運送業の副業アフィリエイトは就業規則違反?

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運送業界の就業規則

運送業界で働くトラックドライバーが副業でアフィリエイトをする。本人は良くても会社的にはNGな場合があります。副業していたら会社に注意されて立場が不利になることのないように、自分の会社の就業規則は把握しておいた方がいいかと思います。

就業規則を把握している人は意外と少ないはず

まず前提としてどんな会社でも就業規則を作成し労働基準監督署に届け出る義務があります。当然運送会社もこれに当てはまります。

で、この就業規則のなかに副業を禁止することが書かれている会社もあります。

自分の会社の就業規則を知らずに「アフィリエイトで稼いだぜ」なんて周りに吹聴していると思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

個人的に運送会社の就業規則なんて、あってないようなものだと思いますが、念のため副業のことは黙っておいた方がいいかと思います。

こんな運送会社もあります。

あれは今から10年くらい前のことでした。当時私は「株で一生食っていくぜ」と思ってそれまで勤めていた会社をやめました。

でも1か月くらいで資金が半分になってしまったので再就職を決意。求人誌をペラペラめくっていると1つの運送会社が目に留まりました。

単純に「家から近いな」という理由で電話。そして面接の約束を取り付けました。合格するためにそりゃあ一生懸命に履歴書を書きましたよ。気合入れて2時間くらいかけたと思います。

で、面接当日。

たぶん社長が面接したと思いますが、面接とは名ばかりで履歴書も見ずに即採用。「いつから来れる?」みたいな話になり、「じゃあ明日から」ととんとん拍子に話が進んでいきました。

就業規則も何もあったもんじゃありません。

まあその運送会社で今も働いているわけですが、就業規則を見たことは1度もありません。

それどころか、社長と飲みに行くと

「最近アフィリエイトの方は儲かっているか?」

とか聞かれる始末。

もう何というか、副業禁止なわけでもなく、推奨するわけでもなく、ただただ他人事というか無関心なのです。

私の中では運送会社とは一般的な会社に比べて、副業に関する規定がすごくゆる~い印象を持っています。実際こういった運送会社も多いのではないでしょうか。

大手の運送会社

1部上場していたり(まあ2部でもいいんですが)従業員を多数抱えてたくさん支店を展開していたりするような大手の運送会社は、この辺厳しいイメージがあります。

面接終了後にでも社則みたいなのを渡され、次に来るまでに読んでおけよみたいな。

そこに副業禁止と書かれていれば従うしかないでしょう。(バレてもめると後々面倒です)

ただ、こっそりとアフィリエイトする方法はあります。

ASPに登録する名義を身内名義に

自分の嫁(旦那)だったり、親だったり、身内の名義でASPに登録します。当然銀行口座も身内名義の口座で登録するわけですから、表向きは所得を得るのは身内ということになります。

会社側からすれば、働く従業員の所得から「副業しているかどうか」を把握することが不可能になりますね。

ただASP登録者以外の人物がサイト運営していますと、大っぴらにするのはNGです。その辺は空気を読み、ひっそりと運営すべきでしょう。
ドライバーの副業「FX」編
運送会社で働く運転手に適した副業は?
高収入を得るための空き時間利用法

運転手年収