WordPressとは?専門用語を使わずに説明してみた

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressとは

WordPress、そのままワードプレスと読みます。

一言でいうとブログを作ることができるソフトウェアです。

しかも無料でダウンロードして使うことができます。

他の無料ブログサービス(アメブロやFC2ブログ)との最大の違いは、自由度です。

アメブロやFC2ブログだと、そのブログサービス全体を管理する管理者が存在します。

運営といえば分かりやすいでしょうか。

当然無料で使わせてもらっているという立場ですから、運営の設定した利用規約を守らなければなりません。

自分の書いた記事内に勝手に広告が掲載されても文句は言えません。

その反面、何か不都合があったときには運営に問い合わせて解決できるといった側面もあります。

一方、WordPressでは1度ダウンロードすればあとは全て自己責任。

自分で自由に広告を配置したり、デザインを決められたりしますが、

何か不都合があったときでも自分で調べて解決するしかありません。

とはいっても、WordPressは世界中で使われていますので、そのユーザー数は

他の無料ブログの比ではありません。

調べようと思ったことは大抵ネット上で解決できます。

2種類あることにご注意を

さて実際にWordPressをインストールするにあたって、公式サイトへ移動する必要があるのですが、

「WordPress.org」と「WordPress.com」の2種類のサイトがあります。

一方が本物でもう一方が偽物、そういった話ではなく、同じものが2種類の方法で提供されていると考えてください。

WordPress.org

WordPress.org(ワードプレスドットオーグ)ではソフトウェアのみが提供されています。

ソフトウェアをダウンロードして、記事を書くなり、デザインを好きにカスタマイズするなり、あとは好きにやってくれというスタイルです。

冒頭で述べたのはこちらのことです。

自分のパソコンにダウンロードするだけでは使えません。

サーバーへ、ダウンロードしたデータをアップロードする必要があります。

何か早口言葉みたいで理解しずらいですが、

エックスサーバーのような一部のレンタルサーバーでは、自動インストール機能がついています。

WordPress.com

WordPress.com(ワードプレスドットコム)では無料ブログサービスが提供されています。

単にWordPressというソフトウェアのみが提供されているのではなく、

アメブロやFC2ブログと同様に、サービス自体が提供されています。

あくまでWordPressという企業のサーバーを利用してブログを書かせてもらうという立場ですから、自分で好きなようにできない部分もあります。

WordPress.orgに比べれば自由度は低いです。

無料で全ての機能が使えるわけではなく、有料オプションサービスを利用して初めて使えるようになる機能もあります。