エックスサーバー利用料金と各プランの違い

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エックスサーバー利用料金、プランの違い

失敗しないためのレンタルサーバー選びでは、はじめてレンタルサーバーを契約するときの

選び方について説明しました。

はじめてのレンタルサーバー正しい選び方と失敗しないための考え方
ウェブサイトを作るために絶対に必要になるのがサーバーです。 今回は、はじめてレンタルサーバーを契約するときのレンタルサーバーの...

今回はエックスサーバーについて特徴や機能などを紹介していきたいと思います。

利用料金や支払い方法

まずはじめに気になるのが利用料金かと思います。

x10プラン、x20プラン、x30プランと3つのプランがあります。

どれか1つのプランを選び「3か月」「6か月」「12か月」「24か月」「36か月」の中から任意の期間を選択します。選択した契約期間が長いほど月額は安くなります。

はじめて契約する場合にのみ初期費用として別途3000円+消費税がかかります。
x10プラン
x10プランの利用料金

x20プラン

x20プラン利用料金x10プランの料金のちょうど倍の料金です。

x30プラン

x30プランの利用料金x20プランの料金のちょうど倍の料金です。

初回のみ選んだプランでの契約期間の料金に初期費用(サーバーの設置代金みたいなもの)3240円が別途かかります。

2回目以降の支払いでは初期費用はかかりません。

支払い方法

クレジットカードでの支払い、銀行振り込みでの支払い、コンビニでの支払い、ペイジーでの支払いから選択できます。

どの方法でも契約期間の必要料金の合計を一括で支払うのが基本ですが、

クレジットカードで支払う場合に自動引き落とし設定をしていると、

毎月、月額費用を支払っていく形になります。

※支払い忘れに注意

契約期間満了の時期が近付いてくると、エックスサーバーからメールが来ますので支払いを忘れることはあまりないかと思いますが、

支払いが滞ると自分のウェブサイトが一切閲覧できなくなるので注意が必要です。

各プランの違い

さて各プランで利用料金が2倍~4倍違うのはなぜか?と気になった方も多いかと思います。

どんな違いがあるのか見ていきましょう。

容量の違い

x10プランで200GB

x20プランで300GB

x30プランで400GB

200GBとか300GBってどれくらいの容量なのかちょっと疑問ですよね。

まずGBというのはギガバイトと読みます。

1ギガバイトは10億バイトです。

アルファベット1文字で1バイト、漢字やひらがなで2バイト分の容量を消費しますので、

200GBなら漢字やひらがなで1000億文字分の容量ということになります。

一般的な文庫本の文字数が10万~20万文字だとすれば、文庫本100万冊~50万冊分の

データが収容できてしまうわけです。

テキスト(文字)のみでウェブサイトを構成するならどのプランでも容量は十分といえます。

自分が死ぬまで記事を書いたところで、文庫本100万冊分の記事は書けませんし。

テキスト+ところどころに画像を載せるというスタイルなら200GBでも十分かと思います。

しかし動画を多用するなら容量は大きいことに越したことはないです。

MySQLの個数の違い

x10プランでMySQL50個

x20プランでMySQL70個

x30プランでMYSQL70個

そもそもMySQLとはなんぞや?と思う方もいると思います。

MySQLで「マイエスキューエル」と読みます。

簡単に説明するとMySQLとはデータベース管理システムです。

データベースは直訳で「情報の基地」、要するに情報が集まっている場所です。

その情報が集まっている場所を管理するシステムといったところです。

SIRIUSのようなHTMLとCSSを利用して作るホームページ作成ソフトでは、データベースは関係ありません。

SIRIUSやHTMLを手打ちで作るサイトというのは、サーバー中のHTMLをブラウザが読み込んで画面上に表示するというものです。

そうではなくコメント機能のあるブログのような、自分の更新とは関係なくサイトが更新されるような動的なサイトを作るときにMySQLが必要になってきます。

1つの動的なウェブサイトをつくるのにMySQLが1つ必要になります。

MySQLが50個なら動的なウェブサイトが50個まで作れますよということです。

というかアフィリエイターの場合、WordPressというブログ作成ソフトを使うためにMySQLを利用しています。



独自ドメインが1個無料でもらえる

x10プランでは独自ドメインの無料進呈はないです。

x20プランとx30プランでは、.com .net .org .info .bizの5つの中から好きなドメインが貰えます。

しかもサーバー契約中は更新費もずっと無料です。

エックスサーバーで1つのサイトだけを延々と運営する場合は、ドメイン代が永久に無料ということですね。

ちなみに独自ドメイン無料進呈はキャンペーン期間中のみ有効で、2016年8月31日までのようです。

転送量の違い

転送量とは、サイト閲覧者に提供したデータの量です。

例えば、100KBのページを1000人に閲覧された場合、

100MBの転送量になります。

エックスサーバーでは1日の転送量に上限があります。

  • X10プランで50GB/日
  • X20プランで70GB/日
  • X30プランで80GB/日

上限を超えても課金はされませんが、通信速度に制限がかかる場合もあるようです。

まとめ

各プランの違いをまとめますと、サーバーの容量の違い、MySQLの利用個数の違い、独自ドメインが無料でもらえるか否か、転送量の4つの違いということになります。

エックスサーバーの人気の秘密はそのスペックにあった!?

次はエックスサーバーの特徴について説明します。

エックスサーバーの特徴や詳細情報
多くのアフィリエイターやウェブサイト作成者に愛用されているエックスサーバー。 ネット上にはレンタルサーバーの比較、ラン...