女性のトラック運転手は稼げるのか|男性よりも給料が安いのはウソ!?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ドライバーは稼げる?

トラック運転手といえば男性の仕事。こんなイメージが世間にはあるかと思います。実際、大手の運送会社ではよく女性も目にしますが、中小ではまだまだ女性の活躍している会社は少ないのではないでしょうか。

夫婦で共働きだったり、シングルマザーで社会に出ようと思ったときに、運送会社という選択肢を取る女性はまだまだ少ない印象です。

その根底には、「満足に稼げない」「男性に比べれば給料が安い」という考えが少なからずあるかと思います。

実際はどうでしょうか。今回はトラック運転手の女性は、男性よりも稼げないのかについて現役運転手の見解を語りたいと思います。

トラック運転手の給料に性別は関係なし

「女性だから男性に比べて稼げない」といったことは中小企業ならほぼありません。(むしろ男性よりも稼いでいる方もいます)

トラック運転手というのは要は、「どれだけ運んだか」が問われる職業です。一般的な会社と違って、仕事ができるできないの評価は「荷物を運んだか運ばないか」の違いだけです。

運ぶのはトラックの役目ですから、免許があれば女性だろうが男性だろうが等しく会社に貢献しているわけです。であるなら給料が性別で変わるわけがありません。

※ただ、家庭の事情でフルタイムでは働けない場合はこの限りではありません。

平均賃金の男女格差は運送業界には通用しない

よく平均賃金なんかで検索すると、日本では男性のほうが女性よりも賃金が高いという検索結果が得られると思います。

でもトラック運転手にこれは当てはまりません。同じ拘束時間なら、会社への貢献度は誰でも一律だからです。

一般企業では「女性はいつかは子供を産んで、寿退社するもの」という認識があるから、重要なポストはなかなか与えられません。

しかしトラック運転手の場合は、重要なポストなんてのはないです。いい意味でも悪い意味でも男女平等。賃金の男女格差なんて存在しません。

男性よりも給料が安いことはないけれど、採用されるかはまた別の話

給料面での違いはありませんが、やはり体力面では男性と女性では違うと思います。

カゴ積みカゴおろし、パレ積みパレおろしではそれほど体力は関係ないように思いますが、手積み手おろしとなってくると少し状況は変わってくると思います。

荷物を運ぶという1点に注目すれば、男女差はないですが、納品という点に注目すると体力があるほうが有利。

この辺は経営者や面接者の考えによります。「ちょっと女性にはきついのでは」と不採用にする人もいれば、「いっちょやってもらおうか」という人もいます。

採用後の女性ならではのメリットもあります

運送会社によっては、楽な配車、ラッキーな配車というものが少なからず存在します。(大手は知らん)中小企業では男女比率をみると男性が圧倒的に多いという運送会社は少なくありません。

女性であれば優先的に良い配車にしてもらえるというメリットがあります。もちろん周囲が不満をもらすことも少ないです。それでも給料は周りの男性と変わらずです。

あとはとにかく周りの男性ドライバーが親切にしてくれます。

わたしの勤める運送会社を例にしてみましょう。

入社当初は、道や作業など1日の流れを覚えるために誰かが同乗します。これが男性ドライバーだと

「はっ?3日も同乗してまだ1人で走れねーの?死ねやカス」

とボロクソに言われます。

しかし女性ドライバーの場合は

「まだ入社して1か月、1人じゃ不安だろ」

と言って誰かが必ず同乗します。普段拘束時間が長くて文句を言っているドライバーでも、サービス残業覚悟で同乗してくれます。

これは別に独身男性ドライバーの悲しい性ではありません。既婚者でも普通に同乗します。むしろ「俺が、僕が、拙者が、吾輩が、それがしが・・・」と誰が同乗するかの競争になることも多々あります。

ちと脚色が入りましたが、女性の場合はとりあえず出勤すれば万事OKってわけです。

まとめ

とりあえず雑ではありますが、まとめると運送業界での給料面での男女格差はそれほどない。と言えます。

けれども定年までフルタイムで働き続ける女性が少ないのもまた事実。長時間家を空けることに抵抗のある方は別の収入源を確保する必要があるかと思います。
家を空けずに副業、マインドセット次第でさらなる高みへ

運転手年収