エックスサーバーでWordPressを導入!自動インストールする手順

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エックスサーバー

エックスサーバーを契約しているなら、WordPressの公式サイトへアクセスせずに、サーバーの管理画面から簡単にWordPressをインストールすることができます。

インストールと聞くと難しく思うかもしれませんが、エックスサーバー側で自動で行ってくれるので、我々のやることは必要事項を入力するだけです。

今回はそんなエックスサーバーでWordPressを自動インストールする方法について紹介します。

※インストールするためにはエックスサーバーに申し込んでおくこと必要があります。

詳しい申し込み手順はエックスサーバーへの登録方法をご覧ください。

WordPress自動インストール手順

手順としては、

  1. ドメインの設定
  2. 自動インストール設定画面で必要事項の入力

これだけなのですが、お試し期間中は自動インストール設定時にドメインの設定ができません。

つまりエックスサーバーに料金を支払わないとワードプレスの自動インストールはできません。(料金を支払っても無料お試し期間は有効で、10日を過ぎてから利用料金が発生します)

利用料金の支払い方法

インフォパネル

料金の支払いはインフォパネルからログインして行うことができます。

エックスサーバー

決済関連の「料金お支払い」をクリックします。

支払い

チェックを入れ、更新期間を選択し「お支払い方法を選択する」で次の画面へ。

銀行振込やクレジットカード、コンビニ決済、ペイジー決済が選択できます。

クレカ

各種支払い方法を選択し、「お支払い(確認)」をクリックで確認画面へ移動します。

最終確認を行って完了です。

ドメインの取得

エックスサーバーで初めて料金を支払った場合にキャンペーン期間中であれば、無料でドメインが1つもらえます。

プレゼントドメイン

各種お申込みの「プレゼントドメイン」から取得可能です。ドメイン取得料金も更新料金もかかりません。

ドメインプレゼントキャンペーンは年中やっているイメージがありますが、もしやっていなかった場合は、追加のお申込みからドメインを取得していく必要があります。

追加の申し込み

契約関連の「追加のお申込み」をクリックします。

追加ドメイン

利用規約と個人情報の取扱いに同意するを選択し、追加のお申込み画面で、ドメインの「新規取得」をクリックします。

独自ドメイン

①に好きな英数字を入力して、②は好きな文字を選びます。

すでに登録してあるドメインは登録できないため、入力したドメインが重複していないか検索します。

重複していなければそのままお支払い画面になりますので、サーバー代金支払いと同様に済ませます。プレゼントドメインの場合は必要ありません。

これで取得は完了です。

ドメインの追加

続いて1度ログアウトします。

エックスサーバー サーバーパネルログイン

そしてログイン画面でサーバーパネルを選択し、IDとパスワードを入力して再度ログインします。

先程のインフォパネルではないのでご注意ください。

ドメイン設定

ドメイン設定の部分をクリックします。

ドメイン名設定

取得したドメイン名を入力し、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

これでエックスサーバーとドメインが紐づけられ、サイトやブログが表示されるようになります。

ただし、反映に最大で数日かかります。反映される前であってもワードプレスの自動インストールは可能です。

自動インストール

ドメイン設定の追加まで完了したら、ホームページのカテゴリーの「自動インストール」をクリックします。

エックスサーバー 自動インストール

エックスサーバーに登録しているドメインが一覧で表示されるので、先ほど追加したドメインを選択します。

自動インストール

自動インストール画面になりますので、プログラムのインストールタブをクリックし、WordPress日本語版のインストール設定をクリックします。

エックスサーバー プログラムのインストール

選択したドメインに対して詳細な情報を入力していく画面になります。

エックスサーバー インストール画面
バージョン:最新版のWordPressに対応するのが早いので、ほぼ最新版だと思って大丈夫です。

インストールURL:独自ドメイン/以下は特に入力しなくてもインストールに支障はありません。

ブログ名:好きなブログ名をつけましょう。

ユーザー名、パスワード名:こちらも自分の好きなものを入力します。

メールアドレス:普段使っているアドレスでもいいし、別に用意して登録してもいいでしょう。

データベース:基本的には1つのドメインで1つのWordPressをインストールするのがいいと思います。

これらを入力したらインストール確定をクリックします。

最後にインストール完了画面と同時に、ログインIDとパスワード,MySQL情報も表示されるのでメモでも取って保管しておきましょう。

これで完了です。

管理画面へのログイン方法

WordPressのインストールURLでディレクトリを未入力にした場合は、http://ドメイン名/wp-login.phpでログイン画面にアクセスできます。

WordPress  ログイン画面

ユーザー名とパスワードを入力すればいつでも管理画面にアクセスできます。