ワードプレスを始める2通りの方法と予備知識(初心者向け)

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワードプレスの始め方

普段無料ブログで情報発信している方。

あるいはこれからブログを始めようと思っている方。

ワードプレスは聞いたことがあるけど敬遠してきた方。

みんな使っているから自分も使ってみようと思ったことはあるはずです。でも何か敷居が高いイメージがありますよね。HTML、PHP、CSS。専門用語ばかりで難しそう。

実は始めるためにそんな知識は全く必要ありません。

例えるなら、新しいゲームを買ったりダウンロードしたりするようなもの。予備知識がまったくなくても、プレーしているうちにシステムや遊び方が理解できますよね。

ワードプレスもまったく同じ。記事を書いていくうちに知らず知らず専門用語や使い方が理解できているものです。

もちろんワードプレスの全てを極めようと思ったら膨大な時間がかかります。ゲームでレベル99にするようなもの。しかし、普通に遊ぶ(ワードプレスを使う)のは誰でも簡単にできます。

ということで今回はワードプレスを始める前にぜひ知っておきたい知識と始め方について書いていきたいと思います。

ワードプレスを始めるには2通りの方法がある

ワードプレスを始めるためには以下の2通りの方法があります。

  • WordPress.comにアクセスし、始める方法
  • レンタルサーバーを契約してワードプレスをインストールする方法

どちらの方法でもワードプレスを始めることができます。でもやはり多くの人が利用しているのは後者のレンタルサーバーを契約して、そのサーバーの中にワードプレスをインストールする方法です。

両者はどう違うのでしょうか。メリット、デメリットなどを以下に書いていきたいと思います。そのうえで始め方を説明していきます。

WordPress.comにアクセスし始める方法

グーグルで「ワードプレス」と検索すれば、1番上に表示される「WordPress.com」というサイト。(広告は除外したとして)

このサイトこそワードプレスの公式サイトです。無料で始めることもできます。

一般的な無料ブログサービスと違って、アフィリエイト記事を書いても削除されることはないと思います。(でも可能性は大いにあります。)というのもWordPress.comでは規約にアフィリエイトブログの禁止が書かれています。

そして無料プランの場合は広告が表示されます。この広告を消そうと思ったら、有料プランに申し込む以外に方法はありません。1番安いプランだと月額400円~ってのもあります。

すでに用意されているサーバーにログインし、記事をアップロードしていくだけですので、レンタルサーバーの契約も必要ありません。容量も3GB~ありますので、個人で運営していく分には十分です。

要するにブログサービスなわけです。アメブロとかFC2ブログみたいな、ブログを作成できるサービスを提供しているのがWordPress.comなわけです。ブログ作成に必要なエッセンスがあらかじめ用意されており、その中から自分好みのものを選択してブログを構築していくというイメージです。

一見何の問題もないように思います。

が、しかし多くのアフィリエイターはこの方法ではワードプレスを利用しません。

なぜか?

あらかじめ用意された選択肢から自分好みのスタイルを選ぶということは、裏返せば自由度が低いということです。(有料プランに加入すれば、上位のプランであるほどこれは解消されます。)まずこの点。

無料プランは広告が表示されます。これがすごく毛嫌いされます。当然ですよね。意図しない広告の商品を売るためにブログを運営しているわけではないのですから。(これも有料プランに加入で解消されます。)次にこの点。

無料プランだと、ほとんどアメブロやFC2ブログの無料会員と大差がないわけです。有料会員になって初めてワードプレス本来の旨みを享受できるのです。

また2つめ3つめとブログを量産しようと思った場合です。

有料会員になって作成できるブログは1つ。2つ目(広告表示なし、かつ自由度が高い)を作ろうと思ったら再度別アカウントを作成し有料会員になる必要があります。

量産するほどに出費がかさむわけです。

そして最も重要な問題が、規約にアフィリエイトブログ禁止を連想させるようなことが書いてあります。(ユーザーを集める目的がアフィリエイトや一攫千金を狙った詐欺まがいのブログは禁止みたいなことが書かれています。)ちょっと判断は難しいですが、アフィリエイト禁止と考えて良さそうです。

と言っても実際に記事が削除された経験はわたしにはありませんし、そういった話も聞いたことがありません。(無知なだけかもしれませんが)

このデメリットがあるからこそ、多くのアフィリエイターはレンタルサーバーを契約するのです。

レンタルサーバーを契約し、ワードプレスをインストールする方法

サーバーを自分で用意して、そのなかにワードプレスをインストールする方法です。サーバーを用意すると言っても、購入するわけではなくレンタルするのが個人利用の主流です。

レンタルしたほうがサーバーの保守点検をする必要もなく、不都合があればサポートも受けられます。記事の作成のみに専念できるため、初心者は絶対レンタルサーバーを契約したほうがいいです。

レンタルサーバー会社もたくさんあり、どこを選んだらいいか迷う方も多いと思いますが、皆が選ぶ人気のサーバー会社を選んでおけばまず後悔することはありません。(エックスサーバー、ヘテムル、ロリポップ、さくら、あたりが王道のレンタルサーバー)

最近ではワードプレス簡単インストール機能を備えたレンタルサーバー会社が多くありますので、すぐに始められます。

で、レンタルサーバーを契約してワードプレスを始めた場合、もちろんアフィリエイト記事を書いても削除されることはありませんし、広告が表示されることもありません。

2つめ、3つめとブログを量産していく場合は、ドメインを新規で取得する必要がありますが、非常に安価です。(30円~取得できます。)

要は、レンタルサーバーを契約したほうが自由度は高いし、コストも安く抑えられるわけです。

WordPress.comで10サイト有料会員として運営した場合の月額

一番安いプラン400円×10で4000円。

レンタルサーバーとドメイン取得で10サイト取得した場合の月額

サーバー代金1000円+ドメイン代30円×10で1300円。

(あくまで一例なので、もう少し安くなったり、高くなったりします)

オープンソースのワードプレスというソフトウェアをインストールしているため、いい方は悪いですが「どう使おうが自由」みたいなイメージ。アフィリエイトもOKです。

ワードプレスの始め方

どちらの方法で始めるか決まりましたか!?わたしはレンタルサーバーを契約したほうがいい派ですがそれは個人の自由。

ちなみにわたしの運用方法は、WordPress.comで無料会員になり記事を書いて永遠放置。(広告を掲載していますがまだ生きています)

そしてレンタルサーバーを契約して日々更新という形態をとっています。両方使うのも乙なものです。

では始め方は以下をみてください。

WordPress.comで始める方法

1.まずはWordPress.comのサイトにアクセスします。(ワードプレスで検索すれば上位に表示されます。)

2.はじめてみようをクリック。

3.サイトの形式を選ぶ

ワードプレスサイト形式

ブログをスタート、サイトをスタート、ポートフォリオをスタートとありますが、後から変更可能ですので(記事作成後も可能)ある程度構築してから、自分好みのデザインを選ぶのが良いと思います。

4.テーマの選択

テーマの選択

テーマも同様。あとからいくらでも好きなものに変更可能。むしろ最初の段階ではまったくイメージが湧かないので適当に選んで先に進むことを勧めます。

5.サイトにアドレスを割り当てる

好きな英数字の文字列を入力。

http://○○.wordpress.comといったURLが完成します。以後、作ったサイトは、http://○○.wordpress.comにアクセスすれば閲覧可能。決められるのは○○の部分です。(無料プランの場合)

有料プランに申し込むと、http://○○.comとかカスタムしたドメインを利用することができます。自分で取得したドメインを利用することも可能。

6.プランの選択

プランの選択

無料、パーソナル、プレミアム、ビジネスの4種類がありますが、とりあえず無料を選んでどんなことができるのか試してみることをおすすめします。

あとからプランの変更も可能ですので、不満があれば上位プランへの移行で良いと思います。

7.アカウントの作成

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力します。

以後、ユーザー名かメールアドレスとパスワードを入力することで、ログインできるようになります。

レンタルサーバーを契約し始める方法

どこのレンタルサーバーを契約するかにもよりますが、ワードプレスを簡単にインストールする機能のあるレンタルサーバーに契約すると話が早いです。王道のエックスサーバーやヘテムル、ロリポップ、さくらを契約しておけば間違いないです。

簡単インストール機能のないレンタルサーバーについては別記事で!

1.ドメインをサーバーに登録(追加)

ドメインは住所みたいなもので、これをサーバーに登録(追加)することで、サイトを公開したときにアクセスできるようになります。

例えば、漫画をネットで買いたいと思ったときのことを思い浮かべてください。

ドラゴンボールが欲しいと思ったら、アマゾンあたりでドラゴンボールで検索しますよね。検索結果にそれぞれの巻数が表示されるかと思います。そしてどの巻が欲しいのかを選びますね。

要はドメインとはドラゴンボールの部分。ドラゴンボールと検索するからそれに関するデータが呼び出されるわけです。ドメインも一緒。蓄積されたデータが保管されている場所をあらわします。場所を決めておかないと誰もそのサイトへはたどり着けないということです。

2.データベースの作成

ワードプレスをインストールといっても、サーバーのどこにインストールするのか決めなければなりません。

そこでデータベースというものを作成し、「ここにインストールしますよ」というのを指定します。ドメインの中身の基礎を作るイメージです。

レンタルサーバー会社によって、あらかじめデータベースを作っておき、そこにインストール場合と、インストールとデータベースの作成を同時に行ってくれる場合があります。

レンタルサーバー

まとめるとドメインを登録し、データベースを作成、そこへワードプレスをインストールという形になります。レンタルサーバー会社によっては若干手順が異なります。

※またドメインはあらかじめ別途取得しておく必要があります。

ドメイン取得におすすめのレジストラは?
エックスサーバーでワードプレスをインストールする方法

まとめ

ワードプレスを始めるためには、WordPress.comで始める方法とレンタルサーバー+独自ドメインで始める方法の2通り。

本気で稼ぐつもりならば後者を選択したほうがよいと思います。

レンタルサーバーといっても多くの選択肢がありどれを選ぶか迷うという方は王道を選ぶのが基本。
始めてのレンタルサーバー選びで失敗しないための知識

ちなみにクラウドソーシングの1種であるPVモンスターではワードプレスが使えます。