運送業界の給料面のちょっと理不尽な話

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運送業界給料面のちょっと理不尽な話

運送業界で働く者にとって、普通免許→中型免許→大型免許とステップアップしていくことが、他業種でいうところのスキルアップにつながるかと思います。

じゃあスキルアップしたから給料が驚くほど劇的に変化するかといえばそんなことはありません。

今回は運送業界のちょっと理不尽な話について語ります。

運送業の給料面

例えば今まで4t車で配送をしていた人が、大型免許を取得し8t車で配送するようになったとします。常に積載量MAXと考えた場合

今までの倍、荷物を運んでいるのだから給料も2倍にせんかい

と誰もが1度は思ったことがあるはず。

しかし実際は、数万円程度増えるだけで決して給料が倍になることはありません。(どこの会社でもそうだと思います。)

理由は単純で、運送会社自体が荷主から受け取る料金が、4t車と8t車で倍違うなんてことがないからです。

運ぶ荷物が何であれ、中型免許所持者と大型免許所持者の賃金が倍違う会社はないはずです。大型免許所持者には月数万円の手当をつけて済ませるところや、独自の計算方法で給料を算出しているなど違いはあるでしょうが、倍稼ぐことは絶対ないと言えます。

運送会社と荷主の裏側

よくネットなんかでは、距離と重量で運賃が決まると言われています。中には国土交通省が定める標準運賃表(タリフ)を参考にしている運送会社もあるかと思います。

しかしこれは表向きの話で実際は、4tの荷物を100Km運べばいくら、みたいな契約をあらかじめ荷主と運送会社間で結んでいるのが普通です。当然そこに運賃交渉なるものが発生します。

私は運送会社を経営しているわけではありませんが、酒の席で社長に聞いたところやはり運賃の交渉は行われているようです。

「ちょっとこの料金高くね?他所の運送会社に委託しちゃうよ。」

「勉強させていただきます。」

みたいなやり取りがきっとあるのでしょう。

荷主としては安く運びたい、運送会社としては原価により利益を上乗せしたい。それぞれの思惑があります。そこに長年の付き合いなんかも交錯して改定されていくのだと思います。

ドライバーとしての立場

スキルアップと言っても各種免許を取得するだけで、思ったように収入アップを図るには従事している運送会社次第。会社が大きく儲かって初めて満足のいく給料が貰える可能性があるわけで、自分自身の努力でどうにかなるものではありません。

今の収入に満足できず、新たに免許を取得したり、労働時間を増やしたとしても2倍、3倍に収入が増えるわけでもありません。

運送会社に勤務しながらも努力次第で収入を2倍、3倍に増やしていこうと思ったらネットビジネスに参戦してみるのも1つの手です。


トラック運転手でも月収100万円は稼げます