エックスサーバー登録方法|迷わない申し込み手順

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エックスサーバー申し込み手順

前回はエックスサーバーの特徴や詳細情報について説明しました。

エックスサーバーの特徴や詳細情報
多くのアフィリエイターやウェブサイト作成者に愛用されているエックスサーバー。 ネット上にはレンタルサーバーの比較、ラン...
今回はエックスサーバーを利用するための登録方法といいますか申し込みの手順について説明していきたいと思います。

エックスサーバー登録までの流れ

登録後にいきなり料金が発生するわけではありません。

各種必要事項を記入し、申し込みをすると無料で10日間利用できる仮登録のような状態になります。

気に入ればそのまま料金を支払って本登録という流れになります。

順番に詳しくみていきましょう。

無料お試し登録

別タブを開いて見比べながらだと分かりやすいかと思います。

下のリンクをクリックすると別タブで開きます。

エックスサーバーの公式サイトへと移動します。

エックスサーバートップ画面

このようなトップ画面に移動します。

画面の右に、サーバー無料お試し10日間お申し込みとあるのでクリックします。

エックスサーバー申し込みフォーム

申し込み画面へと移動するので

1.お申し込みと書いてある「お申し込みフォーム」をクリックします。

エックスサーバー 新規

お申し込みフォームをクリックすると上のような画面になります。

今回は新規の方を想定して書いていますので、

新規お申し込みをクリックします。

エックスサーバー新規申し込みフォーム

新規お申し込みをクリックすると上のような画面になります。

サーバーのお申し込み(無料お試し10日間)をクリックします。

ドメインもまだ取得していないから合わせて取得したいと思っている場合でも、

まずはサーバーのお申し込みをクリックします。

エックスサーバー登録

サーバーのお申し込みをクリックすると、

サーバーID、プラン、メールアドレス、名前、住所、電話番号などの入力画面になります。

ん!?サーバーIDってなんだ?

よくみてください。サーバーID(初期ドメイン)と書いてありますね。

初期ドメイン=サブドメインということです。無料ブログサービスを提供している会社(例えばアメブロ)で無料登録すると使えるサブドメインと一緒です。

つまりこのサブドメインでサイトが作成できるのです。

もし使う気があるならばいいかげんな名前をつけてはいけません。

あとから変更は不可能です。

エックスサーバー利用規約

必須項目を記入し終わったら、利用規約に同意するにチェックを入れて、

下のお申し込み内容の確認をクリックします。

次のページで記入内容に誤りがなければ、お申し込みをするをクリックして、

申し込みの受付が完了です。

すぐに登録したメールアドレス宛に設定完了のメールが届くはずです。

エックスサーバー 設定完了

以上が無料お試し登録、いわゆる仮登録の流れになります。

本登録までの流れ

無料お試し期間は10日で終了です。

10日が経過するとウェブサイトの閲覧ができなくなります。

本登録までの流れも確認しておきましょう。

エックスサーバー本登録

無料お試し登録で届いたメールに会員IDと、パスワードが記載されています。

※これらは重要な個人情報ですので、忘れないようにメモを取りましょう。

パスワード下のインフォパネル、あるいはエックスサーバーのトップページから、

インフォパネルへ移動しましょう。

エックスサーバーインフォパネル

インフォパネルログイン画面で、メールで届いた会員IDとパスワードを入力し、

ログインをクリックします。

エックスサーバーインフォパネル詳細

画面左の下、決済関連の項目にある料金のお支払いをクリックします。

エックスサーバーステータス

サーバーご契約一覧というのがあります。

更新期間(3か月、6か月、12か月、24か月、36か月)の中から選択し、

お支払い方法を選択するをクリックします。

エックスサーバークレジットカード

支払い方法は、銀行振込、クレジットカード、コンビニ払い、ペイジーから選択できます。

私はクレジットカード払いしかしたことがないので、

今回はクレジットカードでの支払い説明をします。

クレジットカード決済画面へ進むをクリックします。

エックスサーバーの支払い

上のような画面になりますので、クレジットカード番号、有効期限を入力し、

カードでのお支払い(確認)をクリックします。

次に表示される確認画面で確定をクリックして、支払いの完了です。

支払いがちゃんとできているのか確認するには、

インフォパネルトップの決済関連の項目にあるお支払い履歴をクリックします。

登録後にすること

サイトを公開するためには、サーバーを借りただけではできません。

合わせてドメインの設定もしましょう。

また、せっかくMySQLが50個~70個も使えるので使わなければ損です。

WordPressというブログサービスをダウンロードして、MySQLを使ってみるのはいかがでしょう。

次はWordPressとは何かとエックスサーバーでのダウンロード方法について説明します。

WordPressとは?専門用語を使わずに説明してみた
WordPress、そのままワードプレスと読みます。 一言でいうとブログを作ることができるソフトウェアです。 しかも無料...