからはスパムと思われるかもしれません。あくまで自然な流れで言い回しを変えましょう。

まとめ

なんか偉そうに書いてしまいましたが、なかなか狙ってできるものでもありません。で、1つのコツとしては記事の文字数に着目することかと思います。毎記事1000文字以上を目安に書いていると、ロングテール効果とでもいいますか、非常に多方面のキーワードからの流入があります。